最近のトラックバック

« 富岡製糸場と峠の釜飯 | トップページ | 常陸秋そばのパイオニア »

2014年6月30日 (月)

ど真ん中の隠れ家

 土浦に住んでもうすぐ40年。歴史の町「土浦」は、昔から変わらないところと、変わりゆくところと様々。今回訪れたのは、その両方を兼ね備えたお店!?

Shirofuji2 知ったのは最近。

それもそのはず、

お店自体も開業したのは今年になってからだそうで。

ただ、建物は随分と前からあったようです。まぁ、このお部屋を見ても分かる通り、古き良き時代のという感じですよね。店構えは更に風情があります。

Shirofuji1 食べ物メニューは多くありません。

しかも店主が「私1人でやっているので、お時間を...」と。

その方、昔は都市計画の仕事をしていたらしく、

こういった古い建物の再利用もあって、商売を始めたそうな。とても大事なことです。この前も廃屋問題をテレビでやっていましたが、何故廃屋が増えるのか。更地にすると税金が何倍もかかるというのが理由の1つではないかと。こうして再利用する事は素晴らしい!

Shirofuji3 ここでは食事も去る事ながら、

やはり珈琲かな。

もちろん食事もステキ。

写真の奥に映っていたカレーなど、どこぞの無理矢理レンコンを入れて土浦をアピールしようとしているカレーより、よほど丹精に作られていて、これだけでも勝負出来そうな勢いです。

 こんな落ち着いた場所ですが、なんと立地は土浦市のほぼ中心部。歴史ある町も、姿を変えずに中味を変える。まだまだ出来そうな感じですね。

« 富岡製糸場と峠の釜飯 | トップページ | 常陸秋そばのパイオニア »

コメント

風鈴の音を聞きながらcoffeeを飲んでいると街中にいることを忘れますな。

いいですね。
昼食を食べたばかりなのに、お腹が空きました。(笑)

> ゴルゴさん
 そう、風鈴だ。あの音色がとても良い。久しぶりに音で涼しさを感じたな。

> 語る会さん
 こういった新たに出来た店には、とても期待します。昔からずっと続いている店は、ある意味それが結果なので安泰だと思いますが、新たな試みでやっていく店には、頑張って欲しいですね。

おぉ~ 雰囲気がいいですね

> junkoさん
 恐らく喫茶店は、雰囲気が一番大事でしょう。ライブハウスもそうかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59904854

この記事へのトラックバック一覧です: ど真ん中の隠れ家:

« 富岡製糸場と峠の釜飯 | トップページ | 常陸秋そばのパイオニア »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ