最近のトラックバック

« ハンガリーの地下鉄 | トップページ | Viento del Surレコ発:上里町 »

2016年8月18日 (木)

FINNAIRの空弁

 車、鉄道とくれば次は航空。日本からハンガリー(ブダペスト)に行くには、直行便はありません。今回はフィンランドのヘルシンキ経由にしました。ちなみに啼鵬が初めて行った外国はフィンランド。そのときは逆に直行便がとれず、ロンドン経由でした。

 フィンランド(ヘルシンキ)は日本から一番近いヨーロッパと言えます。なのでフライトも9時間。かつてロンドンに何回も行っていた啼鵬からすると、これは短く感じました。

Finnair01 笑えたのがヘルシンキ空港に、

「乗り継ぎ」という日本語表示があったこと。

中国語や韓国語と併記されていたので、

少々おかしい感じでしたが...。もしやヘルシンキ空港は、日本からの乗り継ぎ空港化している!? 日本から9時間ならば、それもアリでしょう。機内放送も往復、日本語もありました。

Finnair02 肝心の食事。

これは割と良い方なんじゃないかと。

啼鵬も国内外の航空会社、

数社しか経験していませんが、

その中では平均値以上。

そうそう、葉加瀬太郎さんのコンサートを聞きにドイツに行ったときなど(2011年12月6日参照)、高田万由子さんに「XX(←航空会社)の機内食はマズいから、おにぎり持ってきた方がいいよ」とまで言われました。

Finnair03 まぁ、9時間も機内にいるので、

楽しみと言えば弁当。

映画やゲームもありますが、

今回はイマイチ、観たい映画がありませなんだ。ちなみにコンセントもあったのですが、当然フィンランド仕様のブタさんの鼻みたいなタイプ。変換プラグを機内に持ち込むのを忘れた...。

Finnair04 最後にオマケ画像。

アイスなんですが、

これがもぅ、

カチコチで全く歯が立たない、いやスプーンが立たない。ときどき思うんですが、冷凍技術は一頃より、相当向上しているものの、未だにこういった「凍らせすぎ」(とでも言おうか)がある。

 アイスって、食感が大事だと思うのはテーホーだけじゃないハズ。

« ハンガリーの地下鉄 | トップページ | Viento del Surレコ発:上里町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64078950

この記事へのトラックバック一覧です: FINNAIRの空弁:

« ハンガリーの地下鉄 | トップページ | Viento del Surレコ発:上里町 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ