最近のトラックバック

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

啼鵬の協奏曲

 今週末に迫ったOut of the Standardと弦楽合奏団弓組の共演。

Otsyumi思いついたのは、

Glazunovの「Saxophone Concerto」がきっかけ。

学生時代から須川展也氏との共演で、

プロ活動を開始しましたが、

そのときによく聞いたのがこの曲。

アタシが出演するのはたいてい後半。

前半はSaxとPianoでのプログラム。当然Saxのためのオリジナル曲をやるので、このGlazunovも頻繁に。

 そしてEuphoniumの方は? となったときに、同じく弦楽合奏伴奏の協奏曲を書く事を思いつき、今回初演の運び。

 実は啼鵬、これまで協奏曲、もしくは協奏曲スタイルの曲は書いたものの、なかなか演奏されませなんだ。大学3年のときに書いた「Bandoneon Concerto」も、結局は演奏の機会に恵まれず。卒業作品はSolo Clarinetと弦楽のための作品。これも未だ初演されず。

 敢えて言うなれば、Pianoの小品をピックアップし、其れに室内オーケストラの伴奏を付け、協奏曲風に仕上げました。大学の芸術祭で初演。その後、高校時代の恩師がSolo Pianoを担当し、啼鵬が指揮をして再演。

 ちなみにこの曲の初演と再演。両方にNAOTO君が関わっていて、再演のときはコンサート・マスターもやってくれました。其れも前世紀の話...。

 そんな啼鵬の久しぶりの新作協奏曲。是非、歴史的瞬間に立ち会って下さい。10月3日に新鎌ヶ谷MT Milly'sで。

 それにしても何でアタシ、いつもセンターなんだろ。

2015年9月29日 (火)

弦男子

 昔、所属しているといぼっくすで「無人島に何か楽器を持っていくとしたら?」と聞かれ、「やっぱGuitarでしょ」という結論に。和音が奏でられ、1人で完結出来ますから。Bandoneon? まぁ、確かに和音も出ますし、Soloもあると言えばありますが、「ボタンの位置を覚える」という目的になってしまい、音楽どころじゃないでしょ。

Mstar2015gash1 何十年も前の話ですが、

世に「禁じられた遊び」が大流行したとき、

同じくGuitarを習う人が激増。

山手線各駅毎にギター教室が!

なんて言われたものです。

そのGuitarとMandolin。

 なんとコンパクトにまとまったアンサンブルでしょう。ちなみにMandolinの歴史は古く、実はBeethovenにも作品があります。アタシもコンサートで演奏した事がありました。

 そう言えばこんな質問も。「Keyboardが弾ける男と、Guitarが弾ける男、どちらがカッコイイ?」 Guitarが弾ける人からは「やっぱKeyboardだろ」と言われ、Keyboardが弾ける人からは「Guitarに決まってんじゃん」という答え。

 うちのバンドのテツ様を見ていると、やはりGuitarだな。あとラップも。

2015年9月28日 (月)

JR左沢線

 久しぶりにディーゼル車に乗車。そう、電車ではありませぬ。山形を走るJR左沢(あてらざわ)線。
 乗った駅はてっきり自動改札かと思いきや、駅員さんがスタンプを。その前に驚いたのは切符購入時。券売機自体は都内でフツーに見ているものと変わらなかったのですが、カード挿入口には「オレンジカード専用」!
 少し前にオレンジカードは北海道で生きている、と聞いたのですが、ここでも健在とは。

1443447975117.jpg

2015年9月27日 (日)

2015年のSonor

 毎年恒例の合宿に参加した啼鵬。何しろ今年のSonor Clarinet Ensembleは、15回目の定期演奏会を迎えますが、その内容たるや、まるで100周年、もとい20周年でも良いくらいのもの。

Sonor15threh1 その1つが、

地元の中高生を交えたQuire。

その人数は50名とも。

合宿2日目は指揮者先生が不在のため、アタシが指導。さすがに50名ではありませんでしたが、半分くらいは出席。若い皆さん、頑張っていました。

 Sonorは15年、啼鵬は関わって10年。ま、中堅といったところですか。

Sonor15threh2 テーホーと同期入社のこの人も、

毎年Contrabassのみならず、

ステージを盛り上げていますが、

今年も凄い事になりそうですな。

2015年9月26日 (土)

2015年Sonorシーズン始動

 今年も始まりました。長野県は飯田市を拠点に活動しているSonor Clarinet Ensemble。今年もまずは合宿から。
 今年は啼鵬が関わって10周年! だからかは分かりませんが、10年前の委嘱作品を再演予定。今回久しぶりにレッスンしましたが、作品が若い!そりゃそうですが。Saxの「Modern Czardas」と並ぶ、啼鵬の代表作「Trukish」。ステージが楽しみ。

1443275626086.jpg

2015年9月25日 (金)

8トラックカラオケ

 今の若い人は、8トラックどころか、レーザーディスクも知らないだろうね。って、何の話かと言えば、カラオケの話です。

Kagoya2 テーホーは全くカラオケをやらない人なので、

レーザーディスクも8トラックも経験していませんが、

メカ的に存じ上げておりまする。

先日久しぶりに拝みました。

隣にちょっと写っているのがレーザーディスクの方。

この写真を見て懐かしく思われた方、世代が分かりますな。下手したらNationalってのも若い人は知らない!?

Kagoya3 これがそのメディア。

もっともコレの全盛期は、

「メディア」なんて言い方しませんわね。

カセット・テープみたいなものですが、事実上再生専用。今では何TBものHDDくらいのサイズですが、数分の曲が8曲。ま40~50分ってとこですか。

 1つ疑問に思ったのは、捨てないで置いてあるって事は、まだ現役!?

2015年9月24日 (木)

ヒマラヤの納豆

 我ら弦楽合奏団弓組のアジト、もとい稽古場から近い事もあって、時折利用しているレストラン。そこの納豆モノ。

Himalayanatto「納豆ダル」。

いわゆる納豆カレーですが、

これがなかなかの逸品。

 まずココのお店自体、平均値が高く、マトンやサグ(ほうれん草)など、美味しいカレーが揃っております。

 何度も来ているはずなのに、なんでこの「納豆ダル」に気付かなかったのか...。そう言えばこの日は珍しく、カレーに関しては音楽監督のテーホーに決定権が回ってきたから!?

 個人的にはライスで食べたいカレーね。

2015年9月23日 (水)

ユーフォ協奏曲、世界初演に向けて

 7月に札幌交響楽団のTuba奏者、玉木亮一さんによって、拙作「Tuba Sonata」の世界初演(2015年7月12日参照)。そして来月には「Euphonium Concerto」を発表致します。1年のうちに、ソナタと協奏曲を書くなんぞ、まるでClassicの専門作曲家のような活動。

Yumiotsreh そのリハーサルをしました。

って、写真がちょっと違いますが、

我ら弦楽合奏団弓組が、

Out of the Standardと共演。Glazunovの「Saxophone Concerto」と、啼鵬の「Euphonium Concerto」をやるというワケ。Glazunovは牛渡克之さん指揮なのでこの風景。ちなみに初めて外部から指揮者を迎えるGlazunovに関しては、啼鵬はContrabassで参加。

 この世にEuphoniumのための協奏曲が何曲存在するかというと、明らかにViolinやPianoよりは圧倒的に少ないワケで、啼鵬が作曲する1つ前の最新のは、どなたが作曲されたのでしょう?

 10月3日の新鎌ヶ谷MT Milly'sにて。乞うご期待!

2015年9月22日 (火)

Sibelius生誕150年

 生きていれば今年150歳。フィンランドの生んだ大作曲家Jean Sibelius。一般的に知られている曲は...。う~む、彼の作品で一番有名なのは交響詩「フィンランディア」である事に異論を挟む人はいないと思うのですが、あくまで水面下の話し。「一般的に」となると難しいかも。

Tpp13th そのSibeliusの曲のみで構成された、

今回の東京プロムナード・フィルハーモニカー

第13回定期演奏会。

確かにアニバーサリーなので、

オール・シベリウス・プロになりましたが、

日本ではSibeliusは人気のある作曲家なので、

アニバーサリーでなくても、こういうプログラムは十分成立するかと。

 ただ今回の特記事項としては、交響詩「エン・サガ(ある伝説)」が入っていること。これはなかなか演目に上がる事はなく、恐らく私もこれを逃したら、一生弾く機会はないだろうと、参加を決心しました。

Tpp13th3 とは言え、

相変わらず参加出来た練習日数は少なく、

よくもまぁ、

そんなんで参加しましたわね、

って感じで、

マエストロ、そしてオケの正規メンバーの方々には、ホント申し訳ないです。

 次回はも少し、たくさん練習に参加出来ますかねぇ。ご来場下さいました皆様、有り難うございました。

2015年9月20日 (日)

Mandolin合宿

 Ensemble Flaviaと初めて共演したのは2006年の話し(2006年2月12日参照)。その合宿の地が岩井海岸。って事は、ほぼ10年ぶりくらいに訪れたという事になりまする。

Mstar2015gash3 果たして何しに来たかと言うと、

来月共演するMusic☆Star Mandolin Orchestraとの合宿。

3日間のうち、

2日間参加致しました。Bandoneonの他、あの楽器でも...!?

 まぁ、岩井海岸での合宿と言えば、啼鵬には芸高の臨海合宿しかないので、その食事を頂く前のセレモニーを彼らに伝授。

Kagoya1今後も引き継いでいってくれるかしらねぇ。

芸高の伝統を早稲田に!?

ただ彼らにも伝統、

とまではいかなくとも、スタイルがあるので、アタシも合宿に参加する以上は、其れに従い...!?

Mstar2015gash2 ラジオ体操ですよ!

って、待ちなさい。

ラジオじゃなくてタブレット端末で?

しかもラジオじゃないもんだから、時間も違うし。本来ならば6:30ですぜ。更に危うく第1だけで終えようとしていたので、第2もちゃんと。ったく、しょーがないなぁ。

 じゃ、せっかくなんで、「エムスタ体操第2」とか作って、合宿時、いやいつもの練習の前に必ずやる、ってのは? ラジオ体操はPiano伴奏ですが、エムスタ体操はMandolinで出来るように。

 ん? 何故「~第2」かって? 第1が無くていきなり第2、って今の流行でしょ。イカ大王体操とか。ツッコミどころが無いとね。

2015年9月19日 (土)

ご無沙汰、岩井海岸

 芸大付属高校の名物合宿「臨海」も今やレジェンド。懐かしい土地、岩井海岸に久しぶりにやってきました。最後に訪れたのは、確かEnsemble Flaviaとの合宿だったか。  合宿のメッカであるこの地へやってきた理由は...!? 1442673238049.jpg

2015年9月18日 (金)

食べ放題ついで

 もう四十にもなって、そろそろイイんじゃないか?って感じなのに、未だに「食べ放題」という言葉に未練を感じてしまう今日この頃。

 先日の弟のリサイタル(2015年9月13日参照)。昼飯は各自でという事で、ノバホールに隣接するアイアイモールの中を歩いていると、「ピザ食べ放題」があるではないか! そうか、シェーキーズのランチ。

Shakeyslunch しかしテーホーを喜ばせたのは、

ピザの食べ放題よりも、

カレーもあったって事。

 他にパスタやサラダ、ポテト、スープ、デザートなど、下手すりゃ「ここ何屋さん?」みたいな品揃え。おかげで堪能しました。

 ちなみに未練がましい男というのは、デザート・ピザを食べた後に、「○○パスタ、上がりました~」なんて声を聞くと、またそのパスタを食べる。これで打ち止め、と思っていると「○○ピザ、焼き上がりました~」となって、またそれを食べる。

 よくないなぁ、やっぱ年を考えないと。

2015年9月17日 (木)

弦楽男子

 ここ数年指導をさせて頂いている、茨城県の高校生弦楽合奏団。今年のチームは土浦一高、勝田高校、並木中等教育学校の皆さん。

Kigakukangen2015b 何となく見渡すと、

今年は男子の割合が多いような...。

つまりは新入生に男子が多かったという事か。

 毎年の事ですが、メンバーは幼い頃から習っていた人もいれば、高校に入ってから始めた人も。その技術格差をどう埋めるかが、我々指導する側の悩みどころ。

 取り分け私は選曲を任されているので、取り上げる曲によっては、とんでもない結果になりまする。弦楽合奏のレパートリーは、膨大な数がありますが、有名なのはごく一部。もちろん、この現場では曲の知名度はあまり問題にはなりませんが。

Kigakukangen2015a 啼鵬は全体合奏の他に、

Violaの個別指導を担当。

そして合間に他のパートも見学。

特に勉強になるのはContrabassパート。アタシの先輩が指導されているのですが、これがまたスバラシイ。体当たりガチンコ系の指導で、毎回勉強になりまする。

1kokyukosha この日の会場は土浦一高。

旧本館は文化財に指定され、

ドラマや映画の撮影にもよく使われます。

一般公開もされているので、いつかは中に入ってみたいのですが、なかなか機会に恵まれず...。

2015年9月16日 (水)

おっかく

 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校は、国立で唯一の音楽学校なので、全国から受験者が集まります。啼鵬の学年も北は北海道から南は九州まで。方言のるつぼ。

Okkaku1 そんな色々な言葉を喋る人達がいる中、

この「おっかく」が通じなかったときは、

かなりショックでした。

と言うよりも、

其れによって自分が茨城県人だ、

というのを自覚しました。これが通じたのはうちの学年のもう1人の茨城出身者のみ。

 尤も「おっかく」と言ったワケではなく、「おっかけた」と言ったのですが、これが「追いかけた」と思われ、話しの前後関係から、全く会話が成立しませなんだ。

Okkaku2 ここに説明がある通り。

敢えて漢字で書くならば、

「おっ欠く」「おっ欠いた」という事になりますな。

この説明では北関東、つまり群馬や栃木も入りますか。そちらの方々の確認はしていないので分かりませんが、取り敢えず茨城全域で使われていると思われます。さすがに「ぶっかく」や「わっかく」は、県南では聞きませぬ。爺ちゃん婆ちゃんが言うくらいか。

Okkaku3 使用例のおさらい。

「あ、お茶碗、おっかけちった」

という具合。

 漢字だって充てられるし、しかも接頭語の「お」まで付けて、丁寧な(!?)言い方なのに、これが標準語でないとは!

2015年9月15日 (火)

髭剃りの試供品

 ある日突然届いた髭剃り。何か懸賞でも当たったのかと思いきや、よく見たら「試供品」。どうやら某ポイント・カードの会員向け?

Higesorishikyo この種のものは、もしかすると、

啼鵬のような人間が一番喜ぶかも。

実はアタシ髭剃りなんて何でも良くて、

写真に写っている実物の方は現在使っているものですが、其れも某ビジネスホテルに泊まったときにもらった試供品。使いやすいんで、そのまま使い続け早5年。その間、消耗品の替え刃も結構買いました。

 こういのって「本体は安く出して消耗品で元を取る」というスタイルでしょう? PCのプリンタがその代表選手ですが、つまり啼鵬はその商法に引っ掛かった(!?)、模範的サンプルってとこでしょうか。

 んなもんで、今回のも喜んで使いました。そもそも前のも刃が5枚も付いていて驚きましたが、今回のは其れに加え、お肌に優しい何とかって薬が塗ってある。剃った後はツルツル、って言うよりもヌメヌメ!

 う~む、ここまで刃の部分が動いてしまうと、逆に剃りにくいな。作った側は肌の凹凸に対応するようにって事なんでしょうけど。ま、添付していたジェルは悪くない。でも今のを使い切ってからだから、買うとしても相当先の話。そもそもテーホー、毎日は髭剃らないし。

2015年9月13日 (日)

松本佳秋ヴァイオリンリサイタル

 雨男は返上した啼鵬。尤も今回のメインは弟。私は賛助出演。ではありますが、今までの例では、聞きに行っただけでも雨、という事もありましたしね。

Keshurecit2015j 無伴奏のSoloから、

PianoとのDuo、

それもピアニストは2人なので、

2種類のDuo(!?)。更にBandoneonとのDuoや弦楽四重奏まで、編成だけ見ても、かなりバラエティーに富んだもの。

 そして曲もJ.S.BachからHaydn、Mozart、そして葉加瀬太郎氏や啼鵬に至るまで、かなり幅広いプログラムとなりました。

Keshurecit2015f お忙しい中、

会場に足をお運び頂いた皆様、

有り難うございました。

弟に代わって御礼申し上げます。

2015年9月12日 (土)

リサイタル前夜

 昨年は自身の四重奏団の演奏会、その直後に計画が持ち上がり、あれよあれよという間に、本番前夜。今回は自分の名前を冠しての演奏会。

Keshu2015しかも「リサイタル」と銘打っているので、

これは相当ガチンコで臨まないといけない。

本来はどう区別されるものかは知りませんが、

日本では一般的に「リサイタル」というと、

研究論文発表のようなもので、

自分はこれだけ勉強しました、

こんな事が出来ます、というのを披露する場。当然マニアックにもなるし、技術やら音楽性など、「追求」する事が目的。

 ちなみに作曲家だと「リサイタル」とは言わず、個展とか「何某作品演奏会」とか。つまりは自分の作品のみの演奏会。ポップスに置き換えれば、カバー曲ナシ、オール・オリジナル・プロってところ。

 で、とうとう明日になってしまいました。兄として手伝える事は全力で。皆様、ノバでお会いしましょう。

2015年9月11日 (金)

昨日の茨城

 時折全国ニュースで大々的に報道される茨城は、今まであまり良い事は無かったように思いまする。

Ibaraki910a どうも鬼怒川は、

栃木の川のイメージが強く、

土浦に住んでいると、

全く縁がないのですが、決壊してここまでの被害を及ぼすとは、悲痛の限りです。度々氾濫してきた小貝川、特に30年ほど前のが被害甚大でしたが、其れを上回る規模なのでしょう。

 50年に1度とも言われる大雨で、栃木県と茨城県は特別警報が発令。土浦市も避難勧告がありました。確かに霞ヶ浦に注ぎ込む桜川流域は、見るからに危険な地域と言えます。

Ibaraki910c 我が家の近くの桜川は、

少し上流のため、

川幅も狭いですが、

ここまで水位が上がっているのを見た事がありません。

 実は多くの方々から、啼鵬の安否を問うメールを頂きました。こちらは普通の生活をしております。

 今回の台風18号で被害を受けた茨城県内、そして県外の方々、心からお見舞い申し上げます。

2015年9月10日 (木)

野菜の多いセットメニュー

 このお店には、以前入った事があるような、無いような。同じ場所の店なので、もし代替わりしていなければ、同じという事になるのですが。

Menyakatsuヘルシー・セットと名付けられた、

野菜が多いメニュー。

サラダの他に、

餃子も野菜餃子なので、タンパク質は少なめ。

 ま、ラーメンを食べるという時点で「ヘルシー」という言葉とは相反するワケで、このメニューも解釈次第といったところか。

 ちなみに以前入った記憶では、麺が緑色(2012年11月14日参照)。そのメニューは消えていました。店の雰囲気は同じ感じ。同じ店なのか、違う店なのか...。

2015年9月 8日 (火)

なんじゃこら

 もう何年も宮崎に通っていながら、なかなか手がでなかったもの。気にはなっていたのですが。

Nanja1 もちろん大福の方。

チーズ饅頭も、

もちろん食べたいですがね。

で、このときはうどんだけではモノ足りず(2015年9月5日参照)、デザートに買って帰りました。

Nanja2 なかなかのボリュームで、

期待を裏切りませんでした。

ただね、

どうも大福は粉が落ちて、周りが汚れるのよ。名人は少しも汚さずに食べるんだろうなぁ。

2015年9月 7日 (月)

ビーフンを紹介

 時折見かける店名。でもチェーン店でも無さそう。宮崎でも見かけたので、入ってみました。

Minminbeefun本来の(?)店だと、

餃子がウリだったような気がします。

大阪で入った店はそうでした。

ここも餃子は美味しかったです。しかし隣の焼きビーフン。これが何とも...。フツーにあの赤い缶、いや今は白?で味付けすれば、標準的なものが出来ると思うのですが、あまり味がしませんでした。

 しかも隣のテーブルの御仁。「あのぅ、其れ何ですか?」と聞いてきた。ビーフンを知らんのね。「焼きビーフンです。美味しいですよ」と言ってしまいました。食べる前だったので。御仁は「じゃ、次に来たときは其れで」だってさ。

Acchicchi で、口直しにたこ焼き。

この12個で¥400という、

恐らくこのエリアでは最安値!?

そこに落とし穴がありました。8個¥580とか、そういうお店もあったので。う~む、厳しかった。

 2015年の宮崎最後の夜は、なかなか充実した時間を。探検隊として。

2015年9月 6日 (日)

宮崎で魔法

 あのカレー屋さん(2008年11月25日参照)が姿を消してから、なかなか宮崎でカレーを食べる機会に恵まれませなんだ。そして今回は、都城への移動途中に、すっごく気になる店を発見。

Mahosoup1 店の名前は、

どうしたってあの店を彷彿と...。

で、

店名が「~スープカレー」なもんだから、看板メニューを。

 これ、どうかなぁ。テーホーのように安上がりな味覚だったら全然OKなんだけど、王子のようなクォリティの高い味覚の持ち主は、う~む...。

Mahosoup2 それより、

こっちの方はイイかも。

カレーにレモンをかける、

というのが、どこまで効力を発揮するかは分かりませんが、次に来たときは、こちらのメニューかな。

2015年9月 5日 (土)

宮崎と言えばうどん

 麺類では蕎麦が一番好きなテーホー。なので普通に生活していると、うどんを食べる事は殆ど無く、鍋物のシメに食べるくらいか。

Kicchosansai なので、

せめて宮崎にいるときくらい、

うどんを食べまくろうか!?

って、変な言い方ですが、まずはチョー定番のお店。昼間は混んでいますが、行ったこの夜の時間は、割と空いていました。

Toyokichisansai こちらも定番の店。

先の店と宮崎で人気を二分する、

と言っても過言で無いか。

せっかくなので同じメニューを。山菜そばです。おにぎりが白すぎて、ハレーションを!?

Nobuyaudon で、極めつけはコレ。

ラーメン屋さんで食べたうどん。

なので今回のカテゴリーも「らーめん」で。

ここのラーメン、食べた事ないのですが、このうどんからすると、イケるのかも知れませぬ。次回宮崎に行った際は是非とも。

2015年9月 4日 (金)

更に小さなお客様

 思えば南九州大学の「うたごえ広場」と(2015年9月2日参照)、みやざき子ども文化センターでの「街の小さな音楽会」。これは昨年もやらせて頂いたので、宮崎でのセット・メニュー!?

20150806165415_1_690 「街の小さな音楽会」は、

今年で3回目。

様子も大分分かってはいるのですが、

何しろ相手は小さなお子さん。

しかも今回は特に、

数ヶ月のお子さんが多かったようです。

もはやお母さん達のためのコンサートねぇ。

 しかし演奏していると、物珍しいのか、楽器の方に寄ってくるお子さんも。

Miyakodomo2015 見渡すと若いお母さん方。

恐らくは「だんご三兄弟」のときに、

もろリアルタイムで子ども時代を過ごしているのでは?

今回は我々がやった「小さな街の音楽会」の中では、一番お客さんが多かった感じです。ご来場有り難うございました。

2015年9月 3日 (木)

夜のおしゃべりコンサート

 宮崎を拠点とするViento del Surの2015年シーズン第2弾は、リーダーの外山友紀子さんの出身地、日南市での公演。

Oshaberikitagoしかも「夜のおしゃべりコンサート」なんてタイトル!

それでかぁ...。

プログラムの進行表をもらったときに、

やけに喋る部分が多かったような。

アタシ、喋りすぎていなかったかしら。

思えばここ日南市、

Viento del Sur発祥の地と言って良いかも知れませぬ。最初に3人で演奏したのは飫肥でしたから。もちろん当時はまだこのグループ名はありませんでした。

Kitagofureai1 会場に到着してみると、

ほぅ、なかなかこぢんまりした会場で、

3人の室内楽にはぴったり。

ただ今日は来客見込み数がかなり多いため、席をどうやって確保するか。ちなみに舞台は稼働式で、両脇のステージ下に椅子が収納してあります。

 それらを出して空いたスペースに並べました。

Kitagofureai2 そしてこのフォーメーション。

たくさんのお客様にお越し頂きました。

有り難うございました。

 ところでこの日もやはり、朝方は雨。しかも宮崎市内は結構降っていました。しかし次第に止んできて、午後に日南に移動する頃には全然。会場に着いたときには、雨って何ですか!状態。

 2日も続けば、啼鵬が雨男卒業の証明には十分!

2015年9月 2日 (水)

うたごえ広場 第55弾

 Viento del Surの2015年最初の演奏は、南九州大学でのうたごえ広場。昨年も出演させて頂きました(2014年9月28日参照)。

Utagoe55th2 そう言えば何で「うたごえ広場」って。

我々Viento del Surのときは、

演奏会スタイルですが、

普段は全く違うんですって。このPianoでもって伴奏をして、みんなで歌を歌う。いやぁ、年に1度だけしか来ないので、普段が分かりませぬ。

Utagoe55th1 実は今回、

演奏をしながら客席を見ると、

少し小さなお子さんもいたので、

プログラムの曲目を途中で変えました。お子さんにも喜んで頂けたかしら。

 ところでこの日の天気。宮崎市を出るときは晴れていたものの、都城に入ると雨。しかし本番の時間は止み、また宮崎市に戻ると雨。かつては雨男でならした啼鵬。近年は雨を追い払う男になったようでございまする。

2015年9月 1日 (火)

宮崎での2015年シーズン始動

 昨年はアルバムも制作したViento del Sur(2014年7月15日参照)。そのレコ発もなかなか関東では出来ないままになっていますが、今年も活動開始。

Miyazakinight2015 何しろリーダーの外山友紀子さんは宮崎、

Guitarの金庸太さんは埼玉、

そして啼鵬は茨城。

埼玉と茨城はともかく、やはり宮崎は遠い...。限られた時間でのリハーサルとステージ。啼鵬が宮崎入りしたこの日は、まずリハーサルを。

 明日9月2日(水)は南九州大学での演奏。以前にもやった「うたごえ広場」の第55弾。前回出演したのは第45弾だったみたいです(2014年9月28日参照)。18:00から。お時間のある方は是非。もちろん入場無料です。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ