最近のトラックバック

« 牛渡克之ユーフォニアムリサイタル vol.12 | トップページ | 新藤昌子リサイタル »

2017年12月 5日 (火)

Hotel California

 啼鵬に問い合わせをしてくるルートとして、意外とこのマックコーポレーション経由というのがあって、それが意味するところとしては、社会的信用といったところでしょう。我ら自営業は、いくら生産高が高くても、社会的に不安定な事には変わりなく、それはイコール信用にも関わってきまする。こうして会社の顧問をしているというのは、少なからず啼鵬の社会的地位を保証するものと言えましょう。

Mac2017a_2 その毎年恒例の行事に参加。

今年は「はじめまして!」の社員も多く、

慢性的な人手不足に悩む業種のある中、

人が増えるというのは喜ばしい事でもあります。しかもその何人かは、啼鵬と間接的な接触もあったり。

Mac2017b_2今回の圧巻は、

Eaglesの「Hotel California」のカバー。

しかもこのバンド、

結成はほんの数日前。にも関わらず非常に高い完成度。Vocalに至っては「元々レパートリーだったでしょ?」と問いたくなるくらい。

Mac2017f そんなノリノリ・バンドの後に、

アタシもBandoneon Soloを。

前述の「Hotel California」は、

今年で発表40年だそうな。して、アタシの弾いた「La Cumparsita」の方は100年。どちらもアニバーサリー曲でした。

 さて、来年はどのくらい社に貢献出来るかしらねぇ。頑張らないと。

« 牛渡克之ユーフォニアムリサイタル vol.12 | トップページ | 新藤昌子リサイタル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132426/66126368

この記事へのトラックバック一覧です: Hotel California:

« 牛渡克之ユーフォニアムリサイタル vol.12 | トップページ | 新藤昌子リサイタル »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ