最近のトラックバック

« 演奏スペース問題 | トップページ | トマトチーズうどん »

2017年12月24日 (日)

土浦交響楽団第75回定期演奏会

 演奏の内容よりも、場所の狭さ問題が浮上した今回の定期演奏会。もちろん其の問題は、演奏内容にも関わってくる、重要な問題なんですがね。

Tso75プロ、アマ問わず、

狭っ苦しいところで、

周りを気にしながらなんて、

良い演奏が出来るワケありませんから。

でも本番はその問題、

全然大丈夫でした。

 団の40年以上の歴史に於いて、クリスマスに定期演奏会をやるなんぞ、初めてのこと。なので選曲も、チラシもクリスマス仕様!?

Tso75c 更にはロビーも!

ここまでするには、

団員の大変な作業が...。

と言いたいところですが、実際はそんな事よりも、よくここまで思い切ったな、という主義主張の思想的な面が大きい。何しろウチの団はチョー保守的で、こんなところで言うのもなんですが、ライトなプログラムを定期演奏会にのせるにも、40年かかっていますから。

P_20171223_195213ステージにもこうして。

しかもこれらは、

前半のクリスマスの曲を終えても、

継続して飾られ、ブラームスの厳かな曲を彩りました。

 今回でマエストロ、小松拓人氏との契約は終了。彼には拙作の世界初演も手がけて頂き(2016年12月4日参照)、作曲者とその初演者という関係としても、大変お世話になりました。彼は若いながら音楽的才能はもとより、その突出した人間力でオーケストラとのコミュニケーションをとり、素晴らしい音楽を作り上げました。啼鵬が見てきた中でも屈指のマエストロ。

 惜しむらくは彼がアタシと違う音大を出ていること。自慢したかったぁ「どうだ、オレの後輩すげぇだろ!!」って。

« 演奏スペース問題 | トップページ | トマトチーズうどん »

コメント

びっくりするくらいはっちゃけた飾り付けでしたよね。でもポインセチアが特に効果大でした。楽しかったです。

狭さというか古さの影響か終演後に舞台袖で某バス氏がつまづいて楽器もろとも前のめりにばったり倒れた事件がありました。駒側から倒れたのですが、さすがバスで無事だったようです。あれも袖が狭い古い影響ですね。

> HIROKOさん
 アタシもその現場、いました。悲鳴が上がり、驚きましたよ。
 直前リハで、某管楽器氏が、サンタ=トナカイ帽をかぶっていたので、本番とても期待したのですが...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/66196299

この記事へのトラックバック一覧です: 土浦交響楽団第75回定期演奏会:

« 演奏スペース問題 | トップページ | トマトチーズうどん »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ