最近のトラックバック

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

閉店:つくば店

 時折前は通るものの、あまり気にしていませんでした。しかしよくよく見ると、暖簾が店内に入ったまま。そして看板も真っ白。そう、閉店していたのでした。

Maruchiyotsukuba う~む、

何がいけなかったのか。

ちなみにこの通りは、

もっと西の方につくば中央店がありまする。後から出来たから「中央」と付けたのであって、あくまでつくばエリア1号店はココでした。トーゼン啼鵬も訪れています。

 今更、味云々で潰れたとも思えませぬ。やはりこの土浦学園線沿いというのがビミョーだったかしら。土浦とつくばを結ぶ幹線道路。飲食店、中古車屋、ホテル、ゴルフ(練習)場など、様々な業種が店を構えていますが、定着している店と、何をやっても入れ替わる場所と、はっきり別れます。コンビニも3軒ありましたが全て別な業種に。新たに出来た1軒が頑張っています。

 こうして無くなる店舗もあれば、新たに出来た店舗もあります。気が付けばお隣石岡市に出来ていた...。そちらにも行かなくては。

2017年7月30日 (日)

切るだけD.I.Y.

 もともと物作りが好きな啼鵬。絵は下手なのに、工作が得意だったもので、図画工作の成績は割と良い方でした。中学に入ってからの技術家庭も調子よく、音楽をやっていなかったら、そっち方面に進んでいた可能性大。

 このBlogでも時折、物作りの記事を載せましたが、まぁ、作業時間の捻出がなかなか出来ない事から、Blogを立ち上げて10年以上でも、ほんの少し。今回作ったものは...!?

Bannohnoko 取り敢えず、

必要な工具を実家から借りて。

万能のこぎりだそうな。

まだ未使用! 父は何のために買ったのか...。恐らく「安かった」から買ったんだろうな。

Diy2017b そして切る。

何を切ったかって?

ステンレスのパイプです。

万能とは言え、さすがにちょっとキツかったかな。尤も、この手の作業は、この鉄パイプを買った店でもやってもらえるかも。1カットいくらとかで。

Diy2017e 切った後には、

切り口を鉄工ヤスリで整え、

キャップを付ける。

...って、コレだけ。カットしたのは1箇所だけだし、キャップはただはめるだけ。何かを作ったという気があまりしない...。

Diy2017f今回作ったものは、

浴室用の物干し竿。

この家を建てたときに、

1本は付属していたのですが、もう1本かけられるフックがあって、そっち用は自分で用意しろと。フツーにホームセンターに行くと、合う長さの物干し竿が無い! 仕方無く自分で切ったってワケ。

 ま、これくらいだと、全然D.I.Y.という感じがしませんが、時間があったらもっと色々なものを作りたいですよ。趣味だし、工作。

2017年7月29日 (土)

レンコンサートに出演

 昨年もあった企画なのですが、仕事の都合で出られず、今年は参加出来ました。「レンコンサート」。土浦はレンコンの生産量日本一。そのレンコンとコンサートをかけたってワケ。

Rencon2017 啼鵬は土浦交響楽団枠で出演。

と言ってもいつものContrabassを弾いたのではなく、

司会とHarp。

いや、Harpに見立てたKeyboardを。

更には高校生の頃に書いた曲も

演奏して頂きました。

 その曲「Ave Maria」。G大付属高校の文化祭でやった合奏付き劇「マッチ売りの少女」のために作曲。ちなみにこの劇の演出はNAOTO君。我らこの手のイベントには青春賭けてましたから。

 今回はA.R.C.でお馴染み、山下亮江さんに歌って頂きました。

Rencon2017c 会場にはその、

レンコンの花も届きました。

そう、シーズンには霞ヶ浦湖畔、

レンコンの花でいっぱいになりまする。

また会場のお風呂屋さん、

と書くと「???」な感じですが、霞ヶ浦湖畔のお風呂屋さんの2階で行いました。前回もですが。

Kahonokasumi 窓からは霞ヶ浦が一望。

なんて素敵なロケーション。

実はここのお風呂屋さん、

入りに来た事があるのですが、夜だったので、まさかこんな眺望があるとは分かりませなんだ。

Rencon2017b 話を演奏に戻しましょう。

今回の特記事項はコレ。

手前のアタシのKeyboardではなく、

奥のTimpani。

これが入るのと入らないのでは、

オーケストラの響きが変わりまする。普段使っているペダル式の大きいヤツは、持って来るのにレンタカーが必要ですが、この手で締めるタイプは、自家用車でOK。しかも3発も。尤もケースから出せば、ペダル式の方も2発はイケるようですが(2016年4月28日参照)。

Rencon2017e コンサートは最後、

土浦ソングを歌ったピーター、

ポール&マリー、もとい、

哲&晴withあけのちゃんで盛り上がり、アンコールはみんなで「花は咲く」を歌い終了。

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2017年7月28日 (金)

局内感染

 まさかここまで蔓延していたとは! 今日のアタシのFMうしくうれしく放送「ぎゅぎゅっとラジオ854!」。お聴きになっていたリスナーは驚かれたでしょう。レポーターのマナさんが向かったお店。かき氷屋さん。休みでした...。

P_20170728_151754 んなワケで、

結局は2回とも、

この第36回うしくかっぱ祭りの会場を。

 う~む、確かに広いステージ。マナさんをして「モーニング娘。が踊れるくらい」と評した特設ステージです。FMうしくうれしく放送では生中継もあるそうな。

 それにしてもレポーター、山口まな美君。感染しちゃったか...。感染源?アタシじゃないと思うケド。

2017年7月27日 (木)

行きたかったお蕎麦屋さん

 たまたま通りかかったときに知りました。Blogの格好のネタ! もはや味なんてどーでもイイ。いつかゼッタイ。と思っていましたが...。

Komonsoba まさか閉店しているとは。

ちょっと見えにくいですが、

何てお店か分かります?

 ただ調べると、まだ他に店舗がある模様。其れがこのお店の系列なのか、それとも全く関係ないのか、とにかく名前が一緒なので、そちらには是非とも伺いたいと思います。

 ところで近年、空港の名前が地名から、知名度の高い縁のあるモノの名前に変わったりしています。例えばショパン空港(ポーランド:ワルシャワ)とか高知龍馬空港とか。其れになぞらえると茨城空港、「納豆空港」や「水戸黄●空港」ってなったりする!?

2017年7月26日 (水)

ホスト不在

 こんなコト、初めてでした。行ってみたら主役不在。冠番組をやっている人、その本人が不在なんてねぇ。そう言えば昔、「笑っていいとも!」でもタモリ不在ってあったケド。

Oliversmu2017i 今回で6回目かしらね。

出演させて頂くのは。

とうとう主役がいない時にも、

出演してしまったってワケ。

 そう言えば大昔アタシ、アーティストの代役をしました。live imageで。1回目と2回目の。そう、小松亮太君のね。背格好も、顔も(角度によっては)似ているので...って、そういうコトじゃありませんが、そのときは小松君目当てで来たお客さん、ガッカリしただろうなぁ。ゴメン。

 啼鵬もコミュニティーFM牛久うれしく放送では冠番組をやらせて頂いていますが、主役不在なんて事がないようにしなければ。

2017年7月25日 (火)

Band Director

 今年は珍しく、吹奏楽指導が入りました。自分の曲でもなく、編曲したわけでもなく、純粋に指導をする役。以前にもありましたが、もう3年前のハナシ(2014年8月2日参照)。しかも今回は2校も!

Suicon57th 啼鵬の昔の夢は、

学校の先生になる事で、

現に東京G大を卒業して某学校を受けるも、

書類で落とされ、夢破れる。その後某音楽高校の常勤のクチがあったのですが、時既に遅し。アタシもそれなりに地盤を固め、一匹狼としてこの業界を渡り歩き始めたところでした。

 ま、「教える」という事は好きですし、今でも弟子は何人か。アマチュアから受験生、プロまでおりまする。

 「教える」事の醍醐味は、答えが1つではない、というところでしょうか。そして出来なかった事が出来るようになる、分からなかった事が分かるようになる、というのは人間にとって究極の喜びではないかと。

 さて今回。結果の求められるものだったのですが、果たしてどうなるやら。吹奏楽部の皆さん、健闘をお祈り申し上げまする。

2017年7月24日 (月)

またしても蜂騒動

 この話題、覚えていらっしゃいますでしょうか。一般家庭の庭先に、蜂の巣が出来る確率がどれくらいあるのかは分かりませんが、ウチは築16年で3回目! いや、本当はもっとだったのかも知れませぬ。気が付かなかっただけで。

Bee8 変な構図ですが、

エアコンの室外機を覆う、

よしずを支えるハシゴの中。

って、何ともまどろっこしい言い方ですが、

要は前回と同じ(2012年10月5日参照)!

う~む、5年ごとに出来るのか?蜂の巣って。しかも同じ場所に。

 またあの、必殺兵器で駆除する事になるのかなぁ。今度買ってこよ。

2017年7月23日 (日)

壊れた弓

 少し前の記事で、恒例の高校生弦楽合奏を指導した話を(2017年7月14日参照)。その最後の言葉。予期せぬ出来事!?

 実のところ、Violaのケースを開けたのは久しぶり。Violinは生徒もいるし、CelloやContrabassはオケでも弾いているので、頻繁に。しかしViolaは最近、いつ弾いたっけ...。

Aryfrance1フタを開けると何と、

弓が壊れているではないか!

ラッピングと呼ばれる、

人差し指が当たるところ。ほつれているでしょ。その元の黒い部分、サムグリップと言うのですが、そこが劣化してほどけてしまったのでしょう。勿論音は出せますが、非常に弾きにくい。

Aryfrance2 早速修理に出して、

ラッピングをまき直してもらいました。

以前は金属でしたが、

今回は糸で。ちなみに金属アレルギーの人は、このラッピングを糸の他、いいヤツだとクジラのヒゲにしたり。そのヒゲもイミテーションもあったり。

 そして修理して初めて迎えた本番。そう、Violaで本番なんて、いつぶりだろう。ちょっと鳴らせずに終わってしまった感が...。

2017年7月22日 (土)

つけ汁蕎麦ブーム!

 いつからこのお店があるのか、いつも通っていると分かりませぬ。いや、物心ついたときにはあったのかも知れませぬ。ようやく入る機会がありました。

P_20170722_123141_bf 最近気になっていたのは、

張り紙の「つけ汁蕎麦ブーム!」。

この「~ブーム!」という部分を、

どう解釈すれば良いのか。単純に額面通りならばそれはそれで良いのですが、そもそも「つけ汁」はナニ? 店に入るとそれは鴨のつけ汁だという事が判明。まぁ、「つける汁」と考えれば、もりそばもざるそばもつけ汁蕎麦なんですケド。

P_20170722_122021メニューはセットものが目立ちました。

そばは太い田舎蕎麦。

これは好みの分かれるところ。

アタシもどちらかを選ばなくてはならない、となれば細い麺の方ですが、麺類の中では蕎麦がイチバン好きなので、太くても細くてもイイです。

 そして気になるメニューが...。山形で食べたっけ、同じ名前のメニュー。次回は其れだな。

2017年7月20日 (木)

横川でない釜飯

 全国駅弁の人気ランキングでは、常に上位に入る横川の釜飯。これは通称とでも言いましょうか。JR信越本線横川駅のおぎのや製「峠の釜飯」が詳しい名称。啼鵬は高校生のときに初めて食べて、それ以来何度も。このBlogの記事にした事もありました(2014年6月29日参照)。

 まだ北陸新幹線の無かった、特急あさま時代。横川駅に停車している間に、大急ぎで買ったものです。現在新幹線は横川駅には停まりませんので、車内販売か、おぎのやの店舗で買う事になりまする。

 今回の釜飯はJR中央本線塩尻駅で買ったもの。

Sansaikamameshiとり釜めしと山菜釜めしと2種類売っていました。

今回は山菜を。

ちなみにテーホーは大の山菜好きで、

立ち食いそば屋では基本、山菜そばを頼むほど。大昔に山菜は発がん性物質が云々なんて事が話題になりましたが、ンな事は全く気にしませぬ。

 で、この山菜釜めし。本家(と言って良いのか)横川よりはちょっと安く、其れは釜の代金の分かな、と思いました。峠の釜飯は益子焼きですが、こちらは樹脂。中身は美味しいですが、そのガワのせいで、チープ感は否めませぬ。しかし焼き物の場合は、その処分に困るのも実情。1個や2個だったら、何とか余生を考えますが、これまで食べた数を思うと...。

 余談ですが峠の釜飯。恐らく横川駅が群馬県の駅というのは、駅弁の知名度ほどには知られていないでしょうな。長野にでっかいおぎのやがあるので、そちらの印象の方が強いでしょうか。加えて器の益子焼きは栃木。こういう駅弁も珍しいかも知れませぬ。

2017年7月19日 (水)

山賊焼き

 何度か行っているのに、未だ食べた事の無かった「山賊焼き」。長野県や塩尻志の名物!?

Sanzokuyaki2「~焼き」って言うから、

てっきり焼いてあるものかと思いきや、

唐揚げ?

ムネですかね、

この1枚丸ごと唐揚げは、

なかなかの食べ応え。少し前に食べたカレーを思い出しました(2017年6月28日参照)。

 ちなみにこのお店、テーホー的にはかなりそそられるモノあり。何しろメニューが優に100は越えていて、いくつものカテゴリーに分類されていまする。その中には「納豆」という区分もあり、まるでアタシを誘っているかのよう。

 ところで今は大相撲名古屋場所。長野出身の関脇御嶽海関の活躍。地元では沸いている事でしょう。我らが横綱稀勢の里を破り、更に白鵬の大記録を阻み、スッゴイ事になっております。終盤戦も期待しておりまする。

2017年7月18日 (火)

まずいもの探検記【袋タイプ】

 たまたま見つけました。地元ドラッグストアだったかな。早速購入。

Yamaokafukuro1そう言えば最近は、

ネットショップも出来て、

ラーメンは元より、

グッズ関係も販売。そういう方向にきたかぁ...。フツーのラーメン屋さんには、まず出来ない事です。やはり資本力と体力があるってコトかしらねぇ。

Yamaokafukuro2 で、作ってみたんですが、

まず開封してちょっとガッカリ。

あの特有の極太麺ではない...。

あ、パッケージには「プレミアム塩とんこつ」とあった。アタシも店舗で食べましたが、其れの麺は、レギュラー・メニューとは違った麺だったのを記憶しています。

 ま、麺の太さはともかくコレ、万人ウケを狙ったバージョンでしょう。あまりらしさが感じられず、食べやすいですし、特有の臭みもかなり薄まった感じ。

 恐らくいないでしょうけど、コチラのものを先に食べた人が、実際の店舗に行って悶絶!なんてコトにならなきゃいいですが。

2017年7月17日 (月)

東京電環

 ちょっと前のテレビの画面に映った切符。東京電環。これには反応せざるを得ませぬ。子どもの頃、よく耳にした単語。正式には東京電車環状線というようですが、「とうきょうでんかん」と大人達はよく言っていました。

Dsc_5195つまりは山手線の事なんでしょう。

実際には山手線は3つの管轄に別れているため、

環状線ではないのですが、

見た目は誰が見たって輪っかです。

 常磐線で言うと昔、東京自由乗車券というものがあって、山手線+αが乗り降り自由という切符がありました。Suicaに変わってからしばらくして廃止。これは痛かった。我々地方に住んでいる者は、上京したときに色々用事を済ませるので、この切符は非常に有り難かったのですがねぇ。

 どれくらい前だったか忘れましたが、アタシの前に並んでいたオバちゃんが窓口で、「でんかん往復」と言って切符を買っていました。「おっ!久しぶりに聞いた。通じるのか?」と思っていましたが、窓口の人はちゃんと対応していた様子。

Jobanhiyokko その上の写真は、

この番組に登場したのですが、

常磐線がこういう番宣をするなど、

かなり珍しい事です。架空の地域とは言え、沿線でも無いだろうに。

 1つにわかテツに言わせてもらえば、「つくば号」はちょっとな。確かに特急の名前って平仮名は多いですが、「つくば」と書くとどうしても現在の「つくば市」をイメージしてしまい、すっごく新しい印象なんですわ。せめて「筑波号」だと良かったのでは?

2017年7月16日 (日)

啼鵬作品に再会

 2017年の啼鵬は委嘱作品の年。その世界初演のトップを切ったのが長野県塩尻志学館高等学校吹奏楽部。最終リハーサルにお邪魔した模様は以前記事で(2017年6月4日参照)。今回はコンクール前の最終指導。そう、彼らは拙作で今年のコンクールに挑みます。

Shigakukanshisui3 前回の指導からは1ヶ月以上経っているので、

当たり前と言えばそうなのですが、

今回の彼らの演奏、

前回とは別のバンド?と思えるほどの進歩。いや、進化か。これは指揮者先生の指導のたまものかと。演奏作品を追求する姿は、我々作曲家にとってはこの上ない喜びです。

 そして今回、再会がありました。トレーナーとして指導に来ていたClarinet奏者、松山美甫さん。彼女はかつて啼鵬作品を演奏した事のある人で、言ってみれば今回は2度目の啼鵬作品。また彼女の出身校との共演は、啼鵬のキャリアの中では特記事項に値する出来事で、未だに語り継いでおりまする(2007年6月18日参照)。

 高校卒業後、音大に進学。卒業して職業音楽家として頑張っている松山さんですが、今回の拙作に対する彼女の指摘は非常に的確で、また楽譜の読解力に優れ、曲の構造をしっかり理解しています。

 あの頃高校生だった子が、こうして成長して、そして一緒に仕事をする。アタシもまだまだ勉強をしなくてはいけませぬ。

2017年7月15日 (土)

高安ラーメン

 この前はありつけなかった高安ラーメン(2017年6月23日参照)。名古屋場所も始まったことなので、早速お店に行ってみると...!?

P_20170715_192547なんと満席で、

しばらく待つことに。

行列嫌いのテーホーは、

普段だったら、

満席だとすぐ他の店へ。

今回は高安ラーメンが目当て。

この日を逃すと、

いつ食べられるやら。下手すりゃ秋場所まで待つ事に?

 ちなみに店内を見渡すと...、おぉ、いたいた! 高安ラーメンを食べている人。って言ってもその1人だけか。元々常連さんの多そうな店。この高安フィーバーで、急に来店客が増えた、って感じでは無さそうな...。

Takayasuramen そしてついに!

カレー・ラーメンにカレー・コロッケ。

これぞ夢にまでみた高安ラーメン。

いや、夢はみなかったか。このカレー・コロッケ、スーパーのお惣菜で売っているようなものとは違って、かなり手間暇をかけている感じ。ちょっと辛く、レンコンが入っているのか、イイ感じの歯ごたえ。単品では¥150。

 兄弟子の横綱稀勢の里は休場してしまいましたが、大関高安はこれまで1敗。順調な滑り出し。新大関の場所、頑張って欲しいです。

2017年7月14日 (金)

弓持ち三年

 気が付くと全国高校総合文化祭を来月に控え、啼鵬もぼちぼち水面下では動いておりまする。今回は水面上の(!?)活動。

Kigaku2017 そう、

もう毎年の恒例ともなりました、

弦楽合奏指導。

今年のメンバーは恐らく、最も経験者の割合が少ないかと。つまり1年生は、4月に入学して入部。まだ楽器を手にして3ヶ月程度という事になります。

 啼鵬にとって最も頭を悩ませるのが選曲。もちろん高校生なのでメンバーは入れ替わります。数年毎に同じ曲をやっても、全く差し支えありませんが、実のところ、これまで数年間指導してきましたが、同じ曲はあまりやっておりませぬ。我々指導陣も、いつも新鮮な気持ちで取り組みたい、といったところですね。

 選曲傾向は啼鵬の出身教室である、土浦音楽院での経験が大きく影響していると言って良いでしょう。

 そして今回、啼鵬に予期せぬ出来事が...!?

2017年7月13日 (木)

ファミレスにも台湾の波

 以前山形市内の飲食店に出されている、台湾モノについて記事を書きました(2016年9月10日参照)。何故山形で台湾なのかは、未だに謎のままですが、今回は地元のファミレス。

Bamiyantaiwan 台湾まぜそば、

追いメシ付き。

中華系有名ファミレスで。

「中華」という括りに、「台湾」が入ってくるとなると、政治的な事も絡むでしょうから、我々外国人が云々する問題ではありません。ま、料理ならばいいのか...!?

 味は平均点といったところで、本場(!?)名古屋の味仙や、其れをかなり忠実に再現したものを食べ慣れていると、ちょっとモノ足りませぬ。恐らく温泉玉子が原因かと。今まで食べたものの多くは卵黄でした。ここら辺は好き嫌いにも影響するか。

 逆に平均点という事は、万人ウケするというコトか。台湾モノの認知度を上げるのに、一役買っているかも知れませぬ。

2017年7月12日 (水)

つや姫検証:三女

 もう次女まで検証してしまうと、今回のミッションは完了、と言う感も漂いますが、手に入ったので。

Tsuyahime3d パックご飯というジャンルでは、

どうやらダントツ1位のシェア。

テレビCMも展開しているので、

知名度もバツグン。

その中でつや姫バージョンが、

どれくらいの割合を占めているかは分かりませんが、「つや姫」というブランド名よりも、「サトウのご飯」のブランド力の方があると思うので、売れているのではないかと。

Tsuyahime3gお米は山形県産ですが、

サトウさんは新潟市。

米所新潟で、

しかもパックご飯のパイオニア。そもそもこの業種でのノウハウもあるでしょう。非常に完成度の高いご飯でした。

 そうなってくると、やっぱ次女が気になるな。も1回食べてみっか。

2017年7月11日 (火)

つや姫検証:次女

 発売時期も分からないし、そもそも全部で何種類あるかも分からないので、本家以外はその他大勢で良いのですが、ま、便宜的に次女って事で。

Tsuyahime3c 今回の主役とでも言いましょうか、

彼女の出現によって、

このBlog記事が意味を持ちます。

本家を絶賛するだけならば、

単なる宣伝ですからね。

 山形市内の¥100ショップで見つけました。200gで税込み¥108。ちなみにその¥100ショップ、茨城にはありませぬ。調べると何と静岡県を拠点にしているお店で、関東にもあるようですが、例えば東京だと23区外にしかありませぬ。

 実はその¥100ショップ、かなりテーホー好みの品揃えで、DAISOやSeria、キャンドゥと言ったお馴染みのショップとは、明らかに一線を画しています。おっと、そちらを語り出すと止まらなそうなので、この話題もいずれ。

 話を戻しますと、その特色ある¥100ショップだからなのか、この(太った?)つや姫。

Tsuyahime3f特記事項は何と言っても、

販売者が「神戸」の業者さん。

山形県産のうるち米とありますが、

「添加物不使用」とわざわざ明記するあたり、本家との差を感じざるを得ませぬ。

 更に気になるのはナトリウムの量。今回のは0mgなのに、本家は4.5mg。これは大きいんでないかい? 取り分け味覚にも大きく影響しそうな...。脂質もこちらは200gに対して0.6g。本家は150gに対して0.75g。多い...。

 そしてイチバン問題の体感味覚(!?)。すみませぬ、明らかに本家とは違うのですが、その違いを表す言葉が見当たりませぬ。美味しいかって? うん、¥100ショップの美味しさだな。

2017年7月10日 (月)

つや姫検証:長女

 ブランドというのは、自ら名乗っているだけでは成立せず、周りに認められてこそ成り立つもの。「知名度が低い」というのは宣伝に問題があるにしても、結局は品質の善し悪しを評価するのは評論家や消費者。「粗悪品」というレッテルを貼られると、もはや「ブランド」とは言えませぬ。

Tsuyahime3b 例のつや姫三姉妹問題(2017年7月7日参照)。

検証をするのですが、

まずは本家から。

ま、これはモノホンですし、

基本を知る、と言ったところ。

ちなみに量は150gと、今回の中では少ないパッケージング。これは評価の分かれるところでしょう。「ちょうどイイ」と言う人もいれば、「たらん!」という人も。

Tsuyahime3e 果たして中身。

いつも思うのですが、

パックご飯って、白過ぎません?

う~む、うちの普段のお米の色とは比べられないか...。テーホー家は玄米を毎回、食べる分だけ精米して炊きまする。その精米器の調子も芳しくなく...。

 ま、それはともかく美味い! おかずと一緒に食べるのがもったいないくらい。そしてパックご飯は基本、家庭の炊きたてご飯には敵わない、と思っている人がいたら、その考えを改めなくてはなりませぬ。ま、それも炊き方にもよるのでしょうけど。

 取り敢えずは本家は美味いに決まってますわな。

2017年7月 9日 (日)

第7回土浦タンゴ・フェスティバル

 気が付くともう7回目。土浦タンゴ・フェスティバル。今年は「ラ・クンパルシータ」が出来て100年、更にピアソラ没後25年、という年です。

Img_7149 今年は初めて、

いつものA.R.C.ではない編成でのステージ。

特記事項は何と言ってもViolin奏者、桑田穣さんの参加。

 啼鵬のViolinの師匠の息子さん。アタシのガキの頃からのお付き合いです。世代も違いますが、啼鵬とはランクの違う音楽家なので、本来でしたら気軽に共演をお願い出来る立場ではございませぬ。

Img_7155 しかし啼鵬のわがままを聞き入れて下さり実現。

結果、素晴らしい音楽を聴かせて下さいました。

久しぶりに演奏した「タンゴの歴史」も、穣さんの音色、音楽性でまた新たな息吹が。

 お暑い中、お忙しい中、お越し頂きましたお客様、有り難うございました。

2017年7月 8日 (土)

珈琲店で生演奏

 少し前にネットニュースで話題になった珈琲店「サザコーヒー」。某有名チェーン店を凌ぐ人気と紹介されましたが、ホントここは人気店で、会場下見のために訪れた平日昼間でも、お客さんがたくさんいました。

Img_7074 月に1度、

レコード・コンサートをしているようですが、

今回は生演奏でという事で、

茨城気鋭の若手マルチ・プレイヤー、稗田隼人君と行って参りました。

 この珈琲店は、茨城放送「ラテン・フォルクローレをご一緒に」という番組のスポンサー。なので、ずっと前から名前だけは馴染んでいました。つくばも店舗があるので、そちらには行った事もありましたが、今回本店は初めて。

Img_7061 またこの中庭がスバラシイ。

今日も暑い日だったのに、

このテラス席なんか、

とっても過ごしやすくて、自然に囲まれた涼しさ、というのを体感。こういう所で頂く珈琲は、とても美味しいです。いや、そもそもここのお店の珈琲が美味しいんですが。

Img_7079 今日の稗田君は、

Guitar,Contrabassに加え、

Harpも演奏。

彼のマルチぶりは、

啼鵬の及ぶところではありませぬ。

そしてまだ20代の彼。まだまだこれからパワーアップしていく事でしょう。いやはや、スゴイ若者が出てきたものだ。しかもこの茨城、つくばに。

 そして彼とは明日も一緒。そう第7回土浦タンゴ・フェスティバル。今年はちょうど日曜日。今回はViolinに桑田穣さんを迎え、例年とは違う趣向。「ラ・クンパルシータ」が出来て100年。そしてピアソラ没後25年。盛り沢山で行います。

Tangofes7th

2017年7月 7日 (金)

つや姫三姉妹

 つや姫と言えば、山形県のブランド米。いや、山形発祥の、と言った方が良いでしょうか。他県でも生産されていますし。啼鵬もここ数年、山形に行くようになると、飲食店などで頂きましたが、美味しいです。ホント、かなり美味しいです。

 ちなみにロゴマークは、あの五輪エンブレム問題の人の作だそうで。

 パックのご飯も販売されているのですが、それが...!?

Tsuyahime3aこんなにあるん?

いや、ホントはもっと??

たまたま同時期に手に入ったので、

検証する事に。

 向かって右はテレビのCMでもお馴染み。あのメーカー。つや姫バージョンってところですか。つまり他の地域のブランド米もあったり?

 向かって左はやまがたファーム。これが本家ですかネ。

 そして真ん中は¥100ショップで売られていたもの。コレを見っけたために、Blogの記事にしようと思った次第。さて、その検証結果は...!? 乞うご期待。

2017年7月 5日 (水)

カールに思う

 恐らく2017年のトピックスの中で、割と心に残る話題でしょう。生活を脅かす大事件ではありませんが、時代の変化を物語っている重要事項かも知れませぬ。

 明治カールの販売体系変更のアナウンス。こちら東日本では、買えなくなるそうな。ピーク時は190億もの売り上げのあったカールが、今や60億に落ち込み、って十分ぢゃないか!ってコトではないんですよね、明治ほどの大企業になると。

 ま、この件については様々な意見が出てきましたので、今更テーホーが云々って事はありませんが、ちょっと落ち着いたところでBlogに書こうかと思った次第。

 どこぞの記事に、ジャガイモ系のスナックであるポテチは市場をどんどん拡大していったのに対し、カールなどのトウモロコシ系はそれが出来なかったとありました。確かに。そしてその拡大は何を意味するかというと、ポテチを「ガキのおやつ」から大人の食べ物にも広げていった事でしょう。ポテチを肴にビールを飲む人はいても、カールで酒を呑む人っていないでしょう。呑まないテーホーが言うのもナンですが。

 そして「最後にカールを食べたのはいつ?」という質問には、「ええっとー、小学生の頃だったかなぁ」とか、即答出来ない大人も多いハズ。子どもが食べているのをもらった、とかは別ですが、自分が主体的に買って食べた、なんてのはガキの頃の話では?

 成長したガキは食べなくなり、本来のターゲットである子どもは、少子化の影響で激減。そりゃ売れなくなるわな。

Carldanshiこの方達も今は、

自ら進んで食べる事は無いっしょ。

それにしてもあのCMの歌、

三橋美智也さんだったとは!

2017年7月 4日 (火)

高安下敷きゲット!

 牛久市出身の横綱稀勢の里の下敷きを手に入れた話は、このBlogの読者ならばご存じのハズ(2017年2月13日参照)。しかも2枚も(2017年4月27日参照)。

 そして同じ部屋の弟弟子、しかも同じ茨城出身の高安関の大関昇進が決まった、と言えばこちらも下敷きが出てトーゼン。

Takayasushitajikiこちらもゲット出来ました。

稀勢の里のときは、

1回目は簡単につながりましたが、

あ、電話ね。2回目はなかなかつながらず。そして今回の高安関は...!?

 こちらはすんなりつながりました。まぁ、大関昇進だからかネ。これがまた優勝だの、横綱昇進だのとなったら、またつながりにくくなるのでは?

 ちなみにこの下敷きキャンペーンをやっているのは、新聞販売店の独自サービスですが、偶然にもこのお店は、牛久と土浦に店舗を構えています。佐藤新聞舗

 更に社長さん、FMうしくうれしく放送で啼鵬が担当する第4金曜日の「ぎゅぎゅっとラジオ854!」内で、「兵馬がゆく」というコーナーを。当初は別の日で、たまたま今年度の初回で、アタシの日に組み込まれた事がきっかけで(2017年4月28日参照)、その後も「兵馬がゆく」は第4金曜日に。しかも昔はお一人で喋っていたのを、今はテーホーとの対談形式。

 ラジオでは一緒にお仕事。局を離れればアタシは佐藤新聞舗の顧客。

2017年7月 3日 (月)

稀勢の里切手シート

 この切手シートの発売を知ったのは、その発売当日。テレビのローカルニュースでは、牛久の本局で行列している様子が映し出されていました。もう昼過ぎ。急いで近くの郵便局に行くと、もう売り切れ。

Kisestampしかし予約をすれば、

手に入るとのこと。

其れがようやく手元に。

つまりは増刷分か。まぁ、こういうのは初版こそが価値があるのでしょうけど、取り敢えずはゲット出来たので。しめて¥1,700。切手は¥820分ですが。

 すると今度はプレミアムフレーム切手セットなる案内。う~む、こちらは¥5,900...。高安関だったらなぁ。やっぱ土浦だし。もし高安関の切手セットが出たら、そちらは買いましょう。

2017年7月 2日 (日)

ステマネ慰労会

 少し前の話なんですが、山形で行われたサックス日和(2017年5月6日参照)。そのときにステージマネージャーをやって下さったのが、仙台フィルハーモニー管弦楽団のTrumpet奏者、戸田博美さん。プロの楽器奏者にステージ・マネージャーを頼むなんて、かなり勇気のいる事なんですが、実は楽器奏者だからこそ、ステージに立つ側の事がよく分かっているので、これほど適任はいないのです。

Saxbiyoritoda しかし、

せっかくなので、

こうしてアンコールでは楽器を吹いて頂きました。

何とも申し訳ない...。

 んなもんで、慰労会を催したのです。実は彼女、広島出身。ならばあのお店へ! そう、福島市のかっちゃんへ。

Katchantoda3 仙台フィルにはアタシの同級生もいますし、

広島カープの話から、

実は出身校である埼玉の高校の話まで、

いろいろ話しました。

 彼女のおかげで、サックス日和のステージも滞りなく進み、無事終えました。有り難うございました。そして次回も...。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ