最近のトラックバック

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

さよならオートバックス土浦北インター店

 何となく変な予感はしていました。今年なおてい機材車を車検に出したのですが、「業務縮小のため、今後は別の店舗で」と言われ、「えぇ!近くだから頼むのに...」と思ったものです。

 そしたらついこの間、「閉店のお知らせ」の葉書が届きました。

Autobacslast1う~む...。

徒歩でも行けなくはない距離にあった、

この店舗。

無くなるのは非常に痛い。ここに車を預け、作業をしてもらっている間に、チビのお迎えなんて事もやってたし。会員情報は他の店舗に引き継がれますが、そっちは車で20分以上はかかる。

Autobacslast3 ちなみにこの店舗、

国道をはさんで、

ライバル店と向かい合わせ。

実のところ、うちからだと入りにくい。国道をUターンすれば良いのですが、そういうのって意外と面倒だと思うのは、アタシだけじゃないハズ...。

 競合店は「タイヤ館」と言っても、もちろんタイヤだけを売っているワケじゃありませぬ。しかし其れを割り引いても、まさか撤退にまでなるとは。

 DVDカーナビも買いました。その更新用地図も何度も。ETCも付けました。オイルも交換し、タイヤも交換し、車検もしましたし、その他いろいろ買いました。作業を待っている間は、待合室でチビが塗り絵をしました。ポイントもT-POINTの方には貯めず、AUTOBACSのカードに貯めていました。

 特にカー吉でもない啼鵬が、「近いから」という理由で利用していましたが、もし近くにカー用品店が無かったら、毎日乗る車を大事に使うという事で、ここまで足繁く利用しなかったかも知れませぬ。長い間、有り難うございました。これからどうしよ。

2016年10月30日 (日)

元祖納豆カレー

 前にも話題にした事があったかも知れませんが、この「元祖」と名乗るのは、非常に勇気のいる事だと思うんですよ。だって自分がやる前に、世界のどこかで誰かがやっているかも!と思うのがフツー。

 長野市でカレーと言えば、なんと言っても王子の推薦をうけながら、閉店していた店(2011年11月7日参照)。そして何となくリピーターになってしまっている店(2016年6月21日参照)。

Yamagoya_2今回は其れがウリなのか、

「元祖納豆カレー」の店。

市の中心部ですが、

大きな通りからすっごく狭い路地を入ったところ。

注意していないと見落としてしまうくらいの。

 店内の雰囲気はとてもイイ感じ。カレーの種類はたくさんあって、「納豆カレー」というメニューは無し。トッピングにあるのみ。

 しかしメニューのページをめくると「納豆カレーセット」なるものが。う~む、辛口ビーフ・カレーに目玉焼きと納豆がトッピングかぁ。

Yamagoyanatto納豆をトッピングするって事で、

「元祖」を名乗るのは、

少々厳しくないかい?

下手すりゃカレーが日本に入ってきたときに、もう誰かが試してたとか、あり得ない事じゃないと思うんですが。ま、「店で出す」という事では元祖なのかしら。

 納豆の国に住んでいるテーホーの評価する「納豆カレー」は、やはり北海道で食べたものかな(2007年12月3日参照)。

 しかし長野にはBandoneonの教室が続く限り必ず行くので、この店のスタンプ・カードも作り、たくさんあるメニューの制覇へ。

2016年10月29日 (土)

新曲録音を山形で

 最近は民生機でもクォリティの高いマシーンが多く、自宅録音でもかなり良い音で録音出来まする。今回も自作曲を録音するために、機材を持って山形に赴きました。

Zoomr8 しかもマイク内蔵なので、

ホント、手軽に。

もちろん外部マイクも、

それなりのモノを揃えた方が良いのですが、

今回は間に合わず。

 録音するのはSaxophone Quartet。曲は少し前に作っておいたのですが、今回の録音のために、編曲し直ししました。

P_20161029_182549_bf ところでお気付きの方もいるかと思いますが、

カテゴリーが「グルメ・クッキング」。

何故って、

録音した新曲とは...!?

2016年10月28日 (金)

ガマの団結場所

 1年の半分の指導を任されているつくばの弦楽合奏団「ガマムジカ」。今年は40周年も迎え、そちらの演奏会にも出演させて頂きました。
 この日は雨の中、啼鵬シーズン突入への決起集会!? いつものレストランでメンバーと会食を。
 ここはこぢんまりした隠れ家的なレストランで、ガマムジカ絡みでしか来たことがないのですが、いつ来ても美味しい。
 今度はフツーに客として訪れたいものです。

1477664175258.jpg

2016年10月27日 (木)

オムリタン

 造語によるタイトル付けは珍しい事ではないでしょう。

Omuritan「オムレツ」と「(スパゲッティ)ナポリタン」で、

「オムリタン」となったと、

容易に想像出来るメニュー。

発想もイージーだと思いますし、こうしたからと言って「前人未踏の世紀の大発見」という味でもありませぬ。

 我々のギョーカイで言うと、「リベルタンゴ」が造語タイトルの代表選手。自由なという意味の「リベルティ」とタンゴを掛け合わせていますが、TangoはClassic同様、形式美の音楽なので、そんなに自由にやってしまうと、聞いていてもTangoでなくなる恐れがあります。

 自由ってのもほどほどに、ってなコトなのでしょう。奥が深い。

2016年10月26日 (水)

昼からコース

 建物自体はしょっちゅう見ていました。常磐線に乗る最寄り駅の近くだったので。しかし、まさかこんな良い店だったとはね。

Osteria1 ランチで訪れたのですが、

なんとコースのみ。

えぇ、昼からコースかい!

と、今回は思い切って肉料理コースを。メインは選べるので、つくば鶏のローズマリー焼きを。

 実のところ少々不安で、エライ店に来ちまったなぁ、と心の中では思っていました。コース料理と言えば、Guitarの金庸太さんの体験談が頭をよぎりまする。1品出てくるのに30分かかり、終わってみれば3時間! もぅ、2度と行かない!! なんてね。

Osteria2 しかしココはそんな事なく、

ちゃんとコンスタントに料理も運ばれ、

最後まで時間を持て余すこと無く、食べ終えました。

そして何よりも美味しい。決して高くない。どころか、安いとまで感じる。

 いやはや、あるんですねぇ。まだまだ土浦にも、こういう店が。スバラシイの一言。

2016年10月25日 (火)

ひっぱりうどん

 山形県民、及び出身者以外で、どのくらいの方がコレをご存じでしょう? 「ひっぱりうどん」。釜揚げうどんを納豆や鯖の缶詰等の薬味で食べる、聞いただけではかなり「???」な食べ物。

Hippari1 先日頂きました。

本場、山形で。

...って、山形以外では、

なかなかお目にかかれないと思いますが。

 今回の薬味は納豆、鯖の水煮の他、これまた山形のお漬け物「おみ漬け」も。更にはネギと鰹節。それらをめんつゆに入れます。いや、めんつゆの方を入れるのか...、もはや薬味の方がつゆよりもボリューミーな感じ。

Hippari2 まぁ、見た目はアレなんですが、

これが美味い!

釜揚げうどんというのもGood!

どうなんでしょ、山形と言えばそば処。其れに対抗してうどん業界が発案? ンなワケゃないね。

Hippari3ちなみにこのメニューには、

漬け物寿司がセットに。

これがまたスバラシイ。

分かってはいるつもりですが、和食ってスゴイわ。さすが世界遺産!

Hippari4 んで、

勢い余って自宅でも。

おみ漬けの代わりに、

野沢菜の漬け物。山形と長野のコラボってとこ。ひっぱりうどん用麺(!?)を頂いたのでやってみたのですが、薬味には鯖缶が無ければツナ缶でも、と書いてありました。其れって邪道じゃないかネ? ひっぱりマニアの方々からすれば。

2016年10月23日 (日)

にしやまセンセ!

 かつて教育実習で母校に赴いたときの生徒が、我ら土浦交響楽団のトレーナーにいらっしゃった事がありました(2008年7月31日参照)。その第2弾!?

Tsocellobass 今回はギョーカイではチョー有名人。

双子で芸大付属高校~芸大、

そしてNHK交響楽団に入団したお兄さんの方。

Cello奏者の西山健一君。ちなみに弟君はContrabass。言ってみれば生まれてから職場まで一緒という、凄いツインズですぜ。弟君とは昔、一緒に演奏した事がありました。

 彼もアタシが教育実習に行ったときの高校2年生で、前回のまきおかセンセと同じ学年。

 前述の通りNHK交響楽団員なので、よくテレビで拝見します。同じ顔の演奏家がCelloとContrabassにってコトね。

 ご指導、有り難うございました。

2016年10月22日 (土)

味噌に期待して

 茨城県の県庁所在地は水戸市。人口も県内で1番多いですし、栄えているといえば栄えています。しかしながら県南地区に住んでいると、これがなかなか行く機会がない。

 それでも今年は多い方かも知れませぬ。先の記事のPTA行事(2016年10月21日参照)。更にそれに先だって、ライブを聞きに行きました。

Yamaokamitonan その帰りに。

そう、滅多に行く機会が無いならば、

やはり新店舗制覇をしなくてはなりませぬ。

またおあつらえ向きに丁度通り道にあったのですヨ。

 また、少し前に懐かしい系の味噌ラーメンを食べたので(2016年10月3日参照)、また味噌ラーメンが食べたくなり、オーダー。

Yamaokamiso しかし食べ始めると、

自分はこの店に何を期待していたんだろ、

という後悔の念。

おっと、入店した事を後悔したのではありませぬ。今までに入った事のない店舗を制覇したので、そっちの大義名分が十分。

 ま、ノスタルジー研究は両立はしませぬ。研究の方ではちゃんと満足してますぜ。

2016年10月21日 (金)

第48回日本PTA関東ブロック研究大会茨城大会第8分科会

 何とも長い名前のイベントに参加したものです。しかもこれだけではなく、同時にと言って良いのか、「平成28年度茨城県県南地区PTA連絡協議会指導者研修会」も含まれていました。

 今回ひときわ目を引いたのはコレ。

P_20161021_145954なんとねば~る君が!

そう、茨城の誇る(!?)全国区のゆるキャラ。

ま、誰が見たって隣県の二番煎じですし、

アタシもハナから相手にしていませんでしたが、こうしてナマで拝めると話は別。会場の参加者も一斉にカメラを。

P_20161021_150715そしてお約束の。

このノビ、

頻繁にはやらないので、

シャッター・チャンスが大変でした。

 んで、いい年した大人がゆるキャラを囲む会、ではなくちゃんと講演を拝聴。中でもニジェールに2年間住んだ体験を話された福田英子女史。なかなか面白かったです。

 ニジェール。ナイジェリアとよく間違えられ、実際にリオ・オリンピックでナイジェリアなのに、ニジェールの国歌が流れてしまった話は記憶に新しいところ。福田女史の話によると、ニジェールに住んだ日本人女性は、現時点では彼女1人だけらしい。某局の海外に住む日本人妻のネタには最適、と言いつつ今は日本在住...。あ、ご主人様は日本人。

 ちなみにねば~る君はサプライズ・ゲストとして、福田女史が「先生をお呼びしましょう」と言って入場。ご存じの通り茨城は魅力度ランキングでビリケツ。頑張って茨城をアピールしていました。...って、ココ茨城なんだけど。

2016年10月20日 (木)

上田城へ

 A.R.C.信州レコ発ツアー最終日は上田市。そう、今NHK大河ドラマで旬の。初めてかしら、大河ドラマの最中にその縁の地を訪ねるのは。当然行きました、上田城。

Uedajo11 平日の昼間にも関わらず、

たくさんの人。

やはり大河ドラマ効果は絶大!

 ご当地大河のハシリと言われる、「独眼竜政宗」(昭和62年)以来、大河ドラマの誘致合戦が始まりましたが、人が集まり、経済効果を考えると、その地域としては死活問題にもなりかねませぬ。

Uedajo05 ただこの上田城に関しては、

もともと天守閣はありませんが、

お城としての建造物も、

再現されたものが少しあるだけ。それでも十分なんですがね。

Uedajo08 そしてコレ。

上田城や真田家の博物館、

ではなくて、

ドラマの特設展示会場。もちろん期間限定。まぁ、歴史大好き人間で、NHKこそ絶対というテーホーも、ちょっと入館には気が引けました。単なるトレンディーの追っかけのような気がして...。

Uedajo12 笑えたのがコレ。

隣の野球場のゲート。

真田家の家紋が。

まさかコレもドラマが終わったら撤去される!?

2016年10月19日 (水)

A.R.C.信州レコ発ツアー【まかない編】

 この仕事をしていると主催者や制作部などから出される食事は、毎回関心事です。いや、場合によっては其れによって、演奏の出来不出来にも影響する場合もゼロではありませぬ。「プロならどんなものを出されてもちゃんとやれ!」というご意見もあろうかと思いますが、姿勢として「ちゃんと」はやりますが、その結果がどうなるかは、やはりエネルギー源にかかっているのは、やはり人間だからでしょう。

Archana1 今回のA.R.C.信州レコ発ツアー、

中日の松本公演は韓国料理屋さん。

本格的な韓国料理が出されました。

演奏後に。

 そう、演奏前と後かって、これも重要です。本番前は何も口にしない人もいますので。啼鵬はやはり「腹が減っては戦は出来ぬ」。

Arcaranjuez そして千秋楽は、

スペイン・バルの店だったので、

なんとパエリャが! これは演奏前に。

 お気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、啼鵬は甲殻類のアレルギーなので、手前のようにチキンとアサリの。他の2人はエビが入っていました。

 このお店は先の記事で紹介した通り、かなりのこだわり店(2016年10月17日参照)。

Alanjuezhum前菜に出た生ハムは、

お店で熟成?

それを切り出していました。

 演奏家の食事、チョー大事です。

2016年10月18日 (火)

プチの意味

 A.R.C.信州レコ発ツアーの初日は飯田市だったのですが、啼鵬と飯田市と言えばSonor Clarinet Ensemble。本番の翌日にはリハーサルを。

Sonor2016reh1先月は合宿に参加しましたが(2016年9月24日参照)、

気が付けば本番は来月。

もう1ヶ月ちょっとしかありませぬ。

メンバーも気合いが入りまする。今回また新たに入ったメンバー有り。今後のSonorを左右する存在になるか...。

 リハーサルを終え昼食へ。そこで頼んだ「プチ・ソースカツ丼」。ソースカツ丼と言えば長野県は伊那が本場。こちらでは単に「カツ丼」と言えば、ソースカツ丼の事を指すとか。

Puchisauce で、何かプチなのかって、

てっきりミニ・サイズでくるのかと思いきや、

カツの個数?

ご飯の量は普通ですし、おかずが少なめってのは...。

2016年10月17日 (月)

A.R.C.信州レコ発ツアー【千秋楽:上田】

 ツアー中日を終えて宿泊は松本市。朝起きてみると雨...。あれぇ、おかしいなぁ、アタシ雨男は返上したはずなのに。ま、それでも上田に移動している間には、もうやんでしまいましたし、上田に着いて観光していたときには、全然晴れました。その観光については後日。

P_20161017_160351_bf 今日の場所は、

昼間はカフェ、夜はスペイン・バル。

こぢんまりしたお店ですが、

コーヒーもサイフォンで、パエリャも本格的、とにかく内容の濃い店でした。って事は、まかないで出てくる食事も...!? またそれも後ほど。

Dsc_1536_2 しかしながらコレ。

ちょっとステージの作りの関係で、

アタシが壁に隠れて...。

まぁ、これはこれで面白いかしらね。ここの会場ではBandoneonは初めて登場したそうな。

Dsc_1540 3日間の信州ツアー、

何とかこれで終えました。

お忙しい中お越し下さいましたお客様、

そしてアルバムをお買い上げ下さったお客様、有り難うございました。

2016年10月16日 (日)

A.R.C.信州レコ発ツアー【中日:松本】

 無事初日を終え、飯田市に宿泊。翌日は松本市へ。

Arctour2016c 今回はなんと、

韓国料理屋さん。

このお店は、

日夜ライブが行われているライブハウスでもあるのです。ジャンルは多岐に渡っていますが、Tangoはどうなのでしょう?

Arctour2016d ライブはお食事付きのスタイル。

そう言えば韓国ではTangoはどうなんでしょ。

最近、小松亮太君のお弟子さんで、

韓国人女性Bandoneon奏者が注目を集めたり、ダンスではコンクールで上位入賞する韓国人選手も何人か。

Arctour2016e 終演後はお店のお料理を頂きました。

う~む、

今までたくさんのライブハウスに出演しましたが、

韓流は初めて! いいなぁ、韓国料理好きなので。私以外のメンバー2人は、マッコリを飲んでいました。

 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2016年10月15日 (土)

A.R.C.信州レコ発ツアー【初日:飯田】

 普段は茨城県を拠点にしているA.R.C.。アルバムも作った事だし、レコ発ツアーを企画。

Arctour2016a 今回は啼鵬にとって、

と言うよりも啼鵬のBandoneonにご縁のある、

長野県。

新幹線の開通した年から通い始め、長野Bandoneon倶楽部もそろそろ20年に。

 初日は飯田市へ。ここも通い始めて11年に。毎年の恒例行事となっている、Sonor Clarinet Ensembleとの共演。実は以前にも同じライブハウスで、Guitarの徳武正和氏とのアルバム「TANTI ANNI PRIMA」のレコ発をしています。もう8年も前のハナシ。

Arctour2016b 久しぶりに演奏したこのステージ。

あれ、Upright Pianoなんかあったっけ?

3人編成のグループには丁度良い感じでした。

 先週のTANGO OGNATに続くツアーですが、残りの公演も頑張ります。ご来場下さったお客様、有り難うございました。

2016年10月14日 (金)

祝:FMうしくうれしく放送1周年

 現在放送中の冠番組「限りなく啼鵬の音楽全集」。その放送局であるうしくうれしく放送が、1周年を迎えました。今日はそのレセプションに。

Fmuu1st1そこで食べた、

「トマトメンチカツ」。

これ、スゴイです。

中味と外見の温度差を考えると、かなりテクニックを要する料理かと。そして美味しい。ここのお店、知らなかったのですが、なかなかイイ感じ。

Fmuu1st2 そう言えば今年は、

土用丑に鰻を食べなかった。

どころか、

今年は鰻を食べてないかも...。

これが初モノかぁ、美味しかったケド。

 この日は啼鵬同様、番組を持っているQuenaの渡辺大輔さん他、アナウンサーの方達も。そして新たな出逢い!?

Fmuu1st3 牛久市在住のチェリスト、

リカルド・カリア氏。

噂には聞いていたのですが、

ローマ交響楽団を経てローマ歌劇場オーケストラで演奏。しかもイタリア・ソムリエ協会認定のソムリエらしい。奥方はピアニストで、なんとアタシの大学の1つ下の後輩でした。なんか凄そうな外人だなぁ。「ゴーコンしましょー」とか言ってたけど。

2016年10月13日 (木)

TANGO OGNAT 2016 珍道中【OOSAKI病】

 これはアタシが居たからなのか。浜松でリハーサルを終え、メンバー全員で食事に。会場の近くに評判の天ぷら屋さんが。しかし既に行列。

Tenkinoosaki並ぼうとすると、

「ここでおしまいなんですよ」と。

もう並んでいる人達の分で、

お昼営業は終わりなんだって。あ~ぁ、こりゃ典型的なOOSAKI病よ。

 気を取り直し、今度はラーメン屋さんへ。こちらも並んではいましたが、ちゃんとありつけました。

55kuroramenつけ麺がウリの店。

更には興味をそそる「台湾まぜそば」まで!

でも、今回はこの黒いラーメンに。

いつか食べた有名ラーメンを思い出しますが(2006年11月23日参照)、

これ、見た目とは裏腹にあっさり系。

そして旨い。小ライスが無料なので付けてもらったのですが、何故か頼んでいない一本茂樹君にも付いてきて、そいつをアタシが食べました。小+小で中ですか。

 店を出ると目についのがこの自販機。

55dydoこのメーカーの自販機は白色で、

ロゴやデザインの色合いが決まっています。

普段と違うどころか、

こんなに黒塗りだと印象も変わりますな。

でも空き缶入れはいつもの色。

一応ポイント・カードにも対応。

 ところでOOSAKI病発症のせいで入れなかった天ぷら屋さん。越田太郎丸さんは入った事があるのですが、なんと「手」で揚げてるんだそうで。箸じゃなくて手で! 見たかった。

2016年10月12日 (水)

TANGO OGNAT 2016 珍道中【名古屋之儀式】

 TANGO OGNATが名古屋に行くと、必ず(!?)行くお店。そう、あの激辛料理の。今年も行って参りました。

4sen2016c しかし今回、

初めて休日に行ったので、

この行列。

やはり人気店なのでしょう。

正直啼鵬、

行列は苦手ですが、

名古屋に来たからには外せませぬ。

20分ほど待ったかしらね。その先にありつけるものは分かっていますし、これがもし初めて行く店だと、行列したにも関わらず...!? なんて結果にも。

4sen2016b ただ今回はテーホー、

何を思ったか、

いつもの辛いラーメンではなく、

野菜ラーメンを。

そう、ツアーだとどうしても野菜不足になるので。

 ちなみにここのお店は、大中小とサイズを選べます。小で1人前という感じかと。写真奥は例の辛い担々麺。手前は野菜ラーメン。両方とも小ですが、遠近法を前提にしても、ちょっとデカいのが分かるでしょう。食べ応えは十分ですが、これで¥1,000は...。

2016年10月10日 (月)

TANGO OGNAT 2016 珍道中【浜松】

 三連休にツアーを組むという、初の試みだったTANGO OGNAT。千秋楽は浜松へ。

Ognat2016hしかもマチネ公演。

先月のホール公演もマチネでしたが(2016年9月19日参照)、

ライブハウスでのマチネは初めて。

Tangoは夜の音楽なので、

ビミョーではあるんですがネ。

 このお店の前の通りは、今まで車の進入が出来ない感じだったのですが、この日は出来ました。休日の昼間だったから? マチネだと意外な結果を生みますねぇ。

Ognat2016g 今回は一本茂樹君のBassグッズ秘話も明かされ、

普段ライブでは無口な一本君、

熱く語っていました。

 ライブを終えた一行は、案の定事故渋滞に巻き込まれつつも、ネット・ナビゲーションにより、東名~新東名~一般道と行き来しながら帰京。SAでの食事も諦め、車内でモグモグしながらの移動も、時間短縮に功を奏したかと。

 3日間の強行ツアーでしたが、全制覇の方も各会場にお越し頂いた方も、有り難うございました。今年はあと東京公演。啼鵬の生まれた渋谷で。

2016年10月 9日 (日)

TANGO OGNAT 2016 珍道中【大阪】

 初日の渋滞に懲りて、少し早めに名古屋を発とうとした一行。しかし名古屋に来たら、やはりあの恒例行事を。これは後日報告するとします。

 まぁ、その恒例行事を終えてからでも、予定通りに大阪入り。

Ognat2016fこのRoyal Horseでの公演。

思えば初めてこのお店で演奏したのは、

なおていだったのですが、

まさか後に、

Tangoバンドを率いて再来するとは思いませなんだ。

セッティングを終えて昨日の分まで(!?)リハーサル。

Ognat2016c そしてTANGO OGNATと言えば、

一本君のローアングル。

う~む、何とも芸術的ではないかい。

毎年撮っていますが、今年もイイ感じ。また今回の新曲はBass主体の曲。今後はどれくらい気に入ってもらえるかしらねぇ。

Ognat2016d 今年はこの方のローアングルも。

まぁ、座って弾く楽器なので、

撮り方がムズカシイ。

眼鏡問題も解決したので、相変わらず魅せてくれまする。

Ognat2016e これはタイミングを逸しました。

やはりローアングルは、

熟練の技が必要!?

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2016年10月 8日 (土)

TANGO OGNAT 2016 珍道中【名古屋】

 先月は初めてのホール公演をこなしたTANGO OGNAT(2016年9月19日参照)。そして毎年恒例(!?)のツアーに。今年は初日が名古屋でした。

 しかも例年ならば平日に敢行するツアーを、今年は何と3日間の連休に組む事に。「どうしちゃったの!?」という声が聞こえてきそう...。そんでもって慣れない事をすると、弊害も起こるものです。

 連休初日に移動するという事は、行楽地へ向かう高速道路の渋滞が起こる。そして事故も。案の定事故渋滞にハマり、会場入りが大幅に遅れました。

Ognat2016b_4お店のスタッフは気が気じゃ無かっただろうなぁ。

何しろ遅れたのも10分、20分のハナシじゃないので。

ようやく到着し、

急いでセッティング、サウンド・チェックと、ちょこっとのリハーサル。10分ほどおして開場となりました。

Ognat2016a 先月のホール公演では、

新曲があったのですが、

それに加えて今回もまた新曲。

今回の3公演、全てで演奏しますが、やはりムズカシイ。いろんな意味で。

 三連休という貴重なお時間を割いてお越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2016年10月 7日 (金)

牛渡克之1stアルバム録音【千秋楽】

 アルバム制作の場合、合宿とまではいかなくとも、何日間かまとまって集中して制作する事も多く、今回は3日間で。啼鵬もホール近くのホテル暮らし。

 そして最終日を迎えました。この日は1曲、超絶技巧の曲があり、演奏者にはかなりの負担。そういった曲を録音作品としてどう仕上げていくかが、ディレクターであるアタシの仕事。

Ushirec13 そして更にこの日は、

ディレクションのみならず、

演奏もしました。

 牛渡克之氏の1stアルバム。リリースする段階になりましたらまたご紹介しますが、とにかく内容たるや、おおよそ楽器演奏家の1stアルバムとは思えませぬ。内容が濃すぎてもぅ...。

2016年10月 6日 (木)

牛渡克之1stアルバム録音【中日】

 ディレクターという大役を仰せつかった牛渡克之氏のアルバム制作。2日目に突入。この日はContrabass奏者の小室昌広さんの作品。この小室さん、単なるベーシストではなく、相当スゴイ人で、アタシの先輩でもあるのですが、彼を見ていると、どの分野にも突出した人はいるもんだなぁ、と思い知らされます。

Ushirec03 テーホーの隣の、

ピンクのシャツが小室さん。

実は1度だけ演奏をご一緒した事がありました。

亡くなられた林隆三さん主演の「三文オペラ」(2014年6月13日参照)。そのときはお互い1プレイヤーでしたが、こういう形で再会するとはね。

 そして今日からピアニストの新居由佳梨さん(写真左端)も参加。啼鵬作品を弾いて下さいました。もともと弦楽合奏で伴奏している曲をPiano伴奏版に。そういうのって弾くのが大変。すみませぬ、ユカリ様。

2016年10月 5日 (水)

牛渡克之1stアルバム録音【初日】

 Out of the Standardをご一緒している他、リサイタルにゲスト出演させて頂いたり、研究室の発表会にも出演させて頂いたり、お付き合いも密かに前世紀からの牛渡克之氏。アルバム制作に関わらせて頂く事になりました。しかもポストはディレクター。

Ushirec01 この日は大物ミュージシャンを迎えての録音。

啼鵬の尊敬する先輩、

山田武彦先生と、

啼鵬にとってのPercussion奏者、First Callの萱谷亮一君。カヤ君と牛渡さんとの付き合いも、割と長いですね。ちなみに山田先生と牛渡さんは大学の同期。

Ushirec02 カヤ君も山田先生もチョー忙しい人だし、

会うのも久しぶり。

山田先生は相変わらずぶっ飛んでいて、

アタシの思考で追いつけるようなもんじゃありませぬ。今回収録した曲も、テーホーがディレクションをするなど、おこがましいくらいのスゴい曲。

 ところで山田先生とカヤ君がどこで出会ったかと言えば、もはや伝説化している舞台「VOYAGE 船上の謝肉祭」(2014年10月10日参照)。山田先生が音楽監督。「打楽器は誰か連れてきて~」ってコトで、なおていで一緒にプレイしていたカヤ君を。まさかその後、最強タッグになるとは...。

2016年10月 4日 (火)

発売前のレコ発

 県南に住んでいると、仕事でもない限り、なかなか水戸に行く機会がありませぬ。啼鵬も最後に行ったのはいつか? 茨城は2019年に国体を控えていますが、その仕事で昨年県庁に行ったっけ...。その前だと同級生のライブを聞きに(2013年10月5日参照)。

Kaygirltalk2016 そして今日も同級生の演奏を聞きに。

7年ぶりに新譜を発表する、

Drumerの平井景さんのライブでした。

おっと、平井さんは同級生じゃありません。共演している金髪センセ。

 会場のGirl Talkは行くのは2回目。1回目は越田太郎丸さん、柏木広樹さん、コモブチキイチロウさんのTrio。

 残念ながら仕事の都合で前半しか聞けなかったのですが、アルバム1つ仕上げるというのは大変な作業。故に収録されている曲も力作揃い。アタシなんかやりたいコト沢山あっても、「時間が...」とか「仕事が...」とかで逃げ腰。いけないなぁ。なんか作りたいなぁ。

2016年10月 3日 (月)

昔ながらのラーメン屋【昭和晩期】

 啼鵬の子どもの頃はラーメンを食べられる場所というと、今とは全然事情が違って、お蕎麦屋さんのサブ・メニューだったり、スーパーの中の簡易食堂だったり、専門店と言っても今のような味のバリエーションはなく、「こだわりの~」なんて冠も殆ど見かけませなんだ。

Dosankomiso そんな雰囲気の店に、

久しぶりに入りました。

味噌ラーメン。

この味はかつて子どもの頃に食べたものと全く同じ。そもそもラーメンと言えば醤油味で、味噌や塩ってだけでちょっとスペシャル感があったし...。とても懐かしい味に出会えました。

Dosankoshoga で、も1つ別メニュー。

生姜焼き定食ですが、

こちらは見た目とは裏腹に、

イマイチだったようで。もしや当たり外れの度合いも、当時さながら!?

 まぁ、こんなにもラーメン専門店が激増なんて、子どもの頃には想像出来ませんでしたが、其れ言うならばカレー屋もかしら。昔は外食のときにカレーを注文しようとすると、親に「そんな、家でも食べられるようなもんはやめなさい」なんて言われたもんです。

2016年10月 2日 (日)

再会:取手市長さん

 茨城を拠点としてるA.R.C.ですが、県内で演奏していない地域もたくさん。今回は初めて取手市にお邪魔しました。

Arctoride 会場となった取手ウエルネスプラザの、

1周年記念イベント。

取手はJR常磐線でいくと、

茨城県最南端。

今でこそあまり言わなくなりましたが、

取手始発の常磐線快速列車を

「青電」と言っていました。実際には青ではなく、緑色なんですが、車両も直流のみで動くもの。

 取手から先、藤代以北は交流なので、そちら直交流型の車両と区別するために言われたのでしょう。現在ではこの直交流型車両が青い車両。「青電」と言っていた時代は、直交流型車両は小豆色だったのです。

Arctoride1 話を戻しましょう。

今回演奏する場所は多目的ホールで、

演奏前まで別の催し物で使われていました。

急いで転換。セッティングとサウンド・チェック。開場にありつけました。

 驚いたのはお客さんの数。市のイベントとは言え、かなりの動員でした。冒頭には市長さんの挨拶。実は10年近く前に知り合っていて、懐かしい再会となりました。

Arctoride2 ホールの設備も、

かなり良いものを導入したようです。

この舞台も上の写真で分かる通り、

稼働式。高さを自由に変えられます。客席も同じように。そしてホール残響も操作出来るようです。

Arctoride4_2 もう20年も前の話ですが、

取手には良く行っていました。

啼鵬の初めて(だったと思う)の、

吹奏楽作品を演奏してくれた学校を指導に。

今から思えば当時、

吹奏楽初心者の啼鵬によくも委嘱作品して下さったものです。あの頃学生だった子達も、とっくの昔に社会人、いやアタシが大学生で彼らが高校生だったので、そろそろ四十路に手が届くってくらいか...。

 お足元の悪い中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ