最近のトラックバック

« うたごえ広場 第45弾 | トップページ | 学会はジャンケン大会 »

2014年9月29日 (月)

室内楽シリーズII ~タンゴの魅力~

 広義の「室内楽」では、Classic以外、JazzやTango等、数人でのアンサンブルの事も指します。まだ学生時代、楽理科の片山千佳子先生の講義で「室内楽史」というものがあり、やはり小編成のJazzについて取り上げておられました。

Chamber2vientoそして今回、

我らがViento del Surは、

「室内楽」という括りで出演。

内容もTangoに絞り、

且つ新譜のPRも忘れずに、

何度も演奏させて頂いている日高時計本店に登場。

思えばViento del Surが一番多く演奏しているステージなので、もはやホームグラウンド!?

Chamber2a 会場は平面なので、

ステージは20cmほどの高さの台を持ち込み。

いつもボランティア・スタッフさんが用意して下さいます。

この台のおかげで、後ろの方のお客様にも、演奏している姿が見えるようになります。台は畳1枚強といったところ。運ぶのもセッティングするのも大変。ホント、いつも有り難うございます。

Chamber2c そして今回発売した、

Viento del Surのファースト・アルバム「南の風」。

そう、グループ名の日本語訳を、

そのままタイトルにしました。

更にそのタイトル曲も収録。

アルバムのために書き下ろした新曲でした。ご来場下さった皆様、有り難うございました。

 また本アルバム最大のウリ!?、ジャケットは雨田光弘さんの手によるもの。猫が楽器を弾いている、あのカワイイ絵です。どうやらBandoneonを弾く猫は初めてのようでした。

 これから関東でもレコ発を企画したいと思います。

« うたごえ広場 第45弾 | トップページ | 学会はジャンケン大会 »

コメント

ちょっと写真が暗いので、はっきりとは見えませんが、可愛らしいジャケですね。
ジャケ買いの意味が良く判りました。(女性ウケしそうですよね。)

私、作家さんは違いますが、岡本肇さんの猫カレンダーを毎年買っています。
猫というよりは、人間くさい猫なんですが、なんか毎年気になって買ってしまうのです。
そろそろ、そういう時期なんですね。また、お店へ行って探さないといけないですね。

27日(土)、お会いでき嬉しかったです。サインしていただいた楽譜は家宝になります。ありがとうございました。次回、宮崎でのコンサート楽しみにしています。

> 語る会さん
 グッズもたくさん出ている雨田先生の作品。ファンもたくさんいらっしゃいます。今回はお願い出来たのはラッキーでした。

> たくぼんさん
 ご来場有り難うございました。そしてあの楽譜を持っていて下さり、感激です。葉加瀬さんとの仕事の転機となった作品です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/60393342

この記事へのトラックバック一覧です: 室内楽シリーズII ~タンゴの魅力~:

« うたごえ広場 第45弾 | トップページ | 学会はジャンケン大会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ