最近のトラックバック

« Socius Clarinet Ensemble Winter Concert 2017:新大久保 | トップページ | 祝:高安関敢闘賞 »

2017年1月22日 (日)

祝:稀勢の里初優勝

 こんなに嬉しい事はありませぬ。300万弱の茨城県民が待ちに待った、いや、悲しくなるほど願った、つまり悲願の「優勝」。

29hatsu4この賜杯を抱く稀勢の里関の姿を、

何度夢見た事か!

今場所はイケるか、

今場所こそはイケるか、と見守る度に、あぁ、ダメだったかぁ。と何度ため息をついた事かねぇ。ちょうど1年前など、久しぶりに優勝した日本出身の力士は琴奨菊関でしたし。そのとき「なぜ稀勢の里じゃないんだ」と思った茨城県民は、アタシだけじゃないハズ。

 でもご本人が一番辛かったんだろうな。本当におめでとうございます。心よりお祝い申し上げまする。

« Socius Clarinet Ensemble Winter Concert 2017:新大久保 | トップページ | 祝:高安関敢闘賞 »

コメント

ついに横綱誕生ですね。
かなり回り道をしましたが、あの最強横綱にも陰りが見え始めた感じがするので、ある意味チャンス到来という感じがします。
年齢を考えれば、必ずしも長期政権は難しいかもしれませんが、何とか2桁まで優勝を数えられると良いですね。

まあ、それでも横審の査定も、日本人に対しては甘いなというのが本音です。
これから先は、常に「引退」の二文字を背負っての土俵です。「(横綱って)なってみなきゃ判らないよ。」と言った、元横綱・武蔵丸の一言が的確な表現だと思います。

> 語る会さん
 ネット上ではその横審に対して批判記事がありました。とは言え、鶴竜も1度だけの優勝で横綱昇進。かつては1度も優勝していないのに横綱になった双羽黒とか。ま、これは論外ですけど。
 今後に期待して下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64797261

この記事へのトラックバック一覧です: 祝:稀勢の里初優勝:

« Socius Clarinet Ensemble Winter Concert 2017:新大久保 | トップページ | 祝:高安関敢闘賞 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ