最近のトラックバック

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

パワーアップした年越しラーメン

 ここ数年頂いている年越しラーメン。今年はなんと自家製麺に!

R0013978今までだって十分美味しいのですが、

更に味への飽くなき探求!

料理のプロとしての鏡ですわ。

そして同胞されていたものにコレも。

R0013977どんぶり、かっちゃんオリジナルの。

スープを飲み干したときにこの文字。

なので今回もこれを使わない手は無い!

 いつも通りにお湯を沸かし、スープはストレート・タイプなので、湯煎で温めた後に加熱。

Pc310201そして出来上がり。

シロウトの私でもこんなに美味しそうに!

って、実際美味しいんですが。

 これをお昼ご飯に食べた後、なおとくんとていほうくんのカウントダウンライブへ出かけたのでした。その話も後日。

2015年12月30日 (水)

5年ぶりの共演

 今回のNAOTO君のディナー・ショーでは、5年ぶりの共演となった人物が。しかもその5年前は石川県は金沢で(2010年7月20日参照)。

Naotoimp2015c このヒト。

Drumsを担当した小林洋二郎君。

「ドラムも叩けるサーファー」がウリ!?

ちなみになおとくんとていほうくんには創世記から関わっていて、伝説をいくつも残しているオトコ。なおていのステージに花嫁衣装で登場した事もあった...。

 そんなヨージロー君も今やオーケストラをバックにソリストを務めるほどの出世。今回もNAOTO君をしっかりサポートしておりました。

2015年12月29日 (火)

NAOTO Symphonic Dinner Show 2015

 帝国ホテルのでディナーショーは2回目のNAOTO君。前回はもう3年前なんですねぇ(2012年12月2日参照)。

Naotoimp2015今回も音楽監督というポスト。

何だかねぇ、

たいした仕事もしていないし、

申し訳ない感じです。オーケストラのメンバーは腕達者が集まっているので、アタシがいなくともちゃんと回る。もちろん編曲関係は大変ですが、それは本番まで、いやリハーサルまでのハナシ。

 本番中は客席でゆったり聞くってのがいいんじゃないかなぁ、音楽監督は。ラグビーの監督みたいに。

 NAOTO君もですが、オーケストラの皆さん、そしてスタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。

2015年12月28日 (月)

終身名誉音楽監督

 山形でのプロジェクトの続きです。実は先の記事(2015年12月27日)。どうやらPCのブラウザで見る場合と、スマートフォンで見る場合とで、写真の見え方が違います。ま、その説明は後日する事にして、本来写真には音楽監督の栃尾克樹氏が写っております。

Dsc_2099_2この方に初めてお会いしたのは、

啼鵬が大学を出たばかりの頃。

出演した演奏会を聞きに来て下さいました。

その打ち上げでの話が面白く、それまで関西人=NAOTO君というイメージしかなかった啼鵬に、新たなデフォルトが植え付けられた感じでした。

 しかしその後は、たいした接触もなく、ご活躍を遠巻きに傍観しているのみ。しかも気が付くと、高橋悠治氏などの啼鵬からしてみれば、「超」の字が冠に付く日本楽壇の重鎮と共演。そういう方と共演出来る栃尾氏と啼鵬では格が違い過ぎ、今回のプロジェクトも、加わるのがおこがましいくらい。

 ま、楽譜だけ提供して、あとは受付とか手伝うってのもアリかもね。

Dsc_2101今プロジェクトの中心メンバー。

この写真でも啼鵬は末席にちょっと。

栃尾氏には「終身名誉音楽監督」というポストについて頂き、

プロジェクトの象徴に。

2015年12月27日 (日)

新たなSaxophone Project始動

 Saxophoneの専門演奏家でもない啼鵬が、また新たなプロジェクトに参加。プロジェクト自体は今年から始まっていて、そのときは編曲のみの提供。しかし今回は加えて演奏や指揮も。
 山形市で開催されるサックス日和。音楽監督には東京佼成ウインド・オーケストラの奏者である栃尾克樹氏を迎え、県内外の演奏家が集結。
 今回その初練習でしたが、啼鵬の馴染みの顔ぶれも何人か居て、久し振りの彼らとの音楽作りが楽しかったです。
 音楽監督の栃尾克樹氏は私の10コ上の先輩。この代はスッゴい人材をたくさん輩出している学年。栃尾さんも例に漏れず、素晴らしいプレイヤーです。
 本番は来年5月。楽しみです。

1451223430330.jpg

2015年12月25日 (金)

山形で広島風お好み焼き

 店舗数は日本一なのに、「~風」と言われてしまう、というポスターがありますが、広島スタイルのお好み焼きは、実は日本でも最も広まっている!?...ハズ。以前には福島市にある、広島風お好み焼きの店が、何度かこのBlogに登場しました(2013年12月10日参照)。

Brownies 今回は山形県は山形市にある、

広島風お好み焼きを提供する店。

ただお店のメインは其れではなく、

わんこがいること。

そっちの写真が撮れなかったので、

なんともビミョーな記事ですが、お好み焼きはこの通り。紛う事なき広島風お好み焼き。

 惜しむらくは、作っているところが見えない事。広島風お好み焼き屋さんの多くは、カウンターで焼くところが見えます。啼鵬も15年以上広島に通い、様々な店を見て回ったので、手順はよく分かってはいます。

 やはり目の前で焼いている、というのは大きいかと。

2015年12月24日 (木)

ひきわり納豆そば

 蕎麦に納豆というのは、取り立てて珍しいものではありませんが、「ひきわり」とわざわざ銘打っているのは珍しいかも知れませぬ。

Marusinnatto この店は、

もともと蕎麦も美味しいので、

期待もしていました。

果たして、納豆はその場で叩いて挽き割りにはしていないようですが、トータルとして良い感じ。

 言ってみれば「納豆」だからといって、何か奇をてらう事をするのではなく、メニューとしてきちんと成り立たせれば、良いものが出来上がる、というコトでしょう。また納豆以外のものを無駄に添えていないところも良いですな。

 食べ終えてみると真っ向勝負を受けた感じで、良い印象でした。

2015年12月23日 (水)

松本兄妹復活

 久しぶりの妹との演奏。

Azur2015b思えば我ら兄妹に一本茂樹君を迎え、

ライブをした事がありました(2007年9月26日参照)。

確かそのときは妹の担当は歌のみだったか...。

今回はViolinとVocal。私もPianoに専念し、季節の歌から有名曲までカバー。残念ながら会場にはPianoが無かったので、電子Pianoを持ち込みました。

Azur2015c 終えた後には、

このクリスマス仕様(!?)のデザート盛り合わせ!

...って、食事の前だったんですが、

頂きました。

 ところで「松本兄妹」というユニット名。

やはり「松本兄弟」とカブるので、改名せにゃ。

2015年12月22日 (火)

クリスマスのミュージッ食う♪

 月に1度の出演ですが、今月も「啼鵬と七海良美のミュージッ食う♪」をやってまいりました。

Musicoo04今回はクリスマス仕様!?

啼鵬もかりゆしにサンタ帽。

ついでに楽器も赤くしたいくらいでしたが。

演奏曲も「The Christmas Song」を。もう1曲はPiazzollaの「Revirado」。Tangoにはクリスマスにちなんだ曲は皆無なので...。

 ところでこの日、スタジオでバッタリ!

Musicoo06 東京ヴァイオリンの佐久間遙さん。

同じ茨城県人同士!

今年はA.R.C.の前座もやって頂きました(2015年2月8日参照)。

東京ヴァイオリンの皆さんもクリスマス仕様でしたねぇ。

 年が明けて来月は1月26日の放送です。乞うご期待!

2015年12月21日 (月)

カレーとラーメンの店

 カレーとラーメン、両方メニューにある店は、特に珍しいワケではありませんが、其れをウリにしているのは余程のこと。

Akky2更に「カレーラーメン」なるメニューもあるので、

今回は其れを注文。

思えばカレーうどんは食べた事があっても、

カレーラーメンは生まれて初めてかも知れませぬ。あ、カップヌードルは別ですケド。

 何しろ生まれて初めてなので、ナニが標準なのかも分からないまま食べました。このカレーラーメン、ベースとなるラーメンがあって、それにカレーがかかっているのか? それともスープがちょっとだけユルいカレーなのか? どうもビミョーな感じ。尤も美味しければンな事はどうでもイイんですが。

 それよりも、服を汚さずに食べる事に集中し、たいして味わっているヒマはありませなんだ。

 ちなみに、写真にも1つ見えているのがカレー。これがねぇ。王子はなんと仰るだろ。トッピングの焼き豚が、とても香ばしい。いや、とぉーっても、香ばしい。こりゃカレーを上回っちまっている。

 ところで今回の記事、「カレー」と「ら~めん」、どちらのカテゴリーに入れるか迷う前に、「OOSAKI病」カテゴリーに。実はこの店にたどり着くまでに数軒、症状が出ました。

2015年12月20日 (日)

透明人間のPiano

 我ら弦楽合奏団弓組が普段稽古をしている会場。この日はロビーでPiano演奏が聞こえていました。

Takinogawapiano2 でもプレイヤーが見当たらず。

なんと自動Piano。

久しぶりに見ました。

独りでに鍵盤が下がる自動Pianoを初めて見たときは、結構驚いたものです。今回もうちのチビは「お化けが弾いているみたい」と。

 さて、その弦楽合奏団弓組の定期公演も1ヶ月を切りました。準備も着々と進んでおりまする。乞うご期待!

2015年12月19日 (土)

いこいの郷常総

 たまたま検索して知った施設。2012年オープンだそうな。宿泊も出来る入浴施設? まぁ、お風呂に入るのが目的で検索したので。
 夜に来たので辺りは真っ暗。しかもカーナビが教えてくれた道は行き止まり! 施設は見えているのに、なかなかたどり着けませなんだ。
 故に、ようやく入浴出来たときは感無量!? 茨城県内は既に氷点下を記録。ようやく半袖啼鵬シーズン到来といったところ。温泉でなくとも啼鵬には十分。

1450527679858.jpg

2015年12月18日 (金)

Double or Triple Header!?

 2回目の出演となった創遊・楽落らいぶ(2015年12月17日参照)を終えると、次の現場へ。実は前回出演したときもダブル・ヘッダーで、夜はViolinの金子飛鳥さんとのライブでした(2009年5月30日参照)。しかも雨...。

Tmuxmas2015b 次の現場とは、

勤務する看護学校の系列病院での、

クリスマス・コンサート。

実はこっちも、

前回は大変な思いをしました(2013年12月19日参照)。

まぁ、このシーズン、演奏会はたくさんありますので、ダブル・ヘッダーも珍しいものではないのですが、創遊・楽落らいぶにしろ、このクリスマス・コンサートにしろ、ダブル・ヘッダーになりやすい!?

Tmuxmas2015c 演奏はA.R.C.でご一緒している、

Guitarの角圭司さんと。

その後に、

看護学生によるキャンドル・サービスとコーラス。そちらの伴奏もしたのですが、「We Wish Your Merry Christmasはテンポを速めにして下さい」と頼まれ、言われた通りにすると、なんと授業ではやっていなかった、振り付けやHand Clapまで入り、ちょっとビビりました。

Tmuxmas2015d 演奏を終え、

角さんも私もレッスンへ。

演奏の本番のみならず、

レッスンも抱えていたので、トリプル・ヘッダーか...。この時期はどうしてもネ。

2015年12月17日 (木)

創遊・楽落らいぶ Vol.32

 落語と音楽のコラボレーションというコンセプトの「創遊・楽落らいぶ」。実は以前にも出演させて頂きました(2009年5月30日参照)。

Soyu32thもう32回を迎えるんですねぇ。

前回が8回目。

って、そんな前だったか...。

実は長く続くには理由もあり、

いまやこの企画、

当日の終演後には、

次回のチケットを買って帰る人が3分1くらいいるようです。そしてお客さんの入りも、あの東京文化会館小ホールが、かなり埋まります!

P_20151217_100444 前半は30分ほどのミニ・コンサート、

後半が落語ともコラボ。

今回はFlute奏者の七海良美さんと演奏致しました。

 落語は桂竹丸師匠。彼は本名で活動していた頃、「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ)に出演されていました。我が家でNHK以外許された、数少ない番組。小学生の頃、土曜日は午前中授業だったので、終わって急いで帰ってくると、だいたい12時15分くらい。お昼ご飯を食べながらよく観ていました。残念ながら師匠が出演していたのは、啼鵬が観だしたちょっと前のようです。

Soyu32th1 落語の筋書きはあるものの、

当然、一言一句全く同じ、

という事ではないので、

音を奏でるコチラも、タイミングをはかるのが大変。しかしその緊張感が、基本演奏しかしない我々には新鮮でした。

 圧巻は七海さんのホラ貝! Bass Fluteで奏でたあの音は、なかなか面白かったですね。

 ご来場下さいましたお客様、有り難うございました。

2015年12月15日 (火)

懐かしのスタジオ

 久しぶりに訪れたスタジオ。何年も前に録音。

Gokstudio1ナニ1つ変わってない感じでした。

録音スタジオは地下にある事が多いのですが、

ココもそう。

そしていかにも地下にあるって感じの部屋。

 啼鵬は相変わらずいくつかの楽器を奏しましたが、恐らく仕事史上初。1つの音しか出さなかった楽器も。

Gokstudio3ま、これまで用意はしてきても、

使わなかった楽器もありますし、

1音でも音を出せば、

上出来かも知れませぬ。

2015年12月14日 (月)

Figur初アルバム

 10周年を迎えたFigur Saxophone Quartetは今年、初めてのアルバム制作に取り組みました(2015年10月7日参照)。発売日は17日なのですが、今回のリサイタルで先行発売!

Figurcd 啼鵬作品を3曲も収録して頂きました。

しかもそのどれもが、

啼鵬を語るに欠かせない作品ばかり。

 先の記事でも書きましたが、作曲年代も1990年代、2000年代、2010年代と、偶然ながら10年刻み。

 1990年代は「モダン・チャルダッシュ」。「チャルダッシュ」と言うと、モンティの作品がチョー有名ですが、そもそも「チャルダッシュ」とは曲名にするのはおかしくて、いわゆるジャンル名、もしくはスタイル名というか。言ってみれば「ジャズ」「演歌」「クラシック」というタイトルの曲があるのと同じ。そんな曲あります? 5分弱の短い曲ですが、啼鵬を知るに十分な曲。

 2000年代は「Dancing Momonga」。あのモモンガ・シリーズのブルースチックな曲。なおとくんとていほうくんの「今日の楽器のコーナー」で発表しましたが、現時点ではこの曲の最も活かした編曲が、このSax Quartet版です。

 そして2010年代は「along with you」。自他共に認める代表作。Sax Quartet版はFigurが演奏してくれていますが、今回は改訂版を。

 Sax関係者だけでなく、是非とも啼鵬に興味のある人に聴いてもらいたいですね。foster musicより。

2015年12月13日 (日)

Figur Saxophone Quartet 6th Recital

 前回第5回が2012年の12月でした(2012年12月14日参照)。今年結成10周年という節目の年になったFigur Saxophone Quartet。彼らの事は何度かこのBlogでも触れました。

Figur6thメイン・プログラムに、

ミュージカルものを取り上げる事が多く、

これまで「Riverdance」

「Miss Saigon」

「CATS」ときて今回は、

「The Phantom of the Opera」。

ちょっと前にはフィギュア・スケートで大流行!

 今回はMozart「Divertimento K.136」と「The Phantom of the Opera」以外は、Saxophone Quartetのオリジナル作品。定番のAlfred Desenclosから樽屋雅徳氏の新作初演に至るまで、Saxophone関係者にはたまらぬプロだったかと。

 さて今回アタシはというと、そのメイン・プロの編曲。彼らの演奏を聞くにつれ、リハーサルに付き合えなかったにも関わらず、どうしてこう、啼鵬の思い描いた通りに具現化してくれるのか。

 もちろん自分の書いたスコアがあるにも関わらず、現場に行って「あーだこーだ」言うなんぞ、シロウト作曲家のような事はしませんが、彼らが如何に啼鵬のスコアを読み込み、消化し、更に自分達の表現として外に出しているか。こういうのは一朝一夕にしては成り立ちませぬ。尤も彼らも啼鵬のスコアとの付き合いも短くないですし。

 そしてここで敢えて讃えたいのは、Pianoの小原木ひとみさん。素晴らしい演奏を有り難う。啼鵬が聴衆に伝えたい事を、全て表現して下さいました。この現場でしかご一緒していませんが、Figurの5人目のメンバーとして、啼鵬スコアには欠かせないプレイヤーです。アタシが言うのも変ですが、これからもFigurのこと、ヨロシク。

2015年12月12日 (土)

焼きラーメン

 時折見かける「?」なメニュー。今回は「焼きラーメン」。いろいろ想像は出来るものの、例えば以前「石焼きチキンラーメン」なるものは食べたコトがありました(2013年9月10日参照)。石焼き鍋にラーメンがよそってあるもの...か。

Satsumahayato3 果たして出てきたものは...!?

ま、塩味の焼きそばって感じですか。

ただトッピングのコーンや焼き豚を食べると、

何となく「ラーメンを食べてるなぁ」と思えるもの。不思議だ。

 食べ物の評価として言及すれば、ちょっと味付けがしょっぱい。味付けに課題がある、ってのは料理としてどうなんだ?

2015年12月11日 (金)

小さな画伯たち

 弟の出身保育園で演奏した松本兄弟+α(2015年12月10日参照)。その様子を年長さん達が、早速絵に描いてくれました。

Shiratori2015c_2この蛇腹の伸びた様子。

なかなかリアルじゃないの!

やはり動きのある楽器は、

子どもにも受け入れられやすい!? Tangoの世界では「悪魔の箱」と言われているBandoneon。子ども達には「魔法の箱」かも知れませぬ。

Shiratori2015e_2 また目立ったのは、

ContrabassやVioloncello。

やはり「大きい」というのは、

印象に残るものなのでしょう。こちらもよく描けていますねぇ。「Fiddle-Faddle」ではクルクル回しましたし。そう、「いつもよりも多く回しております~」ってなくらい、かなりの回数を。曲の後半だし、加点も多いかしら!?

 なかなか充実した保育所での演奏会でした。

2015年12月10日 (木)

1人5役

 マルチ(・プレイヤー)の基本は「広く浅く」。なので1つの楽器での技術の高さよりも、「コレも出来ます、アレも出来ます」の方が、本来のマルチのあるべき姿。

 これまで啼鵬、1つのステージで何度も複数の楽器を演奏してきましたが、今回も其れを。

Shiratori2015a お邪魔したのは、

弟の出身保育園。

以前にも演奏した事がありました(2015年12月9日参照)。

そのときも3つの楽器を演奏。

今回は更に増え、

5つの楽器を演奏。Violin,Clarinet,Violoncello,ContrabassにBandoneonです。

Shiratori2015b尤も、

そんな事が出来るのも、

他に伴奏してくれる人がいるからで、

今回も前回同様、Pianoに猪野麻梨子さんを迎え、松本兄弟+αってコトで。

 去年我々が来たのを覚えているお子さんもいたようで、なかなか盛り上がりました。更に年長さん達は、演奏が終わってすぐに...!?

2015年12月 9日 (水)

追悼:平良とみさん

 先日、沖縄出身の俳優、平良とみさんの訃報を知りました。NHKフリークとしては、やはり朝ドラ「ちゅらさん」のおばぁですが、その前に映画「ナビィの恋」で全国区になりました。

Nabiinokoi私が所属するといぼっくすの、

前身とも言えるメンバーで音楽担当をした、

映画「ナビィの恋」。

私もですが、実は弟もViolinで参加しております。

 当時、沖縄出身の人が「平良とみさんは、沖縄では大女優だけど、『ナビィの恋』や『ちゅらさん』で、日本の大女優になっちゃったよ」と語っていたのを思い出します。

 平良さんの笑顔、語り口はとても温かく、画面の前の我々を、どれだけ和ませてくれた事でしょう。決して忘れる事はありません。

 心からご冥福をお祈り致します。

2015年12月 7日 (月)

弓組の見通し

 今年の弦楽合奏団弓組も、榊原大首相を迎えた定期公演に始まり(2015年1月25日参照)、拙作の「Euphonium Concerto」の世界初演(2015年10月4日参照)、恒例のつくばでの鈴懸(2015年11月1日参照)と、充実した活動をしました。

Satsumahayato1 まだ年内に稽古日は残しているものの、

忘年会を。

何しろ年明けには、

第6回公演を控えておりまする。しかもいつもの弓組にしては、啼鵬の筆によるスコアは少なめで、Classicのガチンコ系を。

Satsumahayato2 そんな弓組の見通しは、

如何に?

このレンコン・チップ、

もしかすると土浦産なんだろうな。我が土浦は、レンコンの生産高日本一ですから。

 来年1月17日(日)の、弦楽合奏団弓組第6回公演、乞うご期待!

2015年12月 6日 (日)

2015年、長野のシメ

 今年は例年にも増して、長野県に関わった気がしまする。Bandoneon教室は元より、毎年恒例の飯田市のSonor Clarinet Ensemble(2015年11月22日参照)、2回目の出演となった千曲音楽祭(2015年11月8日参照)。更には吹奏楽指導にも(2015年8月6日参照)。

Arcoiris1 でも、最後の締めくくりは、

やはりBandoneon教室。

その忘年会でメキシコ料理の店へ。

「インカ・コーラ」なる飲み物があったので、オーダーしてみました。果たしてどんなものかと思いきや、缶のまま出てきました。

Arcoiris2 なんと黄色い、

もとい、黄金のコーラ!

アメリカで売っているものらしいです。

味はコーラ、

というよりも、

もはやフツーの甘い炭酸水というか...。

 2015年の長野もこの日で終わり。思えば今年ほど車で長野を往復した年はありませなんだ。長野市近辺だと片道280kmほど。飯田市だと350kmほど。軽乗用車だとツラい。

 来年はどうなるやら。

2015年12月 5日 (土)

ダンス乱入

 毎年恒例のクリスマス会、いや忘年会か。顧問をしている会社のパーティーにお邪魔。来る度に果たして啼鵬、どれだけ会社に貢献出来ているのか、悩みまする。

Macbonen2015e 今回は新人2人を含む、

大きめのアンサンブルがありました。

啼鵬はというと、

当初のクレジットは「啼鵬セクステット」と、6人編成のようでしたが、フタを開けてみると2人減って「啼鵬カルテット」に。

Macbonen2015d 演奏していると更に、

ダンスが乱入!

そんなダンサブルな曲ではありませんでしたが、

のんびりした曲調に優雅なダンスを。盛り上がりました。

 昨年はVioloncelloの体験会などもお手伝いしたのですが、今年はたいした事が出来ず。来年はもうちょっと会社に貢献出来たら...。

2015年12月 4日 (金)

無料ラーメン

 「タダほど高いものはない」とは言ったものですが、先日入ったラーメン屋。お子様ラーメンが無料でした。小学2年生までですが。

Hotaru もちろん手前のではなく、

奥に見える方。

ちょっと食べかけかしら。

 よく、お子様ラーメンだと、チープな作りのものを見かけますが、ここはそうではなく、トッピングはともかく、大人用(?)のがそのまま小さくなった感じ。なので味は変わりませぬ。

 しかしうちのチビは、これでは足らなかった模様。確かに量はかなり少なめ。この量で満足するお子様っているのかなぁ。小食気味の子?

 つまりはこれを食べて、次回からは「やっぱ大人用!」みたいな、そういうポジションなのか...。

2015年12月 2日 (水)

けんちんそば...もどき

 何故このカテゴリーかというと、駅の立ち食いそば屋さんで食べたからなのですが、このお蕎麦にはちょっと興味を持ちました。

Kenchinsoba 名称は「煮込み野菜そば」。

煮込んだ野菜を、

かけそばにトッピングしたのか...。

 その野菜の内容を見ると、けんちん汁に入っているものに近い。定義としては里芋、コンニャク辺りが必須アイテム。って事はコレ、けんちんそば?

 どこかで聞いたのですが、けんちん汁を蕎麦の汁として食べるのは、茨城独特の習慣だとか。確かにアタシは子どもの頃から、けんちん汁でお蕎麦を食べていました。しかし県外では殆どメニューに見た事はありませぬ。1年前にようやく県外で見ましたが(2014年10月12日参照)。

 ちなみにこの立ち食い蕎麦は仙台駅。常磐線で茨城とつながっているから?

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ