最近のトラックバック

« 神栖市市歌普及委員会 | トップページ | 茨城空港のキャンペーン »

2015年7月12日 (日)

玉木亮一TUBAリサイタル2015

 T京G大作曲科を卒業している啼鵬は、本来「作曲」をする事が国費を使って勉強させて頂いた事への恩返し。楽器なんか弾いている場合じゃぁない!?

 ま、今は定員が減りましたが、アタシの頃の作曲科は1学年20人。たいていの人が「多いですね」と言います。多いです、確かに。多いと色々な人材が輩出されまする。啼鵬のようなものとか。

Tamakituba2b そしてこの度、

純粋に作曲家啼鵬の仕事。

「委嘱作品」です。

札幌交響楽団のTuba奏者、

玉木亮一さんから受けました。

しかもタイトルも真っ向勝負「Tuba Sonata」です。

 純粋音楽の作曲家としての「Sonata」は、基本中の基本。書けなければG大入試には合格出来ないし、「ソナタも書けなくて作曲家と言えるのかぁ!」と怒鳴られても仕方無い。あくまでClassicの世界での話ね。

 その世界初演。札幌まで行って参りました。自分が演奏する訳ではないのに、緊張が走りまする。そう、啼鵬は演奏する事自体、緊張する事は殆どありませんが、こういう状況だと結構そわそわと。

 玉木さんがしきり仰っていましたが、「誰も聞いた事がない音楽を、自分が世に出すという事」。そうなんです、新曲の初演とはそういう価値なのです。

Tamakituba2a 玉木亮一さん、

そしてPianoの浅井智子さん、

世界初演の大役、

お疲れ様でした。そして会場で生き証人になって下さった方々、有り難うございました。

« 神栖市市歌普及委員会 | トップページ | 茨城空港のキャンペーン »

コメント

うわ~。俄か(?)チューバ奏者の私も聴いてみたいです。

チューバの独奏曲というと、ヴォーン・ウィリアムズのチューバ協奏曲ばかりという感じで、こういう純粋に単独での演奏は、花形楽器には決して判らないであろう心境です。

それにしてもポスターの回数を見ると、驚くべき数字ですね。第1355回!?。やはり、PMFの影響もあるのか、音楽文化都市として成熟しているなあと、羨ましく感じます。

> 語る会さん
 どうやらその協奏曲が、歴史的にTuba Concerto第1号のようです。
 今回は拙作も含め、編曲モノ無しの、Tubaのためのオール・オリジナル作品でした。それはとても意味のある事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/61879668

この記事へのトラックバック一覧です: 玉木亮一TUBAリサイタル2015:

« 神栖市市歌普及委員会 | トップページ | 茨城空港のキャンペーン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ