最近のトラックバック

« ハンガリーの交通手段 | トップページ | 久しぶりのていすけ »

2016年8月26日 (金)

初めての共演楽器

 もう恒例行事となったYaeさんのキャンドル・コンサート。今年は何と2デイズ!それぞれの日にゲストが登場。両日とも初めて共演するアーティストなのですが、中でも1日目は、初めての楽器でした。

Yaecandle2016b ウードという楽器。

中央に2つ並んでいる、

雫型の胴を持つ楽器です。

啼鵬も実物を見るのは初めて。当然、音を(生で)聴くのも初めて。

 複弦(1つの音で2本の弦)になっています。一番の特徴はGuitarやMandolinのような、フレットがありません。これが独特の音色を醸し出します。逆に音程は、きちんと自分でとらなくてはなりませんが。

Yaecandle2016c 今年もCandle JUNEさんのろうそくに囲まれ、

常味裕司さんの奏でるウード、

Yaeさんの透明感のある歌声、

そして今回初めてご一緒した和楽器のマルチ・プレイヤー、木村俊介さんが篠笛や三味線を奏で、天現寺の空間を彩り豊かなものにしていました。

 なんかテーホー、スゴい人達に混じってやってんだなぁ。

« ハンガリーの交通手段 | トップページ | 久しぶりのていすけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64115129

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての共演楽器:

« ハンガリーの交通手段 | トップページ | 久しぶりのていすけ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ