« 「along with you」 Vocal Version配信開始 | トップページ | ubuntu 12.04 LTSへ【下】 »

2014年6月 9日 (月)

ubuntu 12.04 LTSへ【上】

 その日は突然やってくるものです。啼鵬の仕事場には数台のPCが、ところ狭しと並んでいますが、その中でもメール専用PCが突如挙動不審に! セキュリティのアップデート通知があったので、実行したのですが、以降なんの操作も受け付けなくなりました。

 取り敢えずはデータだけでも救出しようと、USBメモリに新たなubuntuをインストールしようとすると、HDDにあるubuntu 10.04を検出し、上書きするかどうかを聞いてきました。まぁ、上書きならばデータは無くなる事もないと思い実行。

 果たして12.04が上書きされ、起動。「お~、助かった」と思いきや、おもっ! Celeronの非力なCPUでは、もはやubuntu 12.04は荷が重すぎまする。その遅さたるや、パソコン通信時代を思い出しました。

 諸データは無事救出出来ましたが、何故かメール・クライアントは消失。やっぱダメか。

Dimention9200c1 ならば!と早速秋葉原へ。

雨の中、数軒のジャンク屋を巡り、

DELL DIMENTION 9200Cをゲット。

別にこの機種が欲しかったのではなく、

スペックの割に安かったというだけ。

Intel Core 2 Duoでメモリが2GB、それで¥8,000台とは。たいてCore 2 Duoを積んでいると1万は超えます。...って、お分かりでしょうけど、中古PCの話ですよ。気に入ったのは、このフタが簡単に開けられること。大事です、いじる人にとっては。

 その日は時間が無かったので、後日地元つくばでHDDを購入。ま、このマシーンが安かったのは、どうやらインストールされていたのがWindows Vista Businessという、Windows Meと並ぶマイナーで短命だったOS。トーゼンOSを入れ替えるテーホーにとっては、関係なし。

Dimention9200c2フタが簡単に開けば、

HDDだって取り外し易い!

ハズだったのですが、

少々手こずりました。それでもドライバーも使わずに素手で(笑)。おっと、いまやHDDにも冷却ファンか...。時代は変わったナ。PCが未だに解決出来ない問題の1つが放熱ですから、これは仕方がないか。

Dimention9200c3そして買ってきた500GBのHDDを装着。

ちょっと厚さが違うタイプでしたが、

ノートPCと違って、

そこまで問題にはなりませぬ。

このHDDもお店には、

TB級のものがズラリ。そんなにいらんよ。前のマシーン、80GBだって持て余していたんだから。

 ハードウェアのセットアップはこれで完了。ちなみに出費としては、PC本体が¥8,780、HDDが¥6,048で合計¥14,828。OSはLinuxなのでタダ。液晶ディスプレイやマウス、キーボードも、うちにあるものを流用するので¥0。

 あとはヲタクの楽しみ、OSのインストール。果たしてこれが...!? つづく

« 「along with you」 Vocal Version配信開始 | トップページ | ubuntu 12.04 LTSへ【下】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu 12.04 LTSへ【上】:

« 「along with you」 Vocal Version配信開始 | トップページ | ubuntu 12.04 LTSへ【下】 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ