最近のトラックバック

« 久しぶりの美浦村:音楽鑑賞教室 | トップページ | 2017弦楽器フェア »

2017年11月 3日 (金)

桑田穣バッハ無伴奏ソナタ・パルティータ全曲演奏会

 我が師匠の息子さんなので仲良くさせて頂いておりますが、そういったつながりでも無かったら、全く雲の上の人です。国立音大を首席で卒業。ウィーンに留学して、巨匠ミルシティンのマスタークラスを受けるなどの研鑽を積み、帰国後は第一線で活躍。その守備範囲の広さは圧倒的。恐らく日本国民で、彼の音を聴いた事の無い人はいないのでは?というくらい、浸透しております。我ら弦楽合奏団弓組にも、ゲスト・トップスターとして参加して頂きました(2017年1月29日参照)。

Jokuwatabachそのジョーさんが、

なんと6曲あるJ.S.Bachの無伴奏作品を、

一気に全曲演奏するという、

スゴイ企画。

Celloにも無伴奏曲は6曲あって、

そちらは割と全曲演奏会はやられているかと。

しかしViolinだと、あまり見かけないわね。其れがつくばで聴けるなんぞ、夢のようです。

Bachmori 会場はバッハの森

アタシが子どもの頃からあるのですが、

行くのは今回が初めて。

SoloやDuo規模のコンサートには、

丁度良い大きさのホールでした。

 それにしてもソナタ3曲とパルティータ3曲。テーホーもViolinをたしなむ身なので、その中の何曲かはやった事がありますが、それらを1回のコンサートで全部弾くなど、大変なエネルギーを要します。

 ご本人曰く、6曲通し練習を700回やったそうで。3年半かけて。其れで自信がついた、と仰っていますが、100回でも十分自信はつくのでは? いやはやジョーさん、チョーストイックです。

 ちなみにこの頃の国立音大は、デキる人達が揃っていて、ジョーさんの同期にはアタシが尊敬する高校教師、毎年Sonor Clarinet Ensembleの指揮をされる先生もいらっしゃいます。

« 久しぶりの美浦村:音楽鑑賞教室 | トップページ | 2017弦楽器フェア »

コメント

私も前の会社の近くで噂は聞いていたけど、初めて行きました。木の香りがまだしていて、小ぶりなパイプオルガンもあって素敵でしたね。

いやー、演奏感動しましたよ。本当にあれだけを一回の演奏会でやるとは。ただ、聴き方も結構集中して聴いたので、なんか疲れましたけど。

> HIROKOさん
 たった1人の奏でる、1つの楽器の音。最もシンプルな演奏会。故に聞き手の集中力は演奏家と同じくらいではないでしょうか。文字通り、会場が一体となった演奏会でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/65999590

この記事へのトラックバック一覧です: 桑田穣バッハ無伴奏ソナタ・パルティータ全曲演奏会:

« 久しぶりの美浦村:音楽鑑賞教室 | トップページ | 2017弦楽器フェア »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ