最近のトラックバック

« 船舶免許更新 in 潮来 | トップページ | 椋鳥対策 »

2014年9月22日 (月)

食べにくいカレー丼

 以前「カレー丼」について、熱く語りました。これは「丼物」というカテゴリに於ける「カレー」を、どう位置づけするか、という命題。安易にただ丼にご飯とカレーをよそっただけのものを批判するものです。

 最近はあまり見かけませんでしたが、久しぶりに見つけたのでオーダー。今回検証するに至りました。

Yashiocurrydon 「夏野菜のカレー丼」だそうな。

ま、見るからに、

ただ丼にご飯とカレーをよそったもの。

更に味噌汁を付ければ丼色が濃くなる、とでも思っているのでしょうか。

 ハッキリ言いましょう。これは酷い食べ物です。スプーンで1口目を食べようとすると、カレーしかすくえず、頑張って奥まで突っ込んでも、なかなかご飯がすくえませぬ。そのカレーとご飯の割合が不釣り合いなのがしばらく続きます。更に最初の方にそうやってカレーを多くすくってしまうものだから、最後の方はカレーが無くなり、ご飯のみになる恐れもあります。

 つまりカレーは緩くないので、丼の下の方まで浸透しません。それとも最初に丼の底の方からかき混ぜてグチャグチャにして食べるものなのでしょうか。それならそうと、ちゃんと説明書きを添えなくては。

 そこまでして丼にしなくてはならない理由はなんでしょうか? 単に「夏野菜カレー」ではいけないのでしょうか?

 んなもんだから、「夏野菜で何故ポテチが!?」とか、そんなツッコミすらするのも面倒臭くなりました。

 やはり以前紹介したカレー丼(2007年2月24日参照)を凌駕するものは、未だに現れませぬ。

« 船舶免許更新 in 潮来 | トップページ | 椋鳥対策 »

コメント

ふつーにカレー皿によそれば良い話では?

> ゴルゴさん
 そーいうコト。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/60359351

この記事へのトラックバック一覧です: 食べにくいカレー丼:

« 船舶免許更新 in 潮来 | トップページ | 椋鳥対策 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ