最近のトラックバック

« Out of the Standard with Strings | トップページ | 弦女子 »

2015年10月 5日 (月)

マシーン・トラブルを乗り越えて

 プログラムの一番最後に据えた啼鵬の新作協奏曲。つまりはそのコンサートのメイン・プロではあったのですが、作曲者の格で言ったらもう一方の協奏曲の作者、Glazunovの方が断然上。っつーか、比べるレベルじゃぁない。

 そのGlazunovの「Saxophone Concerto」のソリストを務めた、我らがOut of the Standardの誇るSax Player、大和田雅洋兄ぃ。なんと前日のリハーサルには愛器のトラブル。このままでは満足した演奏が出来ない状態。もう楽器屋さんも閉まっている時間だし...。

Masanirepair_5 そこで楽器店勤務の経験のある子分、

もとい、お弟子さんを呼び、

応急処置を。

使用に耐えうる状態にしてもらいました。さすがですわ。何しろGlazunovを吹くワケですから、って何の曲を吹こうが同じなんですが、楽器は良い状態で演奏に臨みたいもの。このリペアマン、おっとリペアウーマンは公演の陰の立て役者です。

« Out of the Standard with Strings | トップページ | 弦女子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/62418327

この記事へのトラックバック一覧です: マシーン・トラブルを乗り越えて:

« Out of the Standard with Strings | トップページ | 弦女子 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ