最近のトラックバック

« 雪でサクラ散る | トップページ | サクソフォーンで綴るフランス音楽の世界【Otto Voci】 »

2015年4月 9日 (木)

印度カレーに求めるもの

 「インド・カレーの場合、答えは1つよ」と教えてくれたのは王子。非常に分かりやすい事なのですが、そう考えると最近、答えに出会ってないなぁ、という感じ。

Milankoenjiこの前食べたのもその1つ。

不味くはありませんが、

イマイチ濃厚さというか、

カレーらしさに欠けるというか、恐らく王子が食べたら、「○○(スパイス名)が足らないな」とか言うのでしょう。お店は、ちょっと昼時を外したとは言え、そんなには混んでいない様子。

 そしてアタシのような俄カレー・ファンにも「!?」と思わせたのは、大抵のインド・カレー屋さんは、レジのところにカラフルなつぶつぶが置いてあります。口直しです。なんて名前かは知りませんが。このお店は其れが無く、変わりにガムが置いてありました。

 そう言うのはお店の本質を判断する材料じゃないでしょうけど、なんかねぇ。

« 雪でサクラ散る | トップページ | サクソフォーンで綴るフランス音楽の世界【Otto Voci】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61415371

この記事へのトラックバック一覧です: 印度カレーに求めるもの:

« 雪でサクラ散る | トップページ | サクソフォーンで綴るフランス音楽の世界【Otto Voci】 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ