« アキバ盛り | トップページ | 第12回紫村千恵子とシャンソンの仲間たち »

2017年5月27日 (土)

ensemble_TSUKUBA concert #3

 たまたま見つけたチラシ。知らない団体でした。しかしちょっと調べると、知った顔が団員に。最後に会ったのも3年前かぁ(2014年6月6日参照)。

Entsukuba3 ジャンルとしては、

「吹奏楽」という事になるのでしょうけど、

いわゆる教育現場やコンクールでいう「吹奏楽」とは、

全く違う楽団です。

言ってみれば管楽合奏でしょうか。

それは彼らが一番意識しているようで、

上記の一般的な吹奏楽からすると小編成に属する人数。その中で最大限に響きを作っています。また、決して響きのよろしくない、つくばCapioホールで、非常にイイ感じに鳴っていました。アタシも自身のレコ発でやった場所ですが(2013年8月11日参照)、舞台をせり出したのが、その響きを飛躍的に良くしていると思います。尤も、反響板を立てるとそうせざるを得ないのですが...。

 今回は福井県出身の作曲家、木下正道氏の筆による2作品と、Felix Mendelssohnの作品。非常に意欲的なプログラムでした。一般的な吹奏楽のプログラム構成だと、1部に吹奏楽オリジナル作品や、その年のコンクール課題曲、2部にゲストを呼んだり、演出を交えてのステージ、3部はポップス関係といったものが多いですが、そういうスタイルには全くこだわらず、本当に彼らの表現したい音楽を客席に届ける、そういう信念が伺えました。

 木下正道氏はかなり研ぎ澄まされた耳の持ち主で、存じ上げないので想像ですが、恐らく吹奏楽畑の作品は、そんなに書いていないかと思われます。それが逆にとても新鮮な響きを醸しだし、大袈裟な言い方をすれば、吹奏楽作家に無い発想のもと、これまで聞いた事のない、新たな響きを創り出しているかのように感じました。

 それにしてもこの楽団、10年以上ものブランクの後、再集結。楽団は作る事よりも、続けていく事の方が難しい。是非とも今後も、我々に新鮮な響きを聴かせて欲しいものです。個人的には、いかにもつくばらしい演奏会を聴かせてもらった感じ。次回、大いに期待しています。

« アキバ盛り | トップページ | 第12回紫村千恵子とシャンソンの仲間たち »

レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ensemble_TSUKUBA concert #3:

« アキバ盛り | トップページ | 第12回紫村千恵子とシャンソンの仲間たち »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ