最近のトラックバック

« Yaeのおいしいコンサート | トップページ | 小ぶりのGuitar »

2015年10月26日 (月)

大城正司サクソフォーンリサイタル【SAXOCASA Vol.5】

 この企画をよく分かっておらず、5回シリーズの今回は最終回だったのでした。私も毎回ご案内は受けるものの、行けたのは1回のみ。それはVol.2(2012年10月13日参照)。

1442021536129 そして今回、

最終回に組み込まれたプログラムは、

なんと啼鵬作品。

そう、今月は「Euphonium Concerto」に続いて(2015年10月4日参照)、

SaxophoneとPianoの作品も世界初演を迎えたのでした。

 一月の間に2つもの世界初演を抱えるというのは、アタシもあまり記憶にございません。もちろん、こういったClassicの作品で。つまり同じ月でという事は、その2作品は並行して作業を進めなくてはいけませぬ。

 「Story-Like Suite」とタイトルした組曲。「物語のような組曲」とでも訳しましょうか。「Prologue」「Toccata」「Waltz」「Intermezzo」「Rondo」「Epilogue」から成ります。タイトル通り、これらは全てつながる「物語」です。

 Classic作品の初演は、其れ1曲という事は稀で、たいていは他にも作品が並びます。新曲が2時間もかかる超大作なら別ですが。今回もSaxophone作品としては定番のPaul Crestonの「Sonata」など。いつも思うのですが、こういった中にアタシの作品が並ぶ。何ともおこがましく、恥ずかしいったらありゃしない。

 委嘱をし、初演をして下さった大城正司さん、Pianoの西川幾子さん、本当に有り難うございました。でも幾子姉さん、プログラムの解説、年齢間違ってますヨ。妹さんの同級生なんだから。

« Yaeのおいしいコンサート | トップページ | 小ぶりのGuitar »

コメント

なんか、ウキウキするようなタイトルだ!!
吹いてみたいっす!!!

> 中村屋@鳥取さん
 タイトル負けしないと良いのですが...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/62551081

この記事へのトラックバック一覧です: 大城正司サクソフォーンリサイタル【SAXOCASA Vol.5】:

« Yaeのおいしいコンサート | トップページ | 小ぶりのGuitar »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ