最近のトラックバック

« Piazzolla生誕95年 | トップページ | 平成28年雪騒動 in 茨城 »

2016年1月17日 (日)

弦楽合奏団弓組第6回公演

 弦楽合奏団に弦楽器のゲスト。ご飯をおかずにご飯を食べるような感じ...ではありませんが、今回フタを開けてみると、協奏曲を2曲という、1曲は二重協奏曲とは言えソリストにとってはかなりの重荷。

Yumi6thその重責を担って下さったのは、

啼鵬が最もご一緒しているギタリスト、

ヨン様(ふるっ!)こと金庸太さん。

 今回は合奏がバックに付くGuitar音楽の魅力を十二分に引き出したく、プログラムを考えました。Vivaldiの協奏曲は定番中の定番。独奏曲としては今や「禁じられた遊び」と並ぶ、憧れの曲になっている「Tango En Skai」の弦楽伴奏版。そしてなかなか演奏の機会のない、Piazzollaの「二重協奏曲」。

Yumi6th3 ...って、もう宴会の写真ですが、

今回の公演、

Guitar界にとっては、

かなり面白い企画だったのでは、

と思うのですが、

ちょっと大袈裟かしら。

 金さん、この度は有り難うございました。そしてお寒い中、ご来場下さいましたお客様、有り難うございました。

« Piazzolla生誕95年 | トップページ | 平成28年雪騒動 in 茨城 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/63082684

この記事へのトラックバック一覧です: 弦楽合奏団弓組第6回公演:

« Piazzolla生誕95年 | トップページ | 平成28年雪騒動 in 茨城 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ