最近のトラックバック

« オホーツクとっかりセンターへ | トップページ | 紋別の夜 »

2015年2月19日 (木)

久しぶりの-20℃の世界

 これまで-17℃の帯広、-24℃のワルシャワと記録更新してきた半袖テーホー。まぁ、風が吹いていたりすると、体感温度はもっと低いのですが、今回の紋別、演奏会場となった流氷科学センターでは-20℃の世界を体験出来る部屋がありました。

Giza3 この日は悪天候で、

ガリンコ号に乗れなかったので、

会場下見を兼ねて流氷科学センターへ。

1500匹ものクリオネを観たり、竜巻を発生させて触ってみたり、アストロ・ビジョンを観たり。そんな中、この部屋へ。いやぁ、周りが騒ぐ程ではありませぬ。何しろアタシは何時間も半袖でワルシャワの町を歩き回ったんですから。

Giza2 ちなみにアタシの持っているのは、

濡れたハンカチです。

振り回すと凍ってしまいました。

ま、冷凍庫とたいして変わりないですからね。とは言え、何度も言うようですが、たいした事はありませぬ。風もないし。

Giza1 気温で言えば、

外の方が高いでしょう。

しかしコレです。

吹雪いているため、余程こちらの方が体感温度は低いのでは?

 ところで冒頭に-17℃の帯広と書きましたが、これはアタシが訪れた日がたまたまそうだっただけ。帯広は-30℃以下になる事も珍しくないので、この-17℃は温かい方。

 いつ最低記録更新となるか...。

« オホーツクとっかりセンターへ | トップページ | 紋別の夜 »

コメント

北海道の方は、「マイナス」とか「氷点下」とアタマに付けないのだと聞いたことがあります。
「今日は30℃になったようなので、くれぐれも気を付けて…」みたいに言われるんだとか。
道東は北海道の中でも、自然が多く残っていそうで、いつか足を運んでみたいと思うのですがね。
特に流氷が目の前で見えるJRの駅には、いつか足を運んでみたいですね。

ていほーさん、
風邪ひいたりとかはしないんですか??
半袖健康法・・( ´▽`)

> 語る会さん
 流氷ではないのですが、秋田の五能線は海を見ながらの乗車ですよね。葉加瀬太郎ツアーのときに、Bassの一本君と乗る計画を立てましたが、残念ながら頓挫。

> 風邪がなかなか治らない junkoさん
 自分からひくことはありませぬ。人からうつされる事はありますが。

五能線も良いですよね。
不老不死温泉なんていう、かなりキャッチーな名前の温泉が沿線にあるんですよ。
しかも昼間の日帰り温泉では、海辺の露天風呂(しかも混浴)に入れるんだとか。。。
何もかも忘れて、ゆっくりしてみたい時に、行ってみたいと思いますね。

> 語る会さん
 やはり東北特有の混浴ですか。アタシも何度か経験しました。鉄道の旅は時間を一番贅沢に過ごせるものかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61164566

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの-20℃の世界:

« オホーツクとっかりセンターへ | トップページ | 紋別の夜 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ