最近のトラックバック

« 啼鵬の協奏曲 | トップページ | Out of the Standard with Strings »

2015年10月 2日 (金)

この方も150歳

 フィンランドの生んだ大作曲家Sibeliusは今年150歳。どちらかというと管弦楽曲の演奏される機会が多いため、オーケストラの演奏会では大々的に取り上げられます。

 が、しかし今回、Out of the Standardのライブで演奏するAlexander Glazunovも同い年!

Glazunovsax ロシアに於いては大作曲家ですし、

門下生にはShostakovichなど、

教育者としても非常に功績のあった方。

作品も多く、

交響曲だって未完を含め9曲。

管弦楽曲から室内楽曲まで、幅広く残しました。しかし日本ではイマイチ、演奏される機会に恵まれない...。

 そんな中、この「Saxophone Concerto」は、「Violin Concerto」と並び、比較的演奏される機会があるかと。ロシアの作曲家は割とSaxophoneを使うのですが、協奏曲まで書いたのはGlazunovくらいでしょうか。彼はSaxophone Quartetも残しています。

 どうやら書かれたのは、およそ80年前。今回初演する啼鵬の「Euphonium Concerto」と80年の開きがあります。2つの協奏曲を並べると、そういう聴き方も。尤もGlazunovと啼鵬では、全く器の大きさが違いますが...。

 今回OTSの誇るSaxophone奏者、大和田雅洋氏によるGlazunov。ご期待下さい!

* * * * お知らせ * * * *

   Out of the Standard with Strings

   2015年10月3日(土) 14:00 Start

     新鎌ヶ谷駅前 MT Milly's

« 啼鵬の協奏曲 | トップページ | Out of the Standard with Strings »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/62394377

この記事へのトラックバック一覧です: この方も150歳:

« 啼鵬の協奏曲 | トップページ | Out of the Standard with Strings »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ