最近のトラックバック

« 昔の相棒 | トップページ | 玉木亮一TUBAリサイタル2015 »

2015年7月11日 (土)

神栖市市歌普及委員会

 5年前に制定された「神栖市の歌」。この度その歌を、「神栖音頭」として編曲するコンテストがありました。啼鵬も外部有識者として特別審査員に。

Kamisuondofukyu 選考会自体は既に終え、

この日は選ばれた作品に関しての報告会。

歌の録音、踊りの振り付け等も完了し、

DVDやCDのパッケージにするにあたっての、

最終チェックといったところでした。

 もうかれこれ、神栖市との付き合いも長いですね。神栖市民音楽祭に参加させて頂いたのが2010年の話(2010年12月26日参照)。しかし其れよりも前には、波崎高校吹奏楽部への楽曲提供もありました。波崎小学校の校歌も作曲させて頂いたり。

Kamisukokoteho2 その間、

ゆるキャラ「カミスココくん」も誕生。

茨城県の神栖市を指し示している、

全国でも珍しいタイプのゆるキャラ。ちなみにこの場所、千葉県銚子市のちょっと上。つまりは関東最東端エリアです。神栖は近年、風力発電で有名。TVのCMで見た事ありません? 海の中に何基も並ぶ風車。

 神栖市市歌普及委員会の実質的な活動はほぼ終わり。ただ委員の任期は今年度中なので、来年3月までありますが。アタシもまだ仕事が残っておりまする。頑張らなくては!

« 昔の相棒 | トップページ | 玉木亮一TUBAリサイタル2015 »

コメント

やはり普及させるには、子どもたちに歌い継がせるべきです。
私どもの地元には、あの県歌「信濃の国」ではなく、「下伊那の歌」なんてものまで存在します。しかも小学校では、必修で覚えた記憶が…。お陰で、大人になっても結構歌える人が多いですよ。(きっと…)

カミスココくん、なんか自虐的ゆるキャラって感じで、なかなか面白いですね。どういう経緯で、このゆるキャラが生まれたのかと思います。

> 語る会さん
 なるほどねぇ。確かに。実はノーマル・バージョンは、思った程は普及していないようで、音頭バージョンと合わせて、今後の課題ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61874289

この記事へのトラックバック一覧です: 神栖市市歌普及委員会:

« 昔の相棒 | トップページ | 玉木亮一TUBAリサイタル2015 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ