最近のトラックバック

« 再会:取手市長さん | トップページ | 発売前のレコ発 »

2016年10月 3日 (月)

昔ながらのラーメン屋【昭和晩期】

 啼鵬の子どもの頃はラーメンを食べられる場所というと、今とは全然事情が違って、お蕎麦屋さんのサブ・メニューだったり、スーパーの中の簡易食堂だったり、専門店と言っても今のような味のバリエーションはなく、「こだわりの~」なんて冠も殆ど見かけませなんだ。

Dosankomiso そんな雰囲気の店に、

久しぶりに入りました。

味噌ラーメン。

この味はかつて子どもの頃に食べたものと全く同じ。そもそもラーメンと言えば醤油味で、味噌や塩ってだけでちょっとスペシャル感があったし...。とても懐かしい味に出会えました。

Dosankoshoga で、も1つ別メニュー。

生姜焼き定食ですが、

こちらは見た目とは裏腹に、

イマイチだったようで。もしや当たり外れの度合いも、当時さながら!?

 まぁ、こんなにもラーメン専門店が激増なんて、子どもの頃には想像出来ませんでしたが、其れ言うならばカレー屋もかしら。昔は外食のときにカレーを注文しようとすると、親に「そんな、家でも食べられるようなもんはやめなさい」なんて言われたもんです。

« 再会:取手市長さん | トップページ | 発売前のレコ発 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64295924

この記事へのトラックバック一覧です: 昔ながらのラーメン屋【昭和晩期】:

« 再会:取手市長さん | トップページ | 発売前のレコ発 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ