最近のトラックバック

« 弦男子 | トップページ | この方も150歳 »

2015年9月30日 (水)

啼鵬の協奏曲

 今週末に迫ったOut of the Standardと弦楽合奏団弓組の共演。

Otsyumi思いついたのは、

Glazunovの「Saxophone Concerto」がきっかけ。

学生時代から須川展也氏との共演で、

プロ活動を開始しましたが、

そのときによく聞いたのがこの曲。

アタシが出演するのはたいてい後半。

前半はSaxとPianoでのプログラム。当然Saxのためのオリジナル曲をやるので、このGlazunovも頻繁に。

 そしてEuphoniumの方は? となったときに、同じく弦楽合奏伴奏の協奏曲を書く事を思いつき、今回初演の運び。

 実は啼鵬、これまで協奏曲、もしくは協奏曲スタイルの曲は書いたものの、なかなか演奏されませなんだ。大学3年のときに書いた「Bandoneon Concerto」も、結局は演奏の機会に恵まれず。卒業作品はSolo Clarinetと弦楽のための作品。これも未だ初演されず。

 敢えて言うなれば、Pianoの小品をピックアップし、其れに室内オーケストラの伴奏を付け、協奏曲風に仕上げました。大学の芸術祭で初演。その後、高校時代の恩師がSolo Pianoを担当し、啼鵬が指揮をして再演。

 ちなみにこの曲の初演と再演。両方にNAOTO君が関わっていて、再演のときはコンサート・マスターもやってくれました。其れも前世紀の話...。

 そんな啼鵬の久しぶりの新作協奏曲。是非、歴史的瞬間に立ち会って下さい。10月3日に新鎌ヶ谷MT Milly'sで。

 それにしても何でアタシ、いつもセンターなんだろ。

« 弦男子 | トップページ | この方も150歳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/62385918

この記事へのトラックバック一覧です: 啼鵬の協奏曲:

« 弦男子 | トップページ | この方も150歳 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ