最近のトラックバック

« ご近所のドミナント戦略 | トップページ | Godinのフルアコ »

2015年6月14日 (日)

ヤマダ電機撤退

 少し前にヤマダ電機が46店舗閉店というニュースがありました。茨城は土浦店を含む6店舗も。まぁ、茨城はケーズデンキのお膝元ですし、実は啼鵬家もケーズの利用者。無論あんしんパスポートも持っていまする。ちなみに親の代から、つまりカトーデンキの頃からの客ですよ。

Aeonyamada3 その閉店した土浦店。

イオンの隣にありました。

アタシは1度も行く事はありませんでしたが、

このイオンが出来て数年経ち、「あれ?何か作っている」と思ったらヤマダ電機でした。

 休日イオンは2500台以上収容する駐車場がいっぱい。その人出を当て込んでの出店だったのかしら。イオンの中にはNojimaが入っていますが、ここも激安店で通っているし、わざわざココに来て、ノジマとヤマダを行ったり来たりして買い物をする人、いるのかネ?ちなみに隣とは言え、かなりの距離ありますぜ。土浦のイオン、デカいし。

 考えてみると、家電の小売ほど、我々庶民にも分かりやすい変化をもたらした業界はないのでは? テーホーがガキの頃には、個人経営の電気屋さんしかなく、うちが初めてカラーテレビを買ったときは、その電気屋さんが届けてきました。

 小学校に上がって少しした頃から、量販店がぼちぼち。茨城で言えば前述のカトーデンキやカスミ家電、土浦市内にはLaoxや第一家電もあったっけ。しかし本気で買うなら秋葉原へ、みたいな感じでした。事実、我が家も大型家電をわざわざ秋葉原まで買いに行ったり。

 そのアキバも石丸電気、サトームセン、オノデンといった御三家の元気がなくなった頃、地方を拠点とした量販店が爆発的に増殖。ちなみに群馬のヤマダ、栃木のコジマ、茨城のケーズ。これで御三家!?

 そして現在、その量販店の隆盛も終わり、ネット通販へ。よく品物は店頭で見て、家に帰ってからネット通販で安く、などと言われたものです。

 で、今後はどうなるのでしょう。当然ネット通販時代が未来永劫まで続くワケはなく、また何らかのスタイルに変わっていくでしょうな。

 ちなみにネット通販は確かに安くは買えますが、不良品、要修理の場合、保証期間内で無償だからと言っても、販売元に送り返すのは意外と面倒。化粧箱だって捨ててしまっているかも知れないし。

 テーホーがネット通販を使わずに、地元量販店で買うのはそこ。修理のときは車で持ち込み。箱無し、剥き出しでもOK。そして近いが一番。

« ご近所のドミナント戦略 | トップページ | Godinのフルアコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61744018

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマダ電機撤退:

« ご近所のドミナント戦略 | トップページ | Godinのフルアコ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ