最近のトラックバック

« 2016年のOut of the Standard | トップページ | 追悼:真島俊夫先生 »

2016年4月20日 (水)

哲啼的茂樹のリベンジは?

 先日、久しぶりに敢行した哲啼的茂樹ライブ。しかしギタリストの病欠に見舞われ、急きょ代役を頼むなど、とにかく大変だったライブとなりました(2016年4月15日参照)。

Kantontanmen これはメンバーで食事に行った際、

啼鵬が食べたタンメン。

こんなに白いタンメンは初めてでしたが、

なかなか美味しい。

欲を言えばもっと野菜大盛り...。

 話を戻しますと、哲啼的茂樹ライブ。当日テツ様が出演しない事が分かり、ライブに参加せず、お帰りになられたお客様もいらっしゃったとのこと。そう、一本君とアタシじゃダメなんですよ。首席よーじろー君がいても。ただすけ君が援軍に来ても。

 で、早速お店からリベンジの打診もきたので、取り敢えずレギュラー・メンバーに振ったところ、相変わらず返事ナシ。そうそう、アタシもね、こうしてファンの方々に進捗状況を発信して、きちんと動きを見せる! そうやって外堀を埋めていけば彼ら、特にテツ様も動かざるを得なくなるでしょ。

 いいですか!不肖テーホー、こうして徹底的茂樹リベンジのために動いていまっせ。

« 2016年のOut of the Standard | トップページ | 追悼:真島俊夫先生 »

コメント

そうなのですよ、私の前で並んでいらしたお客様ショックのせいかお帰りになりました。びっくりしました。「外堀を埋める」ってていほうさんの得意技?ただすけさんもおっしゃっていましたね。リベンジライブ期待しています!

> HIROKOさん
 初体験でいきなりレギュラー・メンバーがいなかったワケですよね。リベンジの際は是非、哲啼的にご堪能下さい。

やっぱり、「その人」だけってファンは多いんですかね?
かつて、クライバー&ウィーン・フィルの演奏会も、クライバーがキャンセルになり、シノーポリに変更して、チケット代も安くなったのに、キャンセルが出続けたと聞いたことがあります。
でも、公演中止になることを考えたら、最善策を練って、公演を実施してくれたことに感謝しなければいけないと本来は思うのですがね。。。

> 語る会さん
 出して頂いた例がデカ過ぎる(笑)。確かにクライバー人気、というか振る機会、を考えただけでも、(別な意味で)シノーポリとは価値が違ってくるかも知れません。
 とは言えシノーポリの若死にを考えれば、価値ある公演ですよね。
 ちなみに哲啼的茂樹人気は9割がテツ様で、あとの1割を一本君と僕とで分け合っています。

お店の前まで来ていても 帰っちゃう方もいるんですね。。。
あれだけの豪華メンバーでもダメなんて 勿体ないと思ってしまいますが(^^;
リベンジ 決定のお知らせ楽しみに待ってます

> kazemaiさん
 我々としては寂しいですが、あくまでテツ様のファンでしたら、仕方がないですね。
 リベンジ、画策中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/63514054

この記事へのトラックバック一覧です: 哲啼的茂樹のリベンジは?:

« 2016年のOut of the Standard | トップページ | 追悼:真島俊夫先生 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ