最近のトラックバック

« 祝:高安関敢闘賞 | トップページ | 祝:稀勢の里横綱昇進 »

2017年1月24日 (火)

新大久保の夜

 千秋楽を待たずに大関稀勢の里が優勝。その晩、啼鵬は茨城の面々と祝賀会。もとい、茨城の面々までは当たっていますが、演奏会を終えたSocius Clarinet Ensembleと打ち上げ。

Socius2nd05 演奏会場が新大久保だった事もあり、

韓国料理屋さんで。

割と好きなんですが、

このところ少しご無沙汰。最後に食べたのは、A.R.C.の信州ツアーでした(2016年10月19日参照)。

Socius2nd08 アタシはよく知らないんですが、

韓国料理でもやるんですか?

こういうフランベ。

昔ロシアで食べた鉄板焼きは、やたら刃物をカチャカチャさせたり、ターナーを振り回したり。そんなコトせんでもひっくり返せるよ、と日本人っぽい料理人に言いたかったくらい。なのでこういうのを見ると、パフォーマンスかいな、と思ってしまうのですよ。

 ところで今でこそ新大久保は、韓国料理屋が立ち並ぶKorean街ですが、タイトルの「新大久保の夜」を一本茂樹君が作曲した頃は、Koreanではなく、あくまでAsianでした。年月が経てば街も変わる。今一本君が「新大久保の夜」というタイトルで曲を作れば、全然違う曲想になるだろうなぁ。

 ちなみに「新大久保の夜」と命名したのはNAOTO君とテーホーです。一本君、曲のタイトル付けるの苦手なんで。

« 祝:高安関敢闘賞 | トップページ | 祝:稀勢の里横綱昇進 »

コメント

アマチュア団体が、地場でない場所で演奏会をするというのは、確かに並大抵のことではありません。
私もその昔在籍していた吹奏楽団で、韓国へ演奏旅行に行きました。幸い、地元の街と提携を結んでいたこともあり、お客様は超満員で演奏できたのを覚えています。
そして、笑えるのが当時の吹奏楽団のおエライさんが、市より補助金を捻出したのですが、その補助金は来韓した当日の焼肉パーティの追加料金で全て消えたということ。その額、実に30万円!!。今となっては時効でしょうけれど、そんな暢気な時代もあったものです。

> 語る会さん
 バンド数十人分の焼肉パーティー代って事ですか? う〜む、額から考えると相当ゴージャスなパーティーだったのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64805648

この記事へのトラックバック一覧です: 新大久保の夜:

« 祝:高安関敢闘賞 | トップページ | 祝:稀勢の里横綱昇進 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ