最近のトラックバック

« 久しぶりの店舗開拓 | トップページ | Brass Festa 多摩2015 »

2015年3月27日 (金)

多摩の夜【Brass Festa前夜】

 聞きに行ったり、自分も出演したりで、何度かお邪魔しているパルテノン多摩。今回は「Brass Festa 多摩2015」に出演するために。共演は仙台第二高等学校吹奏楽部。

Brassfes2015a仙台出身の我らがDrumer、

齋藤たかし氏によると、

宮城県きっての進学校。

地元名門東北大学は元より、東大合格2桁を出すくらいの学校のようで。なんでそんな学校とご縁があったかというと、現在の顧問の先生が、啼鵬を古くから知る人。仙台方面の演奏会では、かなりお世話になりました。

Brassfes2015bその先生が写真左。

なんと小松亮太君の高校時代の担任でもありました!

そして右の方が今回の指揮者。

齋藤たかし君の恩師でもあり、吹奏楽コンクールの課題曲も書いていらっしゃる作曲家でもあります内藤淳一先生。今回はPiazzollaの代表曲「Adios NONINO」を演奏致します。

Syarakusoba 今日はそのリハーサルだったのですが、

前夜祭という事で紹介された店へ。

地元では知られた店なのでしょうか、

お客さんがいっぱい。

シメのお蕎麦まで堪能しました。

明日の本番が楽しみです。

« 久しぶりの店舗開拓 | トップページ | Brass Festa 多摩2015 »

コメント

パルテノンにいらしてたんですね

コンサートやイベントも多い場所ですが、 情報がないのが残念なホールです
近くの職場に通って数年になりますが・・・このお店はどこだろう^^;
意外に会社がたくさんがあったり、大学生の通り路でもある駅なので、
ランチと夜の居酒屋(?)はどこも混雑するようです 

今日も美味しい食事ができるといいですね^^

> kazemaiさん
 パルテノンは都内でも認知度の高いホールですが、使われ方としては、割と内輪色の濃いイベントが多いかも知れません。以前Sax Festivalでも演奏致しました。
 確かにお店はどこも混んでいる感じでした。

内藤淳一さんと言えば、ちょっと自分の時代より古いですが、「吹奏楽のためのインヴェンション第1番」が心に残っています。どこで演奏したのかは失念しましたが…
重厚感のあるイントロから一転してファンファーレ調の曲想は、大変演奏しやすく親しみやすい曲だったと記憶しています。

それにしても、課題曲の作曲家って意外に高校の先生が多いのですね。かつて「WISH」を作曲された田嶋勉さんも、千葉県の某吹奏楽コンクール全国大会常連校の先生だと聞いたことがありますよ。

> 語る会さん
 ほぅ。面白いデータですね。やはり現場を知る人が曲をよく作るという事でしょうか。また高校とうのは、ある意味生徒さんにあまり手が掛からない年代なのでは?

こんばんは、お疲れ様でした。
チャリティコンサートだったのですね。
パルテノンは職場のすぐ近くです。このブログの記事に気付き会場に向かいましたが、既に楽器を担いだ学生達が駅に向かってるところでした(>_<)
それでも会場に行ってみると、まだ係の方がいてお願いしたらプログラムをくださいました。
写真、素敵な笑顔ですね♪♪
きっと学生達のパワーで盛り上がったのでしょうね。

> クミコさん
 おっと、そうでしたか。私もあまり詳細が分かっていなかったので、多摩入りしてようやく分かった事もありました。
 ちなみに写真は、最近使っているアー写です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61347725

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩の夜【Brass Festa前夜】:

« 久しぶりの店舗開拓 | トップページ | Brass Festa 多摩2015 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ