最近のトラックバック

« サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:会場設営 | トップページ | サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:打ち上げ »

2017年5月 7日 (日)

サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:驚愕

 今回は急きょ、Figur Saxophone Quartetに出演を依頼。かなり直前だったので、4人中3人が来られる事に。サックスのみならず、啼鵬作品の中でも代表作と言える「Modern Czardas」を演奏して下さいました。

Dsc_5083そしてアンコールには何と、

啼鵬もSaxohponeで参戦。

これまた自作「The Owl's Mind」を演奏。

今回のために、新たに編曲しました。

 しかもテーホー、人生初のSaxophone Quartet! Clarinetの方では経験していたものの、まさかこの年になって、「人生初」を経験するとは思いませなんだ。楽器は相変わらず曲がったSoprano Saxophoneでした。   【まだつづく】

« サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:会場設営 | トップページ | サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:打ち上げ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/65250143

この記事へのトラックバック一覧です: サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:驚愕:

« サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:会場設営 | トップページ | サックス日和 Vol.3 「限りなく啼鵬のサックス全集」:打ち上げ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ