最近のトラックバック

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

ご飯と明太子とネギと海苔

 今回の納豆モノは、ある意味物議を醸す、史上稀にみる問題作。

Setagayanattoご飯の上に挽き割り納豆、

明太子、

ネギに海苔。

見た目通り、載せただけの丼。ま、確かに多くの料理で「~しただけ」というのは存在しますが、う~む、家庭でももちょっとナニかするのでは?

 トーゼン、それぞれ自家製とかでもありませんし、食べてみれば各々の味がするだけ。ただ、食べ進めるうちに、このメニューにおける海苔の立場は?とか考えだし、本当は手巻き(風)にするのか?とか思ってしまいました。

 何故問題作かと言うと、コレはラーメン屋のサイド・メニューなのですが、肝心のラーメンは完成度も高く、ヒトの好みがあるにせよ、多くの支持を得る感じの逸品。其れのサイド・メニューとしては、何と貧相な。

 ちなみにコレよりチョット高いのが、チャーシューがのった丼で、そっちは何となくちゃんとしてそうでした。

2017年10月29日 (日)

第17回シンフォニックヒルズ日曜コンサート

 今月は週末台風。先週も島根にいましたが、飛行機の心配をしたり。そして今週はTrianguloで演奏。

Nichiyo17th基本的には住人向けコンサートなのですが、

外部からの入場もOK。

かなりの雨降りでしたが、

考えてみれば、

そういう日こそ、

出かけなくても聴けるコンサートなど、

もってこいの企画。もちろん企画段階では、天候は全く予想していませんが。

 そう言えば今年のTrianguloは、割と仕事してるかも。宮崎県は小林市でのアウトリーチを含むコンサート(2017年2月26日参照)。2回目になる北海道(2017年9月7日参照)。年内には今回の他、栃木公演も控えておりまする。

Nichiyo17th1 会場はオープンスペースなので、

天井がとても高く、

楽器の音はかなり響きます。

お客さんが入ると残響は減るのですが、それが上手い具合にクリアになり、我々の演奏環境としては最適でした。近くとは言え、大雨の中、たくさんのお客様にお越し頂き、有り難うございました。

 ところでこういった特定の住人向けコンサート。今までも何回かやっておりまする。Trianguloでも2回目かな。このBlogの創世記、越田太郎丸さんとやったっけ(2005年9月17日参照)。次に行くのはアナタの住むマンションかも知れない。

2017年10月28日 (土)

つや姫検証:四女

 以前、ブランド米「つや姫」のパックご飯版についての検証をしました(2017年7月7日参照)。3種類あったので、暫定的に(!?)姉妹にしてしまいましたが。

 そしてまた、新たに出現。ならば四女ってことか。いや、双子!?

Tsuyahime3h_2 人それぞれ食べる量も違うので、

この2分割版は用途が別れるでしょう。

それよりも気になるのは、

やはり成分。

長女と次女、三女で大きく違った、

ナトリウム含有量。

 長女が150gあたり4.5mgだったのに対して、次女と三女は0mg。この四女も0mg。コレはナニを意味するのか。

 長女は一応ホンモノ。次女以下は亜流。それらはナトリウムの含有量で区別されるのか。

 逆に言うと、そういう数値での違いがあるのは、納得しやすい部分。数値の全く同じものが数種類も出回ると、我々買い手は迷うばかり。

2017年10月27日 (金)

台風21号の露天風呂

 島根から東京と、台風21号の影響を微妙に受けつつも、運良くすり抜けられたテーホー。そして更に山形へ。そこでは台風の影響なのか(!?)、持病の症状が...(2017年10月26日参照)。

 しかし症状が出たのは、食べ物だけじゃありませぬ。

Zaohonsenやはり台風じゃムリかねぇ、

露天風呂。

ちなみにこの日の山形市。

朝方は大雨。しかし次第に天気も回復。夜には全くフツーの日になっていました。この時間も、天候自体は穏やか。入れそうな雰囲気ですが、う~む、残念。

2017年10月26日 (木)

冷やし洋風トマトそば

 先に紹介したカレー蕎麦(2017年10月24日参照)。カレーものとしては、ハイ・クォリティのメニューでしたが、実のところ当初の目的メニューではありませなんだ。

Tatsuyohi1 ホントに食べたかったのは、

冷やし洋風トマトそばコーヒーゼリー付き。

かつてトマト汁でそばを食べて、

探検隊としてのヒット商品を当てた隊長としては(2012年11月29日参照)、「トマトと蕎麦なんて、合うワケないじゃん」と思っていまする。

 しかし残念ながら今回は、「ゴメンなさいねぇ。季節が終わっちゃったんですぅ」ですと。ま、トマトは夏野菜。もちろんスーパーでは今でも売っていますが、旬では無い事は確か。終わるのもムリはない。ある意味ちゃんとしている!?

 って事は、次に食べられるのは来年かぁ。逃がした魚は大きい。こりゃ、すんげぇ美味いもんかも。

2017年10月25日 (水)

第2回定例会

 まさかまだやるとは思っていませんでした。前回は大いに盛り上がりましたが(2017年9月26日参照)。取り敢えずは局に行ってみると、今回も探検隊の定例会、という事に!?

 隊長のアタシは持っていこうと思ったものが入手出来ず、前日に行った山形のお土産を。もちろん不味いものではなく、美味しいもの。其れは口直しに大いに貢献。

Oliversmu2017n 今回はそれぞれ、

かなりハイレベル。

個人的にはOkajiさんの持ってきた、

ルートビアを体験出来たのは大きい。そっかぁ、コレがアメリカ人大好きルートビア。う~む、アタシはDr Pepperまでだわ。

 Oliverさんはネットでの評判を参考に持参したみたいですが、我ら探検隊はなるべく自分の足で探すのが基本。次回に期待したいところです。...って、あるのかなぁ。

2017年10月24日 (火)

カレー味の蕎麦

 カレーを汁にする麺類と言えば、恐らくラーメンや蕎麦よりも、うどんではないかと。しかし今回は蕎麦。

Tatsuyoshi2正直、そんなに期待はしていませんでした。

Blogネタ程度に。

しかし食べてみると、

なかなか美味い。しかもカレーうどんだと、汁は基本的には「カレー」ですが、この汁は限りなく蕎麦寄り。ホント、考えられて作っているなぁ、という感じ。

 メニューに添えられていたうたい文句「最後の一滴まで飲み干したくなる~」というのも、大袈裟ではなく、アタシは(健康には悪いと知りつつも)飲み干してしまいました。

 初めて入ったお店でしたが、実はコレの前に...!? つづく。

2017年10月22日 (日)

Music☆Star Mandolin Orchestra第11回定期演奏会

 日本列島は台風の中。啼鵬は浜田真理子さんのコンサートを終え(2017年10月21日参照)、島根県は出雲縁結び空港(スゴイ名称だなぁ)から羽田へ。飛行機は少々遅れたものの、無事到着。

P_20171022_162957 そして次なる目的地は、

青砥!

羽田からは電車1本ですよ。

以前共演させて頂いたエムスタこと、

Music☆Star Mandolin Orchestraの、

第11回定期演奏会を聞きに行きました。

よりによって、こんな台風...。

 しかしきくところによると、11回の演奏会中、3回も台風に当たっているとのこと。これまたスゴイ確率ですな。ちなみにアタシが共演させて頂いた第9回は(2015年10月18日参照)、良いお天気でした。

Mstar11th1 今回のエムスタ、

編曲モノとオリジナルをうまく取り混ぜ、

なかなかバランスの良いプログラム。

啼鵬のようにMandolinのオリジナル作品を知らない者にとっては、Mandolinを更に身近に感じるようなプログラムでした。

 アタシも自身の番組で取り上げましたが、今年は芦田愛菜さんがマンドリン部に入部。もうMandolin業界はこのホットな情報で持ちきり!? こりゃ、くるでしょ。MandolinのMovementが。

 エムスタの皆さん、お疲れ様でした。

2017年10月21日 (土)

浜田真理子コンサート:Town Girl Blue

 自身のルーツがありながら、人生2度目の島根県。入り日にリハーサルをして、翌日本番。

Towngirlblue1恐らくイチバン不安だったのは、

歌姫、浜田真理子さんじゃなかったかなぁ。

今回はプロデューサーの久保田麻琴さんの紹介。

「え?中国の方ですか?」って、

お約束の感じになったコトは、

想像に難くありませぬ。

 しかもアルバムではAccordionだったって言うから、こりゃ印象が随分変わるんじゃないかねぇ。アタシ自身はとても楽しんでプレイさせて頂きましたが。

Towngirlblue2 しかもBassの加瀬達さん、

Drumsの服部正美さん、

そしてプロデューサーの久保田麻琴さん、

それぞれとの再会は嬉しかったですね。

 何よりも久保田さん、アタシの事を覚えていて下さったおかげで、今回のセッションが実現。う~む、髪も金色じゃないし、キャラも薄いテーホーは、なかなか人に覚えてもらえないんですがねぇ。

 そして台風接近の中、ご来場下さいましたお客様、有り難うございました。

2017年10月20日 (金)

ルーツへ

 島根県を訪れるのは、恐らく2回目。Trianguloで津和野に(2009年11月8日参照)。今回は松江市なのですが、歌手の浜田真理子さんのバックバンドで。啼鵬にとっては初めての対面。しかもリハーサルは前日の1回のみ。

Mushizushi お食事は名物の、

蒸し寿司。

温かいお寿司です。

なかなか美味しい!

 更にこの日は、浜田さんがナレーションを務められた、NHKの番組が放送。

Ruth92みんなで其れを観ました。

なんと92歳の女性ピアニストの話。

かのRachmaninovに習ったって!

 リハーサルも無事終えたのですが、問題は明日の天気。そして帰京は22日になるのですが、飛行機はちゃんと飛ぶのか等、心配だらけ。

 ところで啼鵬にとっての島根県は、47都道府県で最後に訪れた地という事なのですが、ならば縁遠い存在かというと、母方の祖父の出身地。親戚とかもいるのかしら。そんな地で演奏とはね。

2017年10月19日 (木)

イオンで投票

 選挙は、投票する権利を得てからは欠かさず行っておりまする。期日前投票も何度か利用していて(2006年12月7日参照)、今回も島根からの帰りの日。恐らく当日に行く時間は無いので、今回も期日前投票へ。

Sosenkyo2017 おっと、

今回はイオンでも出来る!

ま、一番近いのは違う場所なのですが、

ついでに買い物ってのもアリだし。

恐らくはその逆の意味で、

イオンを投票場所に決めたと思いますケド。

 行ってみると衝立で囲っただけの投票所。にもかかわらず、スタッフはいっぱい。まず入り口に立っている女性は案内人。入場調整をしていました。受付が3人。まず小選挙区。次に比例区の受付も3人。で、更に立会人ですか。その方達も3人くらい居たか。

 行ったのは18:30くらい。投票される方も、結構来ていました。

 ところで、投票所を出るときに、出口調査を受けました。有名なマスコミの。出口調査を受けるのは、これまでの投票人生で2回目。1回目も今年。夏に行われた県知事選。

 魅力度ランキング最下位の茨城ですが、県知事選はチョット注目を浴びてました。現役では最長となる、7期目を目指した現職。其れに対する、国政では何かと問題が浮上していた、自民党の擁立候補。結果はご存じの通り。

 そのときが人生初の出口調査。こちらは新聞社だったのですが、実は今回と前回、調査手段に大きな違いがありました。初めてのときはタブレット端末で。今回は紙に鉛筆で○をつけて。コレって、調査企業のナニかに関係しているのかしらねぇ。

2017年10月17日 (火)

消えたドン.キホーテ

 閉店したのは随分前のハナシ。それでも建物は残っていたのですが、先日久しぶりに荒川沖駅の東口側に行ってみると、

Arakawaokieast1なんと建物が無くなっているではないか!

この写真の右端にある、

階段が付いている建物は、

駅に通じているのですが、その部分とお店がくっついていました。駐車場になってしまったのかい。どうやら止めてから24時間¥300。いや、24時間毎。

 この値段、取り立てて安くはなくフツーです。アタシがいつも止めているところは24時間で¥200ですから。しかももっと凄い1回¥300というのもありますし(2008年7月29日参照)。

 ところで「ドン.キホーテ」の「ドン」と「キホーテ」の間は、「・」ではなく、「.」なんですよね。何故だろ。

2017年10月16日 (月)

悩めるグルメ隊長

 先日は実に首尾良く、今まで知らなかったラーメンにありつけました(2017年10月14日参照)。OOSAKI病の症状が出なかっただけでなく、混む前にささっと。しかも安くて美味しい。

 ただ、そこに至るには周到な下調べ...って、単にスマホで調べただけですが、何しろテーホーの持病に加え、恐らくはグルメ隊長柏木広樹殿も重症なのではないかとの疑い。

 隊長との食紀行でOOSAKI病が発症したのは、恐らく北海道が最初(2006年11月30日参照)。その1年後には、超伝説となる発症が(2007年7月1日参照)。今でもこのときの症状は、事ある毎に語り継いでいますが、このときはアタシよりも、隊長じゃねぇの?って感じでしょう。

P_20171012_184003ま、それももう10年も前のハナシ。

しかし隊長にしてみると、

「あれからなぁ、結構そういう目に遭ってんだよ」だって。

そりゃそうでしょうよ。

想像するに、

隊長はアタシなんぞよりも、

外食率が高いでしょう。

数が多ければ確率、もとい、発症率も高くなる。

 あ~ぁ、可哀想に。あとはね、柏木サン。悟りを開くことです。食に対して。すると自然にOOSAKI病は...。

2017年10月15日 (日)

祝:10周年【Ensemble Otto Voci】

 ここ数年で、室内楽というジャンルに大きな動きがあったと言えば、それは恐らくSaxophone Quartetが増えた事でしょう。メンバーもそれぞれ売れっ子なので、四重奏団としての稼働率はまちまちですが、それだけ優秀なSaxophone奏者が出てきたってコト。

 しかしながら八重奏ともなると、レギュラーで活動というのは非常に少なく、中でも女性のみで結成しているEnsemble Otto Vociなどは、希有な存在かと。そのOtto Vociが10周年を迎え、演奏会を開催。

Ottovocihakuju啼鵬の編曲作品も取り上げて頂き、

実は初演の曲もありました。

お邪魔するのは2年半ぶり!

前回はフランス音楽特集でした(2015年4月10日参照)。

う~む、何となくその日も雨だったような...。

今回も雨でしたが、会場でお会いした馴染みの楽器屋さんも「ボクがOtto Vociに行くときは、たいてい雨だね」と。なんだ、テーホーのせいじゃないんだ。

 今回の演奏会で一番興味深かったのは、北方寛丈氏編曲によるFrancis Poulencの「ミサ曲ト長調」。オリジナルはア・カペラ合唱。オリジナルの方を是非聴いてみたくなりました。

 Ensemble Otto Vociの皆様、10周年おめでとうございます。そして拙作を取り上げて下さり、嬉しい限りです。今後のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

2017年10月14日 (土)

人気店だった店

 日本語はムズカシイ。「人気店だった~」というのは、そのお店が過去には人気があって、今は閑古鳥、というのではなく、我々が後から「どうやら人気店だったようだ」と知った、という意味で。

 この前のOutro Laboで(2017年10月12日参照)、リハーサルを終えた一行。開演までの時間に食事を済ませる事に。ではどこへ?という事で話しているうちに、「○○××な店があるらしいよ」という事で、メンバーの誰も行った事が無い店へ。

Kitaohtsuka2 場所はすぐに見つかり、

入店すると真新しい店内。

客はほんの少し。

食券を買って待っていると、

お客は次から次へと。

あっという間に満席。そうこうしているうちに、アタシらのオーダーしたラーメンも出来上がり、見た目でまず感心。すすって納得。しかも安い!

Kitaohtsuka1 柏木グルメ隊長以下、

我々も皆、

大変な満足感を得て、

ライブハウスに戻ってきました。

 ちなみにOutro Labo一行は、絶妙なタイミングで入店したようで、食べ終えて店外に出たら、かなりの行列。10分遅かったらコレに並んでいたかと思うと、何とラッキーな。

2017年10月13日 (金)

自称SAYAMA's Children

 今回の「Outro Labo」。啼鵬にとっての特記事項は、何と言っても佐山こうたさんとの共演。あの佐山雅弘さんのご子息。若い頃、Jazzを勉強しようとしたときに、佐山センセの教材、かなり勉強させて頂きました。

Sayamakota1Piano Soloに編曲された楽譜。

これなんか、

どれくらい弾きまくったか。

あと教則ビデオ。VHSで6巻。人に貸したままになってしまいましたが...。

 とは言え、豪語するほど身についたワケではなく、やはりテーホーにとってJazzという分野は、未だに憧れの領域。Childrenと名乗るには、自称止まりだわね。

 それにしてもこうたさん、声は御尊父様クリソツ!

2017年10月12日 (木)

Outro Labo始動

 どうやらユニット名だけを見るとOut of The Standardに意味が似ていまする。言ってみれば、やはり「外れ者」という感じですかねぇ。
 越田太郎丸さんとは、TANGO OGNAT以外では、久しぶりのセッション。柏木広樹さんに至っては、こういった形での共演、あまり記憶にございませぬ。そして初顔合わせの佐山コウタさん。
 楽しい夜になりました。
P_20171012_190550


2017年10月11日 (水)

人間将棋盤へ

 テレビではよく見ました。桜の綺麗な時期に、ヒトが駒になって将棋を。

Ningenshogi2そんな人間将棋をやる会場へ、

連れて行って頂きました。

イベントをやっていないので、

人はあまりいませんでしたが。

 パッと見、意外と小さいんだな、と思いましたねぇ。「起きて半畳寝て一畳」とは言ったものですが、1マス半畳もあるかしら。

Ningenshogi3 実のところ、

アタシは将棋はやらないので、

ルールもあまり分かりませぬ。

そんなテーホーが唯一触れた将棋モノと言えば、かつて「ビッグコミックスピリッツ」に連載されていた、「月下の棋士」。V6の森田剛主演でドラマ化もされ、将棋も分からないのに観ていました。

 そのものがよく分かっていなくても、漫画やドラマが楽しめる。大事なことです。専門性の高い題材の場合は。

2017年10月10日 (火)

劇的市民体育祭【下】

 出場する事が決まってから、特に体作りをするでもなく、イメージ・トレーニングばかり。もちろん110mハードルで市内陸上に出場したり、50mを6秒6で走ったなんて、遠い過去のハナシ。トーゼン今でもそんなに走力があるなど、これっぽっちも思っていませぬ。

Shimin2017f 野菜を拾いながら走る、

収穫競争で、

多少のシミュレーションを。

そう、メインはあくまで「年齢別対抗リレー」。その40代代表になり、しかもアンカー!

 アタシにバトンが渡ってきたのは、4チーム中3番目。かなりのスピードで走ったと思いますよ、我ながら。だって2位にかなり肉薄するところまで追いつき、「こりゃ、イケる!」、もとい、「コレを抜かさなければ、男が廃る」と色気を出した途端...

Shimin2017gまさかの転倒。

足がもつれた、

と表現すれば良いのか、

よくドラマでお約束の、ゴール直前の転倒。そう、正に絵に描いたような。

 後ろからは元サッカー部で現役消防士の、前PTA会長が追ってくるし、また其れを、実況アナウンスがあおる。アタシャてっきり、すぐ後ろに迫っているものかと思っていたのですが、後で見てみるとそうでもない。だったら安全パイで転ばずに...。

 なんて言うのは良くないな、人生に於いては。ビリケツになって地区の皆さんには申し訳無かったですが、個人的にはチョー久しぶりに制御不能の本気を出しました。これからの人生、あと何回そういう事あります? 皆さん。

2017年10月 9日 (月)

劇的市民体育祭【上】

 去年と一昨年は、雨のため開催されませなんだ。体育の日だったのに。だって「体育の日」って、統計で最も晴れが多かった日、と聞いておりますが。

 「市民体育祭」。各々の小中学校の運動会とは別に、市民のための(!?)運動会です。住んでいる地域対抗の。どうやらコレ、地域差があるようで、やらない地域にとっては、「なんですか?」って感じでしょ。

 冒頭に書いた通り、久しぶりの開催でしたが、ウチの地区は特に運動系が強いワケでもなく、かといって他の地域のように、仕事が終わってから集まってムカデ競争を練習するなど、そんな努力をするワケでもなく。まぁ、気が付けば新しい住人も増えて、どうなるやらってとこ。

Img_7583 にも関わらず、

いきなり最初の小学生リレーから1位。

気が付くと5つも1位を獲る奮闘ぶり。

残念ながらアタシが直接、

これらのトロフィー獲得に関わったワケでは無いのですが、

うちのチビはこれらのうち、2つのトロフィー獲得に貢献。

 そうなってくると、さして関心の無かった我らの地区も盛り上がりを見せ、

Img_7587終わってみると、

なんと準優勝!

3位以内など、

恐らく10年ぶりとか、いやいやもっとかも知れませぬ。

 ちなみに優勝した地区は今年の当番地区で、いろいろ中心になってやって下さった地区。また元々スポーツも盛んなのか、綱引きをしたときなど、まるでプロ集団(!?)とやっているくらい強く、全く歯が立ちませなんだ。

Img_7589 そして戦利品。

も少しあったかな。

競技が終わる毎に、

本部や地区から参加賞が。籠の中味は競技で使ったキャベツと玉葱。他にも大量のトイレットペーパーやボックス・ティッシュ、洗剤なんかも。

Img_7582 しかし、

喜んでばかりもいられませぬ。

アタシはこの負傷!

テーホーのこの傷のワケは?

...つづく...。

2017年10月 8日 (日)

窓から花火

 久しぶりに、花火大会の日に在宅。せっかくなので、どこかに見物に行こうと考えるも、やはり子どもがいるとムズカシイ。自宅から20分ほど歩けば、割とよく見えそうな陸橋に。しかし自分だけならともかく、チビが一緒の徒歩20分は大変。

Dsc_0127 もしや、と思い、

自宅の窓から観ると、

おぉ!

...って、写真には写っていなんですが、花火が見えるではないか!

 ただ残念な事に、小学校敷地内にある、学童保育施設の建物に阻まれて、花火の上半分くらいしか見えませぬ。それも高く上がったものだけ。写真でも建物の先に、かすかに明るくなっているのが分かるでしょ。

 この日、昼間に打ち上げ会場付近を車で走ったのですが、閉鎖されたAEONの駐車場には、あり得ないほど車が無い!...って、当たり前なんですが、建設中ですら工事車が停まっていたので、こんな光景見た事ありませぬ。更に付近の道路には的屋さん達のお店がいっぱい。

 何しろウン十万人と来場する土浦花火大会。本気で見物しようものなら、かなりの気力と体力がいりまする。もうムリかなぁ。

2017年10月 6日 (金)

弓持ち半年

 今年2回目の弦楽講習会。1回目(2017年7月14日参照)では経験者の割合が少ない事から、今年はどうなるんだろ、と漠然とした不安が。

Kigaku2017b あれから3ヶ月。

う~む...。

なんてこったい。

前回とは見違えるほどの完成度。初心者軍団は弓を持ってまだ半年。日頃の鍛錬、其れを監督する先生方、何ともスバラシイ頑張り様。

 合同合奏団も、気が付けば50名を越す大所帯なので、言ってみれば数で押し切る部分もあるのが、学生らしいところですが、今回はそれらのベクトルが皆同じ方向に。数の多さが最大限活かされた理想的な形と言えるでしょう。

 僅か3ヶ月で、どんなマジックが起こったのかは分かりませんが、それが高校生って事なのかしらねぇ。

2017年10月 5日 (木)

2017年の鰻

 先日テレビで、鰻の研究に一生を捧げている方の事を。いや、大袈裟でなく。ご存じの通り鰻は、卵からの完全養殖が、現時点では出来ません。いろいろ知らない事ばかり。その先生には是非とも頑張って頂きたいです。

Matsunoya1 で、いつ食えなくなるか分からない、

鰻を今年も食べなくてはと、

いささか季節外れではあるのですが、

気になっていたお店へ。その店、いつ行ってもやっているんだか、やっていないんだか。タイミングが悪いのか...。

 今回は計画的に。無事ありつけたのですが、そう言えば鰻屋さんて、閉まるのが早い。浜松でもそういう店ばかり。何故? 鰻は基本、昼メシで食べるもんなんでしょうか。

Matsunoya2 そして何故か、

多くの鰻屋さんには、

鶏の唐揚げが。

ウチから近い店など、

そっちもかなりウリだったり(2012年7月27日参照)。

ちなみにその店、今年はOOSAKI病に悩まされました(2017年8月8日参照)。

 今回の店は、メニューが多いのか少ないのか...。天ぷらや唐揚げはあるのに、肝焼きが無い。鰻も蒲焼きのみ。白焼きはナシ。

 やはりイベント好きテーホーとしては、土用の丑の日でないと、食べた気がしませぬ。今年は逃した...。

P_20170725_193657いや、食べていた。

思い出しました。

ファミレスで。

打ち合わせだったのですが、先方がまだ来ないので、独りで。

2017年10月 4日 (水)

山形名物納豆つけめん

 まさか山形の名物だとは思いませなんだ。納豆つけめん。

Nattotsukesobaまぁ、一般的に、

東北地方は納豆の(1人あたりの)消費量が多く、

秋田などは全国1位だったり。

また、クォリティの高い納豆を製造するメーカー、

個人商店が多いのも東北地方。我ら茨城は「水戸納豆」で知名度はあるものの、消費量では一歩譲りまする。

 で、その納豆つけめん。そう言えば食べました、山形で(2017年8月12日参照)。これは山形のお店でした。そうか、山形名物だったのかぁ。

 とここまで書いて、実はこの店の他の店舗、行った事がありました(2015年8月29日参照)。おっかしいなぁ、そのときは「納豆つけめん」なんて無かったのに。そしてサイトを調べると、納豆つけめんがあるのは、天童店のみ。山形名物なのに?

 こりゃ、行ってみるしかないな。

2017年10月 3日 (火)

チューブ入り挽き割り

 前から気になっていたお店。てっきり立ち食いそば系かと思って入ったら、値段もスタイルもフツーのお蕎麦屋さん。なので想定していた倍くらいのお値段を支払う事に。

Yamaguchinatto インパクトがあったのは、

中味よりも器。

味よりもこの器で、

何となく値段に納得してしまいましたが、お蕎麦自体はちゃんとしていました。

 しかし問題は納豆。盛り付け方からも、いかにもチューブから捻り出しました、という感じ。業務用の安価なヤツでしょうか。正直、蕎麦のクォリティとバランスがとれていませぬ。それだけ蕎麦やつゆは、ちゃんとしてるってコト。

 それにしてもこの盛り付け方は、何とかならんかネ。まるで...。

2017年10月 2日 (月)

シャインマスカット補充

 何故か今年は、シャインマスカットに関する話題がいくつか。近くのスーパーの値引き(2017年9月14日参照)。その記事があったからでもありますが、規格外にデカいヤツ(2017年9月25日参照)。

 そして今回はなんと、マラソンで登場!?

Marumarason1第5回山形まるごとマラソン。

なんとそのコース途中に、

シャインマスカットが食べられるスポットが!

...ってコレは、あくまで選手向け。だと思うのですが、水分を補充する場面は見た事がありますが、まさかビタミンを補充?と言って良いのか、とにかく走ってきた選手、このシャインマスカットの入ったボウルに手を突っ込み、鷲掴みにして去って行きました。

 さすが果物王国山形!と言って良いのか...。まさか東根だったらさくらんぼでも? さし当たって茨城の鉾田でマラソン大会をしたら、メロンを出すようなものですよ。

Marumarason2 看板を見るとあの有名ランナーも。

そう、最近までドラマのナレーションをしていた。

ちなみにテーホー、

このマラソンのおかげで道路が横断できず、地下道のあるところまで遠回りしました。

 そう言えば我らがかすみがうらマラソン。まさかコレのように、レンコンを出しているんじゃ...。

2017年10月 1日 (日)

Pianoで祝福

 結婚式での演奏は、フツーは知り合いの場合のみ。客として出席して余興で演奏したり。そうでなければ、我々の業界「ブライダル」という現場があって、生演奏を必要とする場で演奏しまする。

Kosaxbiyori03 今回のが其れ。

そしてこういう現場は臨機応変

一応演奏曲の構成は考えますが、

急に「○○をする事になったので、そこでBGMお願い出来ますか?」などと、予定外の演奏をする事もしばしば。演奏の長さも如何様にも。

 しかも今回は珍しく、「披露宴」というよりも「お食事会」的な感じ。挨拶関係も殆ど無かったですし、その関係でパーティーも時間ピッタリに。

 新郎新婦、そしてご親族の皆様、おめでとうございます。演奏者紹介がありましたが、さすがにNHK朝ドラ「てっぱん」や、映画「シン・ゴジラ」はご存じでも、アタシの名前までは知らないでしょうねぇ。でも、ご親戚の方が茨城から来たとの事で、コチラは勝手に親近感を。

 末永くお幸せに。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ