最近のトラックバック

« センセのチョー久しぶり録音 | トップページ | School Concert Band始動 »

2014年11月 6日 (木)

減塩納豆

 たいていの人は年を取ると、「健康」に気を遣うようになるでしょう。また年を取らなくても、美容と健康は、人類の永遠のテーマかも知れませぬ。

 「カロリーオフ」というのは、出た当初は大いなる「宣伝文句」でしたが、ここまで定着すると、「その先」を求められる状況。そして今やその市場は数百億オーバーというのを、テレビで見ました。

 ま、甘いものを控えるだけで、カロリー摂取は目に見える効果がありますが、今回の「減塩」。これがなかなかムズカシイ。しかも元々日本食はヘルシーと位置づけられ、気にするのは「塩分」だけとも。ちなみにその「減塩」市場は数億程度。圧倒的に前述のカロリーオフの方が儲かる模様。こっちも大事なのに...。

 で、この前テレビで見たところ、現代では塩分の摂取を控える事が、かなり難しくなっていると。というのは、例えば外食したり、市販の調理モノだけでも、相当な塩分が含まれているため。もちろん自宅で料理するにも、味付けにレトルト系を使ったりするだけで、同じコト。

 そこで解決策を提案した人が。あるモノを加える事によって、塩分を減らす。今回は番組でもやっていた「納豆」で試しました。

Genennatto1 まず少しかき混ぜ、

そのあるモノを小さじ2杯。

そして薬味のネギを加えましたが、

添付のタレは半分しか入れませぬ。コレがポイント。つまりこれで、この納豆が塩分50%オフというコト。

Genennatto2 実はそのあるモノ

入れるのにはかなり勇気がいりました。

でもBlogネタのため、もとい、健康のため。

んで、食べてみると...!?

 これが全くフツーの納豆。テレビでは「逆にコクが出ています」と言っていましたが、何だかネギが多かったせいか、コクの方はあまり。取り敢えず味の面はクリア!

 これで塩分が予定の半分で済むというのは、大いに結構。と言いつつ、あまり実感はありませんが。

 え?そのあるモノって? 写真に写っていますよ。減塩に興味ある人、是非やってみて下さい。テレビでも注意していましたが、入れる順は間違えずに。あるモノは絶対にタレの前に。でないと、そのあるモノの味の方が勝ってしまい、下手すりゃこのBlogの別のカテゴリに入れなくてはならないかも...!?

« センセのチョー久しぶり録音 | トップページ | School Concert Band始動 »

コメント

納豆だけでも食べられないのに、“あるモノ”まで入ったら、モー本当に無理ですわ。
(“あるモノ”は単品なら、大好きですけれどね。)

> 語る会さん
 アハハ、語る会さんだとそうですね。
 この方法、塩分が控えられるのは良いとして、代わりに摂取するものが過多になる心配はないのでしょうか...。

こういうアプローチを
どういう人がどんななりゆきで思いつくのか不思議です。

もちろん減塩が大事ですが、個人的には
納豆にこれを入れた味を試したいという好奇心が
本来の健康目的に勝っています。試すのが楽しみ。

半分残ったタレ、もったいなくて他の何かに
かけちゃいそうですが、きっぱり捨てないと駄目ですね。

> SSさん
 そう、そのあまったタレをどうするのか。結局使い道はないので捨ててしまいました。元々タレが付いていない納豆を使うならば、何g入れれば良いかも難しいですしね。
 恐らくこの結論に達するために、様々な試行錯誤があったに違いありませぬ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/60606501

この記事へのトラックバック一覧です: 減塩納豆:

« センセのチョー久しぶり録音 | トップページ | School Concert Band始動 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ