最近のトラックバック

« 1人5役 | トップページ | 焼きラーメン »

2015年12月11日 (金)

小さな画伯たち

 弟の出身保育園で演奏した松本兄弟+α(2015年12月10日参照)。その様子を年長さん達が、早速絵に描いてくれました。

Shiratori2015c_2この蛇腹の伸びた様子。

なかなかリアルじゃないの!

やはり動きのある楽器は、

子どもにも受け入れられやすい!? Tangoの世界では「悪魔の箱」と言われているBandoneon。子ども達には「魔法の箱」かも知れませぬ。

Shiratori2015e_2 また目立ったのは、

ContrabassやVioloncello。

やはり「大きい」というのは、

印象に残るものなのでしょう。こちらもよく描けていますねぇ。「Fiddle-Faddle」ではクルクル回しましたし。そう、「いつもよりも多く回しております~」ってなくらい、かなりの回数を。曲の後半だし、加点も多いかしら!?

 なかなか充実した保育所での演奏会でした。

« 1人5役 | トップページ | 焼きラーメン »

コメント

そうなんです。我が楽器もお子様への評判が高いですよ。

でも、プレイヤーからの評判は低いですがね。(特に吹奏楽系の人からは…)

演奏ありがとうございました。この写真はまさか!笑。娘は、ずっと寝てて聞けなかったそうです笑。

> 語る会さん
 なるほど。まぁ、今年は私もSonataを書きましたし、これから更に発展へ。

> tso@沖宿さん
 アハハ、中にはそういうお子さんも。やはり圧巻は、アンコールのお馴染みの曲を、みんな元気よく歌った事ね。

ピアニストを描いてくれた園児もおりました。念のため。

> ゴルゴさん
 そうだった。次回は分身の術で、私を全部描いて貰おうかしら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな画伯たち:

« 1人5役 | トップページ | 焼きラーメン »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ