最近のトラックバック

« 交響曲第7番ホ短調 | トップページ | 神栖中央公園 »

2015年5月18日 (月)

MINOLTA α-7000

 世界で初めてオートフォーカス一眼レフカメラを世に送り出したのは、NikonでもなければCanonでもない。当時のMINOLTAでした。

Minolta7000コレがその第1号機α-7000。

この前の筑波万博展(2015年4月30日参照)の片隅に展示。

つまり同時代だったという事。

さすがに当時のガキには手が届かない、というか一眼レフを駆使するほどのカメラ小僧はいないか。ただ啼鵬が中学時代習った、技術家庭の先生が持っていて、一眼レフがオートフォーカスになった事が、どれだけスゴイ事なのかを力説してくれました。開発当初は、14インチ・カラーテレビほどの大きさだったとか!? もちろんブラウン管のですよ。

 ちなみに啼鵬も小学生高学年から中学生にかけてはカメラ小僧。先に一眼レフを使うガキはいないか、と書いておきながら、中学に入るとOLYMPUS OM-10を所有。テストで良い点をとる度に、交換レンズ、ストロボやワインダーを(ご褒美に)買ってもらっていました。

 MINOLTAはその後コニカと合併。そう小西六って表記してあったのが懐かしい。そのコニカのフィルム、よく応募していた「子供の科学」の写真コンテストの参加賞でもらっていました。

 KONICA MINOLTAとなってから、カメラ部門はSONYへ。今SONYのデジカメで「α~」が付いているのは、其れを引き継いだから。技術力のあるSONYだけど、これまでの数々の製品の運命を考えると、今後大丈夫かいな?って気もしますがね。

 ところでオートフォーカス一眼レフがMINOLTAならば、其れに初めてストロボを内蔵させたのはOLYMPUS。OM707というのが世界初、ストロボ内蔵オートフォーカス一眼レフでした。しかし其れがOLYMPUS最後のレンズ交換式AF一眼レフとなってしまうのも、何ともファンには悲しい事実。

« 交響曲第7番ホ短調 | トップページ | 神栖中央公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61610562

この記事へのトラックバック一覧です: MINOLTA α-7000:

« 交響曲第7番ホ短調 | トップページ | 神栖中央公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ