最近のトラックバック

« 啼鵬作品世界初演最年少記録 | トップページ | 入り口2つ »

2017年5月17日 (水)

2017年は委嘱の年

 作曲家であれば曲を書くのは当然なのですが、この作業にも何パターンかあります。大きく分ければ2つで、依頼されるのか、そうでないか。

----

依頼される場合

 委嘱作品と呼ばれるもの。編成や楽曲規模は提示されるも、内容としてはお任せが殆ど。

 劇伴など、いわゆる主旨が既定されているもの。

依頼でない場合

 色々な意味で本当に書きたいもの。

依頼でもなく自発的でもない場合

 作曲科の課題など

----

 依頼でない場合は、自演するならともかく、他人に演奏を頼まなくてはならないとなると、初演の当てもありませぬ。ちなみにアタシが近年作曲した「Euphonium Concerto」は委嘱作品ではなく、勝手に作曲し、Out of the Standardの牛渡克之氏に初演を強要。その後CDにも収録して頂いた、という経緯がありまする。

 前置きが長くなりましたが、啼鵬にとっての2017年。珍しく委嘱作品が3作品も。しかもその全てが今年6月に初演。どれも高校生の団体なのですが、

Shiojiribandその1つである学校に赴いてきました。

ちょっと冒険的な作品に仕上がったので、

かなり手こずっている模様。

おっと、写真のBandoneonの入った編成は、その委嘱作品ではありませぬ。別の編曲作品。

 恐らく今回書いた作品の中では、相対的にみて一番難曲かも知れませぬ。しかしこのBlogの熱心な読者諸君がご存じの通り、啼鵬は「ムズカシイ曲」を書くのが信条ではなくて、「彼らならば」というイメージの上にクリエイティブな作業をしておりまする。

 実は今回の3作品の中で、唯一世界初演に立ち会えない曲。成功を心よりお祈りしております。

« 啼鵬作品世界初演最年少記録 | トップページ | 入り口2つ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/65292554

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年は委嘱の年:

« 啼鵬作品世界初演最年少記録 | トップページ | 入り口2つ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ