最近のトラックバック

« 消えた山形 | トップページ | アキバ盛り »

2017年5月25日 (木)

真の出藍の誉れ

 以前、我がたくみスタジオ卒業生が、東京藝大作曲科に於ける、スゴイ賞を受賞した記事を書きました(2016年7月28日参照)。しかしながら門下生と言っても、彼には受験生時代にその対策を施したに過ぎず、弟子というにもおこがましい。

 今回はテーホー的には直系になる弟子の話。その名を西嶋徹君という。インスト・ファンでこの名を知らないのは、モグリだろうね。アタシが初めて彼と会ったのは、葉加瀬太郎さんの現場。同い年でJazzもTangoも、いや話を聞けばViolinも弾いていて、オケもやっていたって言うじゃない。今やライブやレコーディングのセッションには引っ張りだこ。

 太郎さんのツアーを一緒に回ったり、個人的にも結構仕事を頼んだり。そう、NHK朝ドラ「てっぱん」にも参加してもらっているし、笹本玲奈さんのバンドでも音楽監督啼鵬の右腕として、なくてはならない存在でした。

 そんな彼が「和声を習いたい」と言っていました。かなり前から。そして近年ようやくレッスン開始。彼だって忙しいだろうし、1~2回解説でもして「あとは自分で出来るっしょ」みたいに放置プレイになるかと思いきや、定期的に通って来ました。もう1年以上も。

 ホント勉強熱心だし、毎回課題も多くこなし、気が付くと今まで教えた和声の生徒の中では、一番ハイ・レベルなところまで進みました。

Maciejreh2 そんな彼の実践を聴かせてもらいました。

もともとセンスは抜群だし、

そこに和声学が身につけば鬼に金棒。

 う~む、こりゃとんでもないライバルを育ててしまった? いや、そうではないのです。啼鵬としては、これでようやく自分のスコアを引き継ぐ人材が現れたってコト。いや、同い年ですが。そして其れは心強い理解者であり、アタシが苦しみながらも生み出した音楽を、隅から隅まで分かってくれるヒトってことね。

 そろそろテーホーも身の振り方を考えにゃ。

« 消えた山形 | トップページ | アキバ盛り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/65328088

この記事へのトラックバック一覧です: 真の出藍の誉れ:

« 消えた山形 | トップページ | アキバ盛り »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ