最近のトラックバック

« 変わらぬカレー、変わった値段 | トップページ | ×度目の音楽監督 »

2014年12月22日 (月)

さよならATARI

 まだパソコンという市場に「競争」が無く、国内は国民機NEC98シリーズがほぼ独占、教育現場で富士通FM-TOWNS、舶来モノはApple,AMIGA,ATARIといったところがマニアに使われていた(トーゼン英語版で)時代。テーホーはその高くて手が出なかったApple Macintoshではなく、Macより遙かに安く、性能も良かったATARIに手を染め、以後ATARISTを自称し、当時珍しかったPCで譜面を書く、という分野でかなり稼ぎました。学費とかも。

 ってな話はこれまでもしてきましたが、この時期、大掃除をするにあたって、とうとうその思い出の品々を手放す事に。

Atari1 そう、テーホーの場合、

ちゃんと化粧箱からとっておいてあるのです。

無論中身も、まるで買ったときのように、

ビニールにかぶった本体が収まっておりまする。昨年にはモニターも処分してしまったので(2013年10月23日参照)、これらのPCは、もう絶対に使う事はないのです。

Atari2 これなんか傑作。

基盤がむきだしになっているのは、

ATARIでSCSI規格のHDDやZIP Driveを使うためのアダプタ。

そう、テーホーが初めてZIPを使ったのは、ATARIでした。もちろん100MB。便利だったな、FD100枚分なんて、夢のようだった。ちなみに青いZIP Driveの下に隠れているのは、Maxtorの120MBのHDD。当時HDDは40MB程度で10万円とかしていた時代。120MBなんてとんでもない大容量でしたが、ATARI純正品ではないので、数万で揃えました。

Atari3そしてこのATARI純正レーザー・プリンター。

純正と言っても、

中身はNECのOEMだったんですがね。

この300dpiというのは、当時は「版下レベル」と言われ、個人で出力するものとしては最高のものでした。1990年代前半の話。NECと言っても海外仕様のためか、LetterとかLegalとか、アメリカで使われるサイズ対応。このプリンターも、単体では20万近くしたような。アタシは秋葉原で何故か5万くらいで投げ売りされていたのを即買い。それまではCHINONのインクジェットを使っていました(2014年8月28日参照)。

Atari4 そしてもう色あせたATARI本体。

1040STEというものですが、

どちらかはメモリを1MBから4MBに増設していました。

そう、4MBもあれば、

かなりの事が出来た時代。

さすがに管弦楽や吹奏楽の大編成、何百小節の大曲になると、スクロールだけでも何秒も待たされましたが、小規模の曲だったら、ストレスなく使っていました。今じゃ4MBのメモリなんざぁ、なんも出来んでしょ。大前提なのでお分かりでしょうけど、日本語は使えません。画面も白黒です。メモリ4MBなので。

Atari_mega2 ちなみにこちらは、

ATARI MEGA2という、

メモリが2MBのタイプ。

啼鵬が最初に買ったATARIはこちらでした。

その後、やはり秋葉原で投げ売りされていた1040STEをゲット。しかも写真の通り2台もね。

Midiapack最後に懐かしついで。

1991年の管楽器専門誌「PIPERS」に掲載された、

ATARIの広告。

吹奏楽関係者向けなのでしょう。どのくらいの人が買ったか分かりませんが、アタシも現場で1度だけ、自分以外の人のATARI譜面を見た事がありました。この広告では、PCとソフト、プリンターをセットにしたものを販売。アタシの環境と同等のだと、ハイエンド・パッケージで¥580,000。

 啼鵬の場合はバラで、しかも投げ売りされていたもので買い揃えたので、ここまで高くはなかったですが、こういうのを経験していると、今はソフトウェア1つとったって、安い安い! 音楽のプロ仕様ソフトなんて、10万以下では買えませんでしたから。このATARIに組み合わせたNotator SL(現在のLogicのルーツ)も定価で¥120,000。ソフトがPC本体の半額って、これまたスゴイ話。

« 変わらぬカレー、変わった値段 | トップページ | ×度目の音楽監督 »

コメント

 何事にも流行するための曲線みたいなものがあるようで、購入比率が15%を越えたあたりから、その曲線は一気に頂点に向かっていくのだそうです。
 携帯もそうですが、当時は「何だそれ?」と思っていたものが、爆発的に普及するのは、こういったマニアや仕事で使う方がいればこそなのだと思います。
 私は、爆発的に普及してから買った派なので、先駆者の方々に感謝せねばなりません。

 そういえば、高校生の頃は学校のパソコンも自分でインプットするのではなく、マークシートを使っていました。1箇所でも間違っていると、プログラムが作動しなくて、パソコンってめんどくさいと、よく感じていたものでした。(そういえばワープロもなくて、タイプライターの授業もありました。)←お前、年ごまかしているだろ?と言われそうですが、僅か25年ほど前の話だとは、俄かに信じがたいですね。

> 語る会さん
 例えばハイブリッドカーもそうでしょうね。初代プリウスが出たときには、街で見かけると珍しがられました。
 マークシートと言えば試験の答案用紙くらいですねぇ。いつだったかニュースで見ましたが、システム障害が起きて、マークシートを人が○付けをしたとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/60850938

この記事へのトラックバック一覧です: さよならATARI:

« 変わらぬカレー、変わった値段 | トップページ | ×度目の音楽監督 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ