最近のトラックバック

« Schumann交響曲制覇に向けて | トップページ | 第4回土浦タンゴ・フェスティバル »

2014年7月 8日 (火)

いばらき総文2014に向けて【ホール練習】

 思えばテーホーの高校時代、一般の高校生らしい事は殆どしなかったのでは?という感じでした。何しろ学校が特殊なので(国立の音楽高校は全国で1校のみ)、何が基準かも分からなかったですし。テレビで観る学園ものドラマがお手本!?

 専門実技のレッスンは殆どの生徒が大学へ通っていました。校外授業か...。その実技教官も、現役バリバリの先生だと、レッスンは休み気味。

 一般の勉強はこれまた独特で、ちなみに「数I」は3年間もやって、結局終わらず! 高校生必須であるハズの家庭科は、年1回の料理大会で単位取得。そしてやたら体育が多く、合宿もテニス、遠泳、スキーと、てんこ盛り。

 ちなみに部活動は基本ありませんが、何人集まれば申請出来る、みたいな規則があって、理論的には存在します。尤もそんなことやっている暇な学生はいませんでしたが。ただ音楽高校対抗の野球試合なんかがあって、NAOTO君はよく出場していたようです。

 と言っても、もう四半世紀も前の話。あれから「国立」というシステムも変わったし、今はもっとフツーっぽくなっているかしら。

Sobunreh その一般的な高校生の文化の祭典。

全国高校総合文化祭を今月末に控え、

テーホーの指導する団体もホール練習。

本番と同じ会場でリハーサルが出来るのは、開催県ならでは。

 もちろん彼らは普段勉学に励んでいるので、総文祭にばかり力を注げません。47年に1度しか巡ってこない、自県開催。全国から集まる高校生に、茨城をアピールして欲しいものです。

« Schumann交響曲制覇に向けて | トップページ | 第4回土浦タンゴ・フェスティバル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59951318

この記事へのトラックバック一覧です: いばらき総文2014に向けて【ホール練習】:

« Schumann交響曲制覇に向けて | トップページ | 第4回土浦タンゴ・フェスティバル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ