最近のトラックバック

« 長野同士 | トップページ | あの素晴らしい味をもう一度 »

2015年3月23日 (月)

OOSAKI病遺伝

 行ったお店が休み、もしくは目当てのメニューが終了、というラーメン業界の用語「OOSAKI病」(2007年1月11日参照)。啼鵬がその重症患者だという事は、このBlogの熱心な読者諸君ならばご存じの通り。

R0013045そして今までに無い症状が!

休診日に間違えて来てしまったかと思いきや、

お医者さん、具合悪いんだって。

 ラーメンからは離れるものの、OOSAKI病としてはこれ以上ない症状ですが、実はこのお医者さんを訪れたのは、テーホーの病気ではなく、うちのチビの。ってこたぁ、遺伝した!?

« 長野同士 | トップページ | あの素晴らしい味をもう一度 »

コメント

毎日のように病人を見続けているのだから、病気にならないのが不思議で仕方ないと思っていたのですが、やはりこういうケースもあるのですね。

ちなみに病院ネタというと、以下のようなやりとりがお年寄りの間であるそうで…。
お年寄りA「今日はCさん来ませんね~。」
お年寄りB「どっか悪いんじゃありませんか?」

こういった患者さんばかりが集まる病院なら、お医者さんも病気知らずかも知れませんがね。

> 語る会さん
 医者の不養生とは言ったものです。しかしよくも理由をちゃんと明記したものですね。
 それにしてもそのネタ、笑えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61327506

この記事へのトラックバック一覧です: OOSAKI病遺伝:

« 長野同士 | トップページ | あの素晴らしい味をもう一度 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ