最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

再会:といぼっくす

 しばらく活動が休止状態のといぼっくす

R0013322 久しぶりに主だったメンバーが集まり、

打ち合わせに参加。

啼鵬も加わる、

新たな仕事のためでした。

たかし君はともかく、

大城正司さんや木ノ脇道元さんとは、かなり久しぶり。もしかすると、メンバーのお見舞い以来かしら(2011年12月1日参照)。

 さて、今回のプロジェクト、情報解禁になりましたら、発表致しまする。ひょっとすると2015年の最も大きな仕事の1つになるかも。

2015年6月29日 (月)

TANGO OGNATツアー2015【オマケ】

 順番は違えど、回る都市は同じ。今回は浜松~大阪~名古屋。そうなると各地での定番も生まれまする。

4sen2015b名古屋での辛いお店。

今回は汁無し担々麺を。

更には近くであのメニュー(2012年2月29日参照)、

といきたいところでしたが、

何故か皆さん、控えめ。

お茶をしただけに留まりました。

 ところで道中。各地を回りますと、だんだん荷物も増えてきまする。

Ognat2015mそれでもこの芸術的な積み込み。

言ってみればこの車が、

たくさん荷物を積めるって事なんですが、

今回のツアーは、「車1台での移動」という大きなテーマがありましたので、その部分では非常に成果のあったツアーでした。

 さてTANGO OGNATも3人で旗揚げしたのが2006年(2006年6月17日参照)。来年は10周年。加えて言うと、拡大版になったのが2011年のこと(2011年10月6日参照)。つまりは来年で拡大版5周年。更に言えばアルゼンチン建国200年!

 これはちょっとツアーの範囲を拡大するかネ。

2015年6月28日 (日)

TANGO OGNATツアー2015【出張グルメ】

 高速道路のSAは、昔に比べれば相当レベルアップしています。まぁ、どれくらい「昔」と比較するかにもよりますが、取り分け食べ物関係は顕著でしょう。

Hamanakosa4またこうして、

そのSAとどう関係があるのか不明なものまで!?

浜名湖SAで出会った、

茨城のタカミメロンです。ちなみに茨城県鉾田市は、メロンの生産高日本一。「安心です」から命名されたアンデスメロンも有名。知られていないだろうなぁ。

Hamahiroshima そしてコレ。

怒るだろうなぁ、広島の人。

つまりこのお店は、

広島の人じゃない人がやっているのでしょう。

2015年6月27日 (土)

TANGO OGNATツアー2015【オトコは黙って】

 高速道路SAの風物詩と言えば、ソフトクリーム。

Ideboku今回も何カ所か寄りましたが、

さすがに毎回は食べないにしろ、

気温も暑かったですし、

またメンバーが食べていると、自分も食べたくなるもの。テーホーは今回控えましたが、アタシ以外のメンバーは殆ど食べたようです。

Ognat2015cまぁ、なんと言っても、

この方にとどめを刺すでしょう。

「オトコは黙ってソフトクリーム」

という言葉が一番似合うベーシスト、一本茂樹。これで暑かろうが寒かろうが、季節に関係なく食べるようになったらホンモノです。

Ognat2015h そしてこの方も負けじと。

そう言えばこのお二方、

TANGO OGNATのツイン・タワー。

やはりセンター・ポジションはソフト好き!? ちなみにフォワードの室屋光一郎君も食べていました。シューティング・ガードの越田太郎丸さんとポイント・ガードの啼鵬は傍観。

 やはりポジションでキャラの特色が出るか。

2015年6月26日 (金)

TANGO OGNATツアー2015【浜名湖SA】

 東京~浜松の移動は、一本茂樹ナビによる、徹底した新東名高速道路走行。しかし浜松公演の会場は、浜松駅からでも歩ける距離。つまり新東名からでは相当な距離。途中東名高速をくぐるし。みんなにブーブー言われながらも、「でも、街中をこうやって観る事が出来たでしょ」と一本氏。

Hamanakosa1ま、さすがに浜松~大阪の移動は、

東名高速道路で。

そしてこの眺望。

スバラシイ。と言っても浜名湖は広い。眺められるのもほんの一部。

Ognat2015gメンバーは各々昼飯を。

まぁ、鰻を食べるのが順当ですが、

天気も良いし、

外で食べる鰻弁当。

さすが学習院は違う!?

 そう言えば外人が多かったな。何かのチームらしき、同じ服装をした人達もいたし。

Hamanakosa5 ここでテーホーが後悔したこと。

このカレー。

最初に分かっていたら、

絶対コレ食べていたのに。このグリーン・カレーは伊達じゃなさそう。ひょっとしたらカテゴリーが...!?

2015年6月25日 (木)

TANGO OGNATツアー2015【移動】

 車1台での移動となった、今回のTANGO OGNATツアー。実は構想自体は前回のツアーのときに浮上しました。で、試しに積み込みもしましたが、ネックになったのはContrabajo、一本茂樹君の機材。そう、楽器以外のアンプ類。

 彼はそこら辺にこだわりがあり、持参したものでないと出来ない!と。でもって今回は、ツアー用機材として、コンパクトにまとめて頂きました。そのおかげで車1台に。

Ognat2015aそしてこの芸術的とも言える、

積み込み。

まるでパズルのよう。

ちゃんと入れる順番、位置を覚えておかないと、毎回悩む事に。

 内容としては一番デカいContrabajoの他に、越田太郎丸さんのGuitarra、啼鵬のBandoneon、そして大先生室屋君のViolinという楽器類。前述の一本機材の他、太郎丸さんの機材、アタシの足台はパタンと折りたためる(2015年6月3日参照)ので、場所取らず。メンバーそれぞれの衣装やら生活必需品。

Ognat2015bそれで5人のオトコ達。

ま、この車はハイ・グレードなミニバン。

主にアタシが乗った3列目シートですら、

快適そのもの。足もと? みんな日本人だから足短いし。難を言えばオトコ臭いところか。当たり前だけど。

 これで一本君のこだわりナビ。新東名高速道路を西へ西へ。

2015年6月24日 (水)

TANGO OGNATツアー2015【千秋楽:名古屋】

  3日間しかないツアーですので、3日はもう千秋楽。大阪から名古屋へ移動。またお昼ご飯は恒例の...!? それもいずれ記事に。

Ognat2015f_2お店でセッティングをしてると、

なんとBassの岸徹至さんが!

お近くで仕事だったようで、

遊びにきて下さいました。

リハーサルを聞いて、彼は仕事へ。

 千秋楽ともなると、少し寂しいものですが、リハーサルは何だか逆に白熱。あれ?今までやっていた曲が、また新たな発見!?

Ognat2015gまぁ、MCでも触れましたが、

Tangoと言っても、もはやClassic。演奏する度に新たな発見もあります。

 次回ツアーをするときには、どれくらい熟成している事でしょう。

 千秋楽にお越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2015年6月23日 (火)

TANGO OGNATツアー2015【中日:大阪】

 初日の浜松公演を終えたTANGO OGNAT一行。今度は大阪へ。また珍道中はいずれ記事に。

Ognat2015c ちょうど40周年の迎えたRoyal Horse

我々のライブも、

その40周年記念ライブと冠に。

いつも思うのですが、

このお店の雰囲気、

かなりTangoを感じるんですよねぇ。...って、Tangoのお店は日本しか知らないんですが。でも雰囲気は大事。

Ognat2015dまた其の雰囲気によって、

演奏する側、

聞く側、

同じ曲にしても全然変わってきまする。今回もそう。恐らく浜松の演奏と今日、全く違う印象の曲もあったでしょう。

Ognat2015e でもやっぱ、

いつ、どんな時でも、

一番目立っていたのはこのヒトかなぁ、

一本茂樹。

この日、

本当はContrabass Soloの部分をMC Soloにする予定でした。千秋楽は!?

2015年6月22日 (月)

TANGO OGNATツアー2015【初日:浜松】

 ついに始まりました。TANGO OGNATのツアー。今年は時期をずらし、ちょっとお湿りの月。今回のツアーは車1台での移動(2015年6月20日参照)。その珍道中はいずれ。

Ognat2015b 昨年は千秋楽だった浜松公演(2014年3月20日参照)。

今年は初日にもってきました。

しかも通常月曜日は、

お店はお休み。

無理を言って開けて頂きました。

 個人的には浜松。なかなか来る機会も無く、結局は去年のTANGO OGNAT以来、という事になってしまいました。

Ognat2015a 思えば昨年の浜松公演、

千秋楽という事もあって、

非常に盛り上がりました。

ま、其れに気をよくして今回も組んだのですが、この日もチョー盛り上がり! 特に各楽器にスポットを当てたコーナーでは、まるで親衛隊を連れて来たかのよう。こりゃ、来年も浜松は組むしかないな!

 月曜日という、週のお仕事の始まる日にも関わらず、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2015年6月21日 (日)

6回目のヒーリングライブ

 思えばもう6回目。この梅雨のシーズンには欠かせないイベントとなりました。

Img_1391そしてメンバーも気が付くと、

なおとくんとていほうくん率が高い!

っつーか、

もはやなおていとG-クレフのコラボですか!? くらいな勢いですな。

 インスト系ドリーム・チームに加えて頂いている感じのテーホーですが、相変わらず王子のMCにはついていくのが精一杯。毎年「今年は喋らんぞ!」と思いながら臨むのですが、なんか乗せられて...。

 さて、明日からはタンゴ人啼鵬の柱の1つ。TANGO OGNATのツアーが始まりまする。頑張らなくては!

2015年6月20日 (土)

TANGO OGNATツアー2015に向けて

 恒例行事になっていたTANGO OGNATのツアーが、例年と違うシーズンにやる事になり、先日リハーサルをしました。

Ognat2015reh1 今回も新曲がいくつか。

全く同じ編成で、

同じ音楽をやっている、

広島のモダンタンゴ五重奏団と違って、こちらはPiazzollaナンバーの中でも、なるべくポップなものをチョイス。ただ、その中にあっては今回の新曲、少々冒険的かも知れませぬ。

Ognat2015reh2 そして旅の準備も。

今回は車1台に楽器、

各々の荷物を集約。

その楽器やら機材やらが、ちゃんと入るかを検証。昨年までは喫煙号、禁煙号に別れ、2台で移動していましたが、経費節減。果たして喫煙者達の運命やいかに!?

 浜松、大阪、名古屋でお会いしましょう!

2015年6月19日 (金)

肥薩線嘉例川駅

 熊本県人吉市へのアクセスは、熊本空港からよりも、鹿児島空港からの方が近い話はしました。今回もそのルートで。その途中で、風情ある駅舎に。

Kareigawa1JR肥薩線嘉例川駅です。

鹿児島県内の駅舎としては、

最も古いもの。

何しろ1903年の開業当初からこのままだそうで。あいにくの雨でしたが、逆にそれがまた雰囲気を醸し出していました。

Kareigawa3 無人駅ですが、

中には展示物も。

恐らく鉄道ファンにはお馴染みなのでしょう。

テーホーのような俄テツにとっても、非常にワクワクしますよ。

Kareigawa2 電線はありませんので、

走っているのはディーゼル車。

そう言えばココ九州で、

列車に乗った事は殆どないなぁ。

2006年の葉加瀬太郎ツアーのときに、

ちょっとだけ(2006年11月3日参照)。あとは宮崎で空港~市内。今度九州に来たら、少し列車の旅を。

2015年6月18日 (木)

Triangulo人吉食紀行

 2008年の第2回球磨川音楽祭のときにも、人吉の美味しいものを堪能致しました(2008年8月27日参照)。やはり鹿刺し!

 で、今回はちょっとビミョー。そもそも熊本県人吉市へのアクセスは、熊本空港からよりも、鹿児島空港からの方が近いので、今回はそのルートで。ちなみに前述の球磨川音楽祭のときには、宮崎からバスで。Violinの木野雅之さんが食べたいお弁当を買うために。

Kurara1んなもんで、

鹿児島空港到着後、

最初の食事は空港周辺の店で。

鶏料理です。

アタシはそば定食に鶏唐揚げを。

向こうに見える、なんかスゴイ盛りは、Guitarの金庸太さんのオーダーした大盛りチキンカツ定食。実にチキンカツ12切れ。アタシも2切れ頂きました。

Kurara2何故かドリンクの氷が、

ハート型!?

こりゃまた手の混んだ...。

 食事を終えて人吉市内へ。そんなに時間はかかりませんでした。会場の人吉カルチャーパレスに入り、演奏会本番(2015年6月17日参照)。

Trianhitoyoshi16 本番終了後に頂いた西瓜。

まさかこんな時期に食べられるなんて、

思いませなんだ。

地元の方の話によると、5月くらいから食べるそうで。

 今年初めての九州でしたが、これで最後かと思いきや、実はまだまだ九州演奏も計画中。そう、啼鵬で九州と言えば宮崎。詳細が分かり次第、サイトで告知致します。乞うご期待!

2015年6月17日 (水)

Triangulo九州上陸

 実は直前まで、よく分かっていなかった仕事。何しろネットで検索しても、なかなか情報も探せず。まぁ、ようやくネットにアップされた情報も探せたのですが。

Trianhitoyoshi1 以前にもやった事のある、

労音の演奏会でした。

前回と言っても震災前で、

何だか遠い昔のような気がします(2010年9月7日参照)。

そして今回の場所は、

熊本県は人吉市。啼鵬は2008年にViolinの木野雅之さん主宰する、球磨川音楽祭に出演した事があるので(2008年8月23日参照)、人吉は2回目でした。今回の主催者もそのときの事を覚えていて下さっていました。

Trianhitoyoshi2 しかも球磨川音楽祭のときに演奏したのも、

ココ、人吉カルチャーパレス。

あのときはステージ上にお酒が置いてありました。

スポンサーだったようで。

そして今回、Triangulo。

 考えてみれば、Trianguloとして九州の地を踏むのは初めて。そう、九州初上陸でした。内容もアルゼンチン・タンゴは元より、コンチネンタルも。そして今年はCarlos Gardelの没後80年という事もあって、Gardel作品も新たなレパートリーに。更にはPiazzollaの名曲たちも。

Trianhitoyoshi3 あいにくの雨でしたが、

たくさんのお客様にお越し頂きました。

有り難うございました。

2015年6月16日 (火)

あのときの味

 ビジネス街には飲食店がたくさん。昼時はどこも混雑。しかしこの激戦区では、生き残るのも大変。気が付くとお店、変わっていたなんて事もしばしば。

10banset今回食べたのは、

割と昔からある店。

実は我ら弦楽合奏団弓組の初仕事のとき(2010年2月10日参照)、

ここで食事をしました。そのときは時間も外していた事もあり、あまりお客さんはいなかった記憶ですが、この日は正に平日の昼。たくさんのサラリーマンでいっぱいでした。

 啼鵬は一緒にリハーサルをしたGuitarの金庸太さんと。ま、言ってみればアタシ達も仕事を終えてこの店に来たわけで、ビジネスマンと同類項。

 さて、その金庸太さんとは今後、スゴイ計画を。乞うご期待!

2015年6月15日 (月)

Godinのフルアコ

 またまた話は広島のモダンタンゴ五重奏団。実は今回、またもや新しいコトがありました。

Godinfullac 徳武正和さんのGuitar。

新調されたのか、

見慣れない楽器が。

いわゆる「フル・アコースティック(フル・アコ)」と呼ばれるもの。

筐体が分厚いので、

共鳴する空間が大きいです。

 それまではセミ・アコ-スティック(セミ・アコ)を使っていました(2010年6月10日参照)。聞けば今回のフル・アコ、メーカーはGodin(ゴダン)だそうな。Godinと言えば、エレキだけど弦がナイロンで、独特の楽器を作っていましたが、フル・アコも作っていたのですねぇ。

 そのナイロン弦のGodin。啼鵬が初めてモダンタンゴ五重奏団に加わったときには、その楽器を使われていました。更にBandoneonとのDuoにも使ったり。

 徳武さんは、Classic系のギタリストにしては珍しく、たくさんの種類の楽器を弾くプレイヤーです。

2015年6月14日 (日)

ヤマダ電機撤退

 少し前にヤマダ電機が46店舗閉店というニュースがありました。茨城は土浦店を含む6店舗も。まぁ、茨城はケーズデンキのお膝元ですし、実は啼鵬家もケーズの利用者。無論あんしんパスポートも持っていまする。ちなみに親の代から、つまりカトーデンキの頃からの客ですよ。

Aeonyamada3 その閉店した土浦店。

イオンの隣にありました。

アタシは1度も行く事はありませんでしたが、

このイオンが出来て数年経ち、「あれ?何か作っている」と思ったらヤマダ電機でした。

 休日イオンは2500台以上収容する駐車場がいっぱい。その人出を当て込んでの出店だったのかしら。イオンの中にはNojimaが入っていますが、ここも激安店で通っているし、わざわざココに来て、ノジマとヤマダを行ったり来たりして買い物をする人、いるのかネ?ちなみに隣とは言え、かなりの距離ありますぜ。土浦のイオン、デカいし。

 考えてみると、家電の小売ほど、我々庶民にも分かりやすい変化をもたらした業界はないのでは? テーホーがガキの頃には、個人経営の電気屋さんしかなく、うちが初めてカラーテレビを買ったときは、その電気屋さんが届けてきました。

 小学校に上がって少しした頃から、量販店がぼちぼち。茨城で言えば前述のカトーデンキやカスミ家電、土浦市内にはLaoxや第一家電もあったっけ。しかし本気で買うなら秋葉原へ、みたいな感じでした。事実、我が家も大型家電をわざわざ秋葉原まで買いに行ったり。

 そのアキバも石丸電気、サトームセン、オノデンといった御三家の元気がなくなった頃、地方を拠点とした量販店が爆発的に増殖。ちなみに群馬のヤマダ、栃木のコジマ、茨城のケーズ。これで御三家!?

 そして現在、その量販店の隆盛も終わり、ネット通販へ。よく品物は店頭で見て、家に帰ってからネット通販で安く、などと言われたものです。

 で、今後はどうなるのでしょう。当然ネット通販時代が未来永劫まで続くワケはなく、また何らかのスタイルに変わっていくでしょうな。

 ちなみにネット通販は確かに安くは買えますが、不良品、要修理の場合、保証期間内で無償だからと言っても、販売元に送り返すのは意外と面倒。化粧箱だって捨ててしまっているかも知れないし。

 テーホーがネット通販を使わずに、地元量販店で買うのはそこ。修理のときは車で持ち込み。箱無し、剥き出しでもOK。そして近いが一番。

2015年6月13日 (土)

ご近所のドミナント戦略

 最近MINI STOPが近くに出来ました。...って、前にもそんな記事を書きました(2013年2月22日参照)。そう、今回出来た場所は、そのときの記事の場所と、そんなに変わりない場所です。

Ministoptsuchikita下手すりゃ、

歩ける距離と言っても過言でないくらい。

ちなみにココには、

ココストアがありました。

 もしやこれは世に言う「ドミナント戦略」か。その意味の詳しい説明は割愛しますが、要はチェーン店が1つのエリアに集中する事によって物流面、同一オーナーによる売り上げ補填など、様々なメリットを被るもの。当然他のブランドの入る余地無し。

 同じ道沿いの、しかも歩ける距離にあるという事は、ほぼ間違いないかと。と言いつつ、セブンイレブンだってFamilyMartだって、同じ道沿いの結構近距離にあったりして、なんでMINI STOPだけ記事にするのかって、やはり絶対数が少ないので、こういうケースが非常に目立つのですよ。

 ちなみに音楽用語に於ける「ドミナント」。これは和音の種類を示す言葉。「属和音」というものを表します。例えばハ長調における「ソ・シ・レ」の和音が其れで、ちびっ子がお辞儀するときに弾く和音の2コ目です。

 しかしそもそも「ドミナント」の意味は「支配的な」とか「優位に立つ」というもの。ビジネスの方ならば意味も一致しますが、音楽の場合ちょっと違うような気も。ハ長調で調を支配している(主調と言います)のは「ド・ミ・ソ」であって、其れは「トニック」と呼ばれます(主和音)。

 つまるところ、音楽を支配しているのは「属」している方ってコトですか。

2015年6月12日 (金)

北村聡バンドネオン・ソロ・リサイタル

 小松亮太君をして「正確無比のBandoneon奏者」と言わしめた北村聡君。彼のソロ・リサイタルを聞いてきました。

Kitamurasolo 会場約250席が満席!

これは会館主催のコンサートのようで、

今回が200回目だそうな。

恐らくこの企画の固定ファンもいるのでしょうけど、

それにしたってBandoneon Soloのコンサートで、

小ホールクラスを満席にするってのは、色々な意味でスゴイ事です。

 尤もそれは小松亮太君の一番弟子とも言われ、オペラシティの人気企画「B→C」にも出演、スタジオ・ワークからライブまでこなす実力派、北村君だから出来ること。

 また、他のコンサートのチラシが挟み込まれていましたが、彼がサイド・メンとして関わるバンドがいくつも! 言ってみればロック・バンド4つ並べたら、ギタリストみんな同じでした、みたいな事ですよ。

 MCでは彼のBandoneonとの出会いを語っていましたが、初めて生で聞いたBandoneonとしてアタシの名前を出してくれました。会場でテーホーを知る人なんぞ、五指に余らないのに(涙)。ちなみにアタシが聞きに行っている事は、その時点では知らないんだよね。

 プログラムは前半Tango。後半はClassicの曲から現代曲までバラエティに富んだもの。来ていたお客さんの中には、「一部も良かったけど、二部の方が良かった」という人も。恐らくTangoファンではない人でしょう。

 時代は変わったというのでしょうか。日本で、しかも日本人が、Bandoneon Soloでこれだけ濃い内容のコンサートが出来る。彼は間違い無く、日本のTango史を塗り替えています。

 アタシもビッグな人から無名の人まで、様々なアーティスト、プレイヤーを見てきましたが、北村君のような人を「才能がある」というのでしょう。彼がBandoneonを始めたのは大学生のときです。彼の年を考えれば、楽器のキャリアは決して長くはありません。そしてその才能を開花させる努力を惜しまず、日夜励んだのでしょう。更に単身ブエノスアイレスに留学。日本人離れしたテクニックと音楽性を身につけ帰国。

 ま、どんどん次の世代が育っているということ。アタシも身の振り方を考えにゃいかん。

2015年6月10日 (水)

Mandolin界にショーゲキの後は

 広島から直行したMandolinとのリハーサル(2015年5月30日参照)。

Mstar2015b恐らくMandolin界初であろう、

Bandoneonとのコラボレーションに向け、

初めての合わせをしました。

そのMandolin界を震撼させる演奏会は10月。リハーサルも始まったばかり。この日は親睦会も開催。一次会を終え、調子にのり二次会へ。

Mstar2015f ショーゲキはここでも起こりました。

まるで大男がこのお店を揺さぶっているかのような、

ゆっくりとした横揺れ。

そう、あの地震。そして二次会もお開きになり、最寄り駅から電車に乗りました。

 帰る経路は何通りがありましたが、一番簡単そうな経路で、まず日暮里へ。そこで「!?」。JRがほぼ全滅。止まっているではないか! おいおい、今乗ってきたK成線はちゃんと動いているのに。

 翌朝は地域の一斉清掃。今夜中には帰らにゃいかん。英断の末、奥の手でもってMandolinオケの団長と共に、土浦に帰る事が出来ました。

2015年6月 9日 (火)

広島でカレー

 カレーはどこでも食べられるけど、(広島風の)お好み焼きは広島で食べなきゃ意味ない、と考えてしまうので、結局広島滞在時は、限られた食事回数で、お好み焼き率が高くなりまする。

 そこへ王子から「広島にいるのね、だったらこの店...」とカレー情報を。その中に、宿泊しているホテルから徒歩圏内の店がありました。

Nandicurry うん、確かにこれは王子好み系かも。

と、知ったような感想を。

いや、王子推薦だけあって、

美味しかったです。お店も割と幅広い層が入りやすい、洒落た感じ。

 更にその晩のこと。ライブを終えて、メンバー行きつけのお店で打ち上げ。そのシメにカレーうどんとな。

Nadukeoyacurryこれがなかなかスバラシイ。

さすがにコレは王子も知るまい。

居酒屋でシメに食べるものが美味いってのは、

とても大事なことでしょう。もちろん他のメニューもですが。

 さて、次に広島に行けるのは...。

2015年6月 8日 (月)

広島の納豆料理

 話は先月の広島滞在時に遡ります。Out of the Standardのとき同様(2015年4月19日参照)、ここでも納豆ネタを得る事が出来ました。

Bohemiannatto_2見た目「お好み焼き」ですが、

「とろろ納豆チーズ」。

...って、ただ材料を並べただけの名前!?

あぁ、どっちが? 左側のです。右は普通のお好み焼き。もちろん広島の。まぁ、そんなに納豆色が濃いワケでもなく、味はやはり上にかかっているソース味が勝っちゃっているかな。

Araiya2 こちらは蕎麦。

「納っとろぶっかけそば」だそうな。

この納豆、

かなり工夫が凝らされていました。

ありがちな、

ただ「載せただけ(下手すりゃかき混ぜもしない)」の納豆そばとは大違い。尤もこの店は、蕎麦のクォリティが高く、取り分け奥に写っている大根そばなど、そのクォリティを味わうに、素晴らしいメニューです。

Unihoren 最後にオマケ画像。

テレビでも話題になった、

「ウニホーレン」です。

アタシは初体験でしたが、どうやらこのお店の盛りは、かなり豪快なようで。美味しく頂きました。

2015年6月 7日 (日)

土浦交響楽団第70回定期演奏会

 記念すべき70回目の定期演奏会を迎えた土浦交響楽団

Tso70th70回目だから、

という理由のプログラムではありませんでしたが、

BeethovenとTchaikovskyのSymphony2曲をやる。

加えて音楽鑑賞教材でもお馴染み、

Suppeのオペレッタ「軽騎兵」序曲も。

交響曲を2つやるだけでも十分なのですが、

何故序曲も加わったかは、結局謎のまま終わってしまいました。とにかく大変なプログラムという事に変わりはありませぬ。

 ちなみにBeethoven「Symphony No.8」(通称ベト8)は、今年Violoncelloでのった東京プロムナード・フィルハーモカーの第12回定期演奏会で演奏(2015年3月8日参照)。同じ曲を同じシーズンに違う楽器で演奏するのは初めて。

Tso70th5 そして今回は、

なんと言っても、

一本茂樹君から借りている新兵器、

Cマシーンの付いた楽器(2015年1月12日参照)での、

初めての本番。

ただ前回定期のBrahms「Symphony No.4」に比べると、今回のプロは出番が極端に少ないのですが。Contrabassの最低音「ミ」より下の音はごく僅か。ベト8の3楽章にちょこっと。しかも音量も弱く。他の曲には出てきませなんだ。

Tso70th2しかも今回、

Contrabassは2列に並ぶ事になり、

アタシは前に。

これがいつもと聞こえ方が全然違う。少し慣れる時間が必要でしたねぇ。何しろ今回はくじ運が悪く、前日の練習が本番と違う会場でした(2015年6月6日参照)。フォーメーションが変われば音も変わります。年に何回も使わないホール。Contrabass部だけで、少し音出ししてみると良かったかも。

Tso70th4 実は紆余曲折があって、

アンコールの曲を編曲しました。

Tchaikovskyの「Andante Cantabile」。

元々は弦楽四重奏曲です。これを弦楽合奏でやるにあたり、Contrabassパートの加筆をしたのですが、単なる加筆に留まらず、演奏人数を増減させたり、オリジナルの楽譜を変えない、という制約の中で、出来る限りの編曲をしました。

 ま、オケの演奏会で、アンコールは弦楽器のみ、というのも珍しいケースではありませんが、この曲に決まったのは選曲委員(Viola首席)さんが、「普段やっていない弦楽合奏をやりたい!」と考えたため。

 アタシは其れを踏まえ、Violaが目立つように(!?)編曲。残念ながら打ち上げにはいらっしゃらなかったので、伝える事は出来ませんでしたが、分かってくれたかしらねぇ。

 お忙しい中、お越し下さったお客様、有り難うございました。

2015年6月 6日 (土)

2年ぶりの同窓会

 以前お邪魔した同窓会(2013年6月1日参照)。とても忙しい1日でしたが、今年もお呼ばれしました。

2ko27c会場も同じ場所。

ここは先月、

シピーレンで訪れました(2015年5月9日参照)。

毎月訪れる地元のホテルなんて、

滅多にありませんな。

今年も前回同様、A.R.C.での出演。今回のために編曲した曲もあったりで、我々にとっても新鮮なステージでした。

2ko27a驚いたのは、

聞きに来て下さった同窓会の方の中に、

アルゼンチン・タンゴのダンサーがいた事。

まぁ、100年以上の歴史のある名門校ですから、様々な方々がおられるでしょう。いつかコラボレーションが出来たら良いですね。

2ko27b_2 ちなみに今回のステージも、

前回同様、

PA(音響設備)は自分達の持ち込み機材をセッティング。

同窓会の皆さんが写真撮影をしている間に、早業でセッティング、そしてサウンド・チェックも。たくさんの方々に聞いて頂きました。有り難うございました。

Tso70thgp そして次の現場へ。

第70回定期演奏会を控えた、

土浦交響楽団のリハーサル。

しかも今回の場所は、少し遠い。加えて時間を勘違いしていて、遅刻してしまいました。前回は本番が2つ重なりましたが、今回は本番とリハーサル。少しは軽減された感じですね。

 明日の本番、頑張ります。

2015年6月 4日 (木)

肉玉ごはん

 広島に通い始めて17年。行けばお好み焼きを何枚も食べていましたが、今回ほど驚いた事はありませなんだ。

Nikutamagohan「肉玉ごはん」。

つまり、そばやうどんの代わりに、

ご飯が入るというもの。

写真では分かりにくいですが、切れ目からご飯が顔を覗かせています。ランチ・タイムに行ったのですが、キムチと飲み物も付いていました。

Tenyawanya 実は目当ては「お好み焼き定食」でした。

大阪では食べた事のあるメニュー。

ここ広島ではどんな感じかな、と。

しかし店内に入って「肉玉ごはん」を見つけたときに、

こりゃ体験しなくちゃいかん、と。

まぁ、ぶっちゃけ、変でした。食感もそうですし、味も麺から出る風味がないので、ちょっとビミョーな感じ。

 しかしモダンタンゴ五重奏団の長老、基町高校の生んだスター、Bassの徳原正法さんによると、昔はあったそうで。また自分で持ってきたものを入れてもらったりと、そうなるとご飯を入れるのも行われていたようです。

 でもやっぱ「肉玉そば」かな。

2015年6月 3日 (水)

広島の足台

 Bandoneonは基本、座って弾く楽器です。蛇腹を膝、というか太ももに載せて演奏しますので。ただPiazzollaは立って弾いていました。常に、かどうかは分かりませんが、片方の足を台に乗せ、その台に乗せた足の膝に楽器を載せます。

 啼鵬もTrianguloやViento del Sur、A.R.C.では座って演奏しますが、広島のモダンタンゴ五重奏団、なおとくんとていほうくん、TANGO OGNATでは立って演奏します。なおていは別ですが、其れ以外だとPiazzollaにあやかりたい、もとい、Piazzollaと同じスタイルで演奏する、という事にこだわって。

 で、問題はその足台の高さ。あまり高いと疲れるし、低いと楽器が前方に滑っていってしまう。一応指定があって、42cmがベスト。もちろん啼鵬の背格好の場合です。しかしこれが「あり合わせ」のものでやろうとすると、なかなか無い。

 広島では啼鵬専用の足台があったのですが、何と前回の公演後にぶっ壊れたそうな。というのが今回のリハーサル後の「トラブル」の話(2015年5月28日参照)。

 で、何軒かお店を回ったというのは、その足台の調達。

Senopi39「あり合わせ」のものが無い、

と書きましたが、

近年これを愛用。

39cmという高さも許容範囲内。

関東では見かけないホームセンター系のお店で購入。

¥1,490。これに黒い布をかけ、見栄えを良くしました。

 そう言えばTANGO OGNATでは黒い布を忘れ、この足台むきだしで演奏しましたねぇ。

 パタンと折りたたんで持ち運び、収納に特化していますが、さすがに持ち帰るワケにもいかず、Bassの徳原さんに預けました。

2015年6月 2日 (火)

誕生日はスタジオで

 誕生日に仕事が入る事は珍しくもなんともありませんが、今年は前日夜に録音スタジオへ。

Dairec2015a榊原大首相の新譜。

しかもかなりタイトなスケジュールのようで、

来月リリースですって!

一昔前だったら考えられないスピード制作ですな。ちなみにアタシが頼まれた編曲は、仙台滞在時(2015年5月23日参照)に仕上げました。

 そして録音の最中に日付が変わり、アタシも1つ年をとりました。

Dairec2015cこの日のメンバーとエンジニア、

赤川さん。

鉛筆は赤いのが10の桁、

黄色いのが1の桁って事で、42歳を表しています。

 皆さん、遅くまでお疲れ様でした。

2015年6月 1日 (月)

広島で行きつけのお好み焼き屋さん

 かつては毎年訪れていた広島。今回は2013年の第19回Wantsクリスマスコンサート以来(2013年12月24日参照)。久しぶりなので、やはりあの店へ。「行きつけ」と言うには、ちょっと回数が少ないですがね。

Tampopo2015a今回はモダンタンゴ五重奏団のBass、

徳原正法さんも一緒でした。

そう、男2人語り合う夜!?

 実は徳原さんとアタシ、このお店の娘婿さんとつながっているのですが、それは後日詳しく。

Tampopo2015b この日も一品料理から、

お好み焼きまでたくさん頂きました。

お好み焼きは辛麺で。

ちなみに近くのマツダスタジアムでは、

セ・パ交流戦、広島対ロッテの試合が。

結果は...!? 試合の終わる時間を外して、我々も退散しました。かなりの人出ですからね。そして翌日、モダンタンゴ五重奏団は初日を迎える事になります(2015年5月28日参照)。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ