最近のトラックバック

« またもや名古屋の味を山形で | トップページ | A.R.C.再び小美玉市へ »

2017年2月10日 (金)

大勢でカレー

 以前、入店してみたら1人だった、というカレー屋の記事を書きました(2017年2月1日参照)。今回の話は、実は翌日の出来事。時間も場所も全く異なりますが、インド・カレー屋という共通項でもって、あまりに対照的なので書いてみました。

Adarshacurry 行った面子はアタシの他、

Euphoniumの牛渡克之さん、

Saxophone奏者の黒田裕希(Figur Saxophone Quartet)さん、

Percussionの小林洋二郎君。

そう、弦楽合奏団弓組の定期公演の日でした。

 そんなに長くない昼休みでしたが、近くにカレー屋さんがあったので行ってみる事に。カレーが食べたかった、というのもありますが、そこにカレー屋がある限り、行かずにはいられないのがカレーの街に住む土浦市民(!?)。

 行くとかなり混んでいて、たまたますぐに座れましたが、食べ終えて店を出る頃には、もう待っているお客さんが何人も。また行きたい店ですが、さすがに遠い。

« またもや名古屋の味を山形で | トップページ | A.R.C.再び小美玉市へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/64876987

この記事へのトラックバック一覧です: 大勢でカレー:

« またもや名古屋の味を山形で | トップページ | A.R.C.再び小美玉市へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ