最近のトラックバック

« 土浦交響楽団創立40周年第73回定期演奏会 | トップページ | 続:FMUU特番収録 »

2016年12月 5日 (月)

祝:土浦交響楽団創立40年

 啼鵬よりちょっと年下の土浦交響楽団。その40年前に市民オーケストラを作るという事が、どれほど大変だったか。今とはかなり事情が異なります。

 そもそも楽器をやっている人間がどれくらいいたか。恐らく吹奏楽でも同じ事かと思いますが、先人の苦労話を聞くと、今がウソのように思えまする。

Tso40cアタシの父が入団したのが、

恐らく1979年か1980年。

父が家で練習していた曲は、

今でも耳に残っていますし、幼いときに聴きに行った演奏会も、うっすら覚えていまする。例えばサラサラの髪を振り乱してViolin Concertoを弾いていた土浦音楽院の先輩、田崎瑞博さんとか。もっともガキの頃なんで、殆ど寝ていたと思いますが。

 1981年に初めてBeethovenの交響曲第9番「合唱付き」をやるのですが、当時10万人都市の市民オーケストラが第九をやるのはかなり珍しく、いや日本で初めてとも言われ、テレビの取材が入りました。豆粒ほどに映ったCelloを弾く父をブラウン管で見つけたり。

Tso40d 自分の先生が作ったオーケストラだから、

という事もありますが、

青春時代の大半を過ごした、

と言っても良いくらい、土浦交響楽団で過ごした時間は長いものでした。

 高校生のときにViolinで入団。すぐにVilolaに転向。その間、首席や運営委員もやったり。そしてここ8年ほどはContrabassに。次はどうしよ。

 拙作「交響的変容」を初演して下さった団員の皆様、有り難うございました。

« 土浦交響楽団創立40周年第73回定期演奏会 | トップページ | 続:FMUU特番収録 »

コメント

お疲れさまでした。初演を演奏できて幸せでした。ありがとうございます。隣で父上も感無量だったのではなかろうかと。私は23年目だからまだまだひよっこですねえ。頑張ります。50周年は是非合唱曲を!

> HIROKOさん
 自分は努めて大衆的な方向にいこうとしているのですが、今回は珍しく「芸術」の表現者としてのスタンスを。聴衆の皆さんに、少しでも伝わると嬉しいのですが。
 その一端を担って下さり、有り難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64587459

この記事へのトラックバック一覧です: 祝:土浦交響楽団創立40年:

« 土浦交響楽団創立40周年第73回定期演奏会 | トップページ | 続:FMUU特番収録 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ