最近のトラックバック

« 夜鳴きそば | トップページ | 再会での大きな仕事 »

2014年8月15日 (金)

東音出身のデキる人材

 我が土浦交響楽団は、ある時期から固定された常任指揮者をおかず、1年契約(最長2年)で様々なマエストロが来ます。巷では「土響を振ると出世する」などと言ったもので、その代表格が栗田博文さん。彼が第23回東京国際音楽コンクール指揮部門で優勝したのは、土響を振った後の話。更にその後ペドロッティ、シベリウス等、海外の指揮者コンクールでも入賞を。

 まぁ、昔は来る指揮者も若かったので、その後仕事を堅実にこなし、地盤を固めていったと言えばそうなのですが。新通英洋さんや安部克彦さん、桜井優徳さんや佐藤寿一さんもいらっしゃいました。彼らも今やベテランの域に。

 また当時はまだ学生だった齋藤一郎君。NHK交響楽団のアシスト・コンダクターを経て、いまやセントラル愛知交響楽団の音楽監督。

 そして忘れてはならないのが鈴木織衛さん。現在プロ・オケで最も引っ張りだこの人でしょう。アタシも彼が専任指揮者を務めているオーケストラ・アンサンブル金沢でご一緒しました(2010年7月20日参照)。

 その後も少し上の先輩、森口真司さんは大分県立芸術短期大学で教鞭をとる、言ってみれば大分芸術界のドン!? 京都大学~東京芸大という彼の勉学の道の集大成として、その博識を遺憾なく発揮出来る職場かと。

Komatsutso そして最近、

久しぶりに若い指導者が来ました。

恐らく三十路を突入したあたりかしら。

バトン・テクニックもあり、何よりもそのスムーズな練習の進め方は、単に音楽的才能があるだけでは出来ませぬ。尤も今回の彼のポジションはアシスタントなので、彼自身の個性を我々に繰り広げる事はありませんでしたが。主体はあくまで正指揮者の方なので。

 「指揮者」という職業は、若くして最も成功しにくい職業の1つで、いくら耳が良く、音楽的才能に恵まれても、いわゆるリーダー・シップに欠ける部分があると、オーケストラの団員は誰もついてきませぬ。それでもまだアマチュア・オーケストラは指揮者を「先生、先生」と崇めますが、プロの現場だったらまず無理。

 そして現場(オーケストラ団員)と、聴衆の評価が真っ二つに別れるのもこの職業の特徴。客からブラボー!の嵐でも、団員からは総スカン、なんて話もフツーに聞きます。

 んなムズカシイ職業にあって、「まだお若いのに...」と、ちょっとばかし年をくってるもんだから、感心の目でみていました。更に彼のプロフィールを眺めていると、「ヤッパシ東京音大かぁ」。

 近年東京音大で学んだ学生の躍進には目を見張るものがあり、それはClassic、Pops問わず、業界を席巻しています。「取り敢えず芸大さえ出ていれば...」なんて芸大神話も、20年以上前にとっくに崩壊していますし、今はきちんと実践で使える知識、テクニックを身につけたプレイヤー、書き手でないとやっていけませぬ。

 本日41歳になったNAOTO君なんかスゴイわ。崩壊した神話の中にあって、学生時代からバリバリ仕事をこなし、恵まれた淡麗な容姿と音楽的才能で以て第一線で活躍。

 アタシも頑張らねば。容姿はムリだけど。

« 夜鳴きそば | トップページ | 再会での大きな仕事 »

コメント

32とおっしゃてましたよ。溌剌とした指揮で練習楽しかったです!!

> HIROKOさん
 2004年に卒業されているので、そのくらいかと思っていました。自分が32の頃を思い出すと、ちゃんと出来てたかなぁ、って感じですよ。

東京音大というと、指揮科を出ているなら、広上門下ですかね?
やはり、指導者が優れていると、良い刺激を受けるのですかね?

私の義母も、関西で広上さんはプロにも大人気だと話していました。(観客は、特に京都市響の躍進でご存知でしょうが…。まあ、私もそのクチです。)

> 語る会さん
 広上先生は少し前に、テレビで指揮の授業の場面を拝見しました。なかなか楽しい授業でした。自称「日本一下品な指揮者」と仰っているそうですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/60155336

この記事へのトラックバック一覧です: 東音出身のデキる人材:

« 夜鳴きそば | トップページ | 再会での大きな仕事 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ