最近のトラックバック

« 武蔵野音大ウィンドアンサンブル演奏会 2014 | トップページ | “景気づけ”の理由 »

2014年7月12日 (土)

Mandolin Orchestraにお邪魔

 吹奏楽、合唱、管弦楽と並ぶ、学生の合奏と言えば、Guitar,Mandolinによる合奏団。取り分け明治大学のは有名ですが、今回は早稲田大学のOBが主体となって結成しているオーケストラにお邪魔してきました。

Msmand01 写真でしか見た事の無かった、

数種類のMandolinでの合奏。

手に持っている方は普通のMandolinで、

置いてある方がMandoloncelloという、中低域を担当する楽器。管弦楽におけるVioloncelloのポジション。ちなみに2つの楽器の間には、Mandolaという楽器も存在。

 同じMandolinならば、音色も同じかと言えば、これが大違い。胴が大きい分だけ、響きが変わってきます。それがなかなかマイルドで素晴らしい。

 テーホーもといぼっくすなおとくんとていほうくん等でMandolinを弾く事がありますが、さすがにそれはSolo。こうして同属楽器のアンサンブルは、初めて生で接しました。私のような、いつも違う分野で活動している音楽家の助言が、どれくらい役に立ったか...。

 Music☆Star Mandolin Orchestraという、若い人達の楽団ですが、なんと指揮や編曲をする団員さん、かつてテーホーが参加した、葉加瀬太郎ツアー千葉県東金市公演を会場で聞いていたそうな。その東金公演、Blogの記事にしていました(2006年10月3日参照)。

 また、さすがは早稲田大学。学生は全国から集まるだけあって、なんと広島県は尾道出身の方も。NHK朝ドラ「てっぱん」のときは、たいそう地元で盛り上がっていた事を聞きました。

Msmand02 ところで彼ら、

練習の後にスタンプ・カードに捺印。

このスタンプを集めると、

飲み会等で特典があるのだそうな。昔エキストラ出演した某オーケストラでも、同様の事をしていましたが、そっちはあくまで団員の管理。いやぁな雰囲気でしたが、こちらは正反対。なかなか楽しい企画ですね。

Msmand03 思えばアタシ、

これまで同族楽器主体の合奏、

かなり関わってきました。

SaxophoneやClarinetは今でも毎年。アルバムにもなった50人のTrombone集団や、G大Fagotto専攻生にも編曲を提供。数十人のGuitar合奏もありました。おっと、Violoncello Ensembleもリアルタイム。

 こういった同族楽器系アンサンブルは、万能ではない分、逆にそれが特色となり、非常に面白い効果を生みます。彼らの活動にも大いに期待したいですね。

« 武蔵野音大ウィンドアンサンブル演奏会 2014 | トップページ | “景気づけ”の理由 »

コメント

わが町の高校のクラブには、ギター・マンドリンクラブというのがありますよ。それもかなり古くからあるんじゃないですかね?自分の母校でないから、設立はいつかは判らないですが…。
毎年、地元の文化芸術祭で出演していただけますが、いつも役員をやっていたから、生で聴く機会はなかなか無かったのです。
幸い(?)今年でその役員も辞退したため、今年は客席で聴くことが出来るかもしれません。

> 語る会さん
 やはりオリジナル作品は少ないので、オケからの編曲ものなどが多いですが、取り分けロシアものは合う感じですね。バラライカの雰囲気があるからでしょう。

ありがとうございました。アドバイスも大変助かりました。お話も、いろいろとしてくださり、ありがとうございました!またよろしくお願いいたします!

> tsoさん
 なかなか新鮮でした。そして何よりも、若いパワーを感じました。演奏会、楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/59974855

この記事へのトラックバック一覧です: Mandolin Orchestraにお邪魔:

« 武蔵野音大ウィンドアンサンブル演奏会 2014 | トップページ | “景気づけ”の理由 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ