最近のトラックバック

« Mandolin界にショーゲキの後は | トップページ | ご近所のドミナント戦略 »

2015年6月12日 (金)

北村聡バンドネオン・ソロ・リサイタル

 小松亮太君をして「正確無比のBandoneon奏者」と言わしめた北村聡君。彼のソロ・リサイタルを聞いてきました。

Kitamurasolo 会場約250席が満席!

これは会館主催のコンサートのようで、

今回が200回目だそうな。

恐らくこの企画の固定ファンもいるのでしょうけど、

それにしたってBandoneon Soloのコンサートで、

小ホールクラスを満席にするってのは、色々な意味でスゴイ事です。

 尤もそれは小松亮太君の一番弟子とも言われ、オペラシティの人気企画「B→C」にも出演、スタジオ・ワークからライブまでこなす実力派、北村君だから出来ること。

 また、他のコンサートのチラシが挟み込まれていましたが、彼がサイド・メンとして関わるバンドがいくつも! 言ってみればロック・バンド4つ並べたら、ギタリストみんな同じでした、みたいな事ですよ。

 MCでは彼のBandoneonとの出会いを語っていましたが、初めて生で聞いたBandoneonとしてアタシの名前を出してくれました。会場でテーホーを知る人なんぞ、五指に余らないのに(涙)。ちなみにアタシが聞きに行っている事は、その時点では知らないんだよね。

 プログラムは前半Tango。後半はClassicの曲から現代曲までバラエティに富んだもの。来ていたお客さんの中には、「一部も良かったけど、二部の方が良かった」という人も。恐らくTangoファンではない人でしょう。

 時代は変わったというのでしょうか。日本で、しかも日本人が、Bandoneon Soloでこれだけ濃い内容のコンサートが出来る。彼は間違い無く、日本のTango史を塗り替えています。

 アタシもビッグな人から無名の人まで、様々なアーティスト、プレイヤーを見てきましたが、北村君のような人を「才能がある」というのでしょう。彼がBandoneonを始めたのは大学生のときです。彼の年を考えれば、楽器のキャリアは決して長くはありません。そしてその才能を開花させる努力を惜しまず、日夜励んだのでしょう。更に単身ブエノスアイレスに留学。日本人離れしたテクニックと音楽性を身につけ帰国。

 ま、どんどん次の世代が育っているということ。アタシも身の振り方を考えにゃいかん。

« Mandolin界にショーゲキの後は | トップページ | ご近所のドミナント戦略 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61733784

この記事へのトラックバック一覧です: 北村聡バンドネオン・ソロ・リサイタル:

« Mandolin界にショーゲキの後は | トップページ | ご近所のドミナント戦略 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ