最近のトラックバック

« かっちゃんへ納品 | トップページ | お肉 de クリスマス »

2016年12月22日 (木)

ミル挽き珈琲

 買った直後に「!?」でした。レジ係が値段を読み上げましたが、何かの聞き間違いかと。缶コーヒーが¥400。実はよく確認せずに買ってしまいました。同じケースには某社の¥151で売られているものがあったので、てっきりそれと同等かと。

Milcoffee これがその¥400の缶コーヒー。

銘柄はよく分からず。

販売者は名古屋の業者で、

作っているのが山形県は天童市。

実は買ったのが磐越自動車道阿武隈高原SA(下り)。

見渡すと宇都宮の餃子があったり、三陸の海の幸があったり...。ありゃ?ここナニ?

 で、この¥400の缶コーヒー。人間はフツー、こういうときにどう考えるのでしょう。美味しければOK? 美味しければねぇ。でも基本、缶コーヒーだし。

 ま、飲んでみましたが...。例えばコレが、最近コンビニ各社が競って出している、その場で煎れる珈琲に勝るか、と言われると。答えはNOだと思うんですよ。だって基本、缶コーヒーですから。もちろん近年、缶コーヒーでも美味しいものはありますがね。それでもなぁ。アドバンテージはしっかりした容器とフタがついている事くらいか。

 更に、何故かぬるい。「この珈琲はこの温度が最適!」というこだわりなのかしら。ぬるい珈琲って美味しいかネ?

 逆に考えてみましょう。仮にコレが¥151で売られていたとして、飲んで「うわっ、ウマッ! コレ¥151じゃヤスー。¥400でも全然イー」って思うか? 思わんでしょうな、10人に7人は。

 テーホー的にはBlogネタとして¥400払ったって感じ。記事を読んで下さった方が「テーホーらしい!」って思って下されば安い買い物。「べつにぃー」って感じでしたら、高い買い物でした。

« かっちゃんへ納品 | トップページ | お肉 de クリスマス »

コメント

「ミル挽き珈琲」ってタイトルにワクワクしたのですが、缶コーヒーかぁ(^^;)
この頃コーヒーにはまり過ぎて自分で焙煎までやるようになったので、啼鵬さんも!?って喜んじゃいましたよ。
コーヒーの焙煎はコーヒーが好きってことより、「知識と技術と探求心!」だと思っているので、啼鵬さんにおすすめです。

テーホーさん、ぼったくられちゃった!? だまされちゃった~? と思ったのですが、検索したら…
キチンと出てきました。「ミル挽きコーヒー」ボトル缶 400円!!!
サービスエリアなんかにある自販機で、ボタン押すと1分くらいで紙コップに注がれて出来上がるやつ、よく利用していましたが、どうやらこの会社らしいですねー。
HPには「美味しい!」「自信作!」のようなことが書いてありましたが…。飲んでみたいですが、400円は出せないです…。

昨今のSAは何でもありですね。
妻の実家からの帰りに寄ったSAでは、「京都土産を忘れた方、こちらで八つ橋を販売していま~す!」と、大声でPRしていましたよ。勿論、京都府のSAではありませんよ。

> ユミさん
 酒、タバコをやらない私は、もっぱら珈琲へ。上から下まである世界ですから、とても奥が深いですよね。自分でどこまで出来るか、って問題もあるのですが...。

> ノリコさん
 どうなんでしょ、雰囲気ってあると思うんですよ。コレと同じ内容の飲み物が、フツーにお店でカップで出されたら、何も考えずに飲むかも知れません。それだったら¥400でもいいかと。でも缶だと...。

> 語る会さん
 そちら方面はそうですね。こちらだと「東京のお土産を買い忘れた人向け」があります。
 でも逆はないですよね。「水戸のお土産を買い忘れた人向け〜」とか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64660895

この記事へのトラックバック一覧です: ミル挽き珈琲:

« かっちゃんへ納品 | トップページ | お肉 de クリスマス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ