最近のトラックバック

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

玉子(焼き)サンド

 玉子サンドと言えば、ゆで卵をつぶして、マヨネーズと和えたものを挟むのが一般的。

Tamagosandしかし今回頂いたのは、

玉子焼き?

っぽいのが挟んでありました。

最近はそういうのが多いんですかい。ま、たまたまこのお店がそうだったかも知れませんが。

 更に一緒に頂いたあんことバターのサンド。盛岡のF田パンを彷彿する感じ...。カロリー爆弾を頂きました。

2018年1月30日 (火)

再会:我孫子駅名物

 普段通過している駅で食事をするには、最初から其れが目的か、あとはたまたまタイミングが合わないと。

Abikoyayoi 今回は後者。

たまたまタイミングが合いました。

しかも昼時のピークは過ぎた感じ。

と言っても、相変わらず若者を中心に、客足は衰えず。店内には張り紙がしてあって、お外では食べないでくれと。と言っても店内は狭いし、どうにかならんかねぇ。

Yayoitorikarawakame そして前回(2016年3月1日参照)の反省を踏まえ、

今回は唐揚げ1個。

加えてわかめをトッピング。

これでも十分な食べ応え。

 ちょうど食べているときにもいました。唐揚げだけを買いに来た人。

 う~む、前回が2年前か。やはり途中駅での食事はなかなかムズカシイ。せっかく座って帰っているのに、下車して食べて、再び乗ると座れる事はまず無い...。これ以上年をとったら、更に遠のくな。

2018年1月29日 (月)

Out of The Standard 2018シーズン始動

 昨年は何の動きも無かったOut of The Standard。その前の年に東海ツアーをしたので(2016年5月1日参照)、体力を使い果たしてしまったか...。何しろ3人の平均年齢は40代後半。加えてアタシ以外は普段、学校勤めで(音楽以外の)大変な忙しさ。

Ots2018a しかし今年は、

早速演奏依頼の仕事。

なのでまだ1月ですがリハーサルを敢行。

しかも久しぶりにゲストとして、Piano奏者が入ります。曲もチョー久しぶりのを引っ張り出してきますし、どうなることやら。

 さて、そのOTS。今年はツアーとかやりたいもんです。

2018年1月28日 (日)

割引券でトッピング

 思えば割と通っていまする。と言っても、月に1度かふた月に1度とかですが。元祖納豆カレーの店として、以前紹介致しました(2016年10月30日参照)。スタンプカードがあるので、早速作って貯め始めました。3個貯まる毎に抽選。10個毎に割引券と、結構な特典です。

 昨年は傳田高廣さんのリサイタルにも出演させて頂きましたので、普段の長野Bandoneon倶楽部と合わせれば、回数を稼ぐ事が出来たかしらね。

Yamagoya300 この前10回目だったので、

¥300の割引券を頂きました。

なので今回は奮発して、

トッピングを2種。メンチカツと納豆。初めて行ったときの「納豆カレーセット」では、納豆はライスにトッピングされていて、これまた初めての経験の鰹節が更にトッピング。今回も納豆には鰹節が。メンチカツもサクサクで美味しかったです。

Yamagoyasnow ところで先週の関東雪騒動とは裏腹に、

長野ではフツーのいつもの雪。

しかしお店の前は路地のため、

雪が残って凍っておりまする。

こういうのがイチバン危ない。

2018年1月27日 (土)

ガマムジカふゆのコンサート2018

 前回のこのコンサートは、聴く側でした(2017年2月4日参照)。しかもその後、姫路に行ったのかぁ...。

Gama2018wposter今回は一緒に出演。

Contrabassで。

そう言えば一昨年は演奏しました(2016年2月7日参照)。

当時は一本茂樹君から、

「ミ」より下の音が出せる楽器を借りていたので、

普段は聴かない帯域の音を、たくさん出していましたねぇ。

 今回もそういった低い音は結構あったのですが、最後の曲の最後の音だけ、調弦を変えて出しました。1コ下の「レ」の音を。

 今回、個人的に興味があったのは、アタシは参加していないのですが、Karl Jenkinsの作品。実は昨年の我ら弦楽合奏団弓組第7回定期公演で、彼の作品を取り上げております(2017年1月29日参照)。我々の業種からすると、珍しいタイプでは無く、彼の作品を聴くと、他にも何人か彷彿する作曲家がいますが、これからもそういったコンテンポラリーな作品、どんどん挑んで頂きたいものです。

2018年1月26日 (金)

今日のティータイム:まるごとメロン

 これほどラジオで表現しにくかったおやつはありませぬ。おっと、おやつ。啼鵬が担当するFMうしくうれしく放送の「ぎゅぎゅっとラジオ854!」。14:00になるとティータイムのコーナーがあり、その場で日替わりのスイーツを頂き、感想を述べるというもの。

Marugotomelon1 通常は牛久市周辺のお店から取り寄せますが、

今回はなんと、

日立市から!

県外の方にはピンとこないかと思いますが日立市、ココ県南地区からは遠いです。ま、(企業の)HITACHIは世界的に有名ですが。

 して、この「まるごとメロン」。最近流行のインスタ映え用!? ふん、なにかい、つい最近流行っているようだが、アタシャ10年以上前からネットに食べ物の写真上げてますから。全然見栄えしないケド。

Marugotomelon3 断面はこんな感じ。

いやぁ、インパクト大アリ。

んなもので、

さすがに早く食べなくてはと、

今日は予定を変更して、

14:00を待たずにティータイムのコーナー。居合わせた「兵馬が行く」担当の佐藤新聞舗、佐藤兵馬さんと一緒に頂きました。「兵馬が行く」と「ティータイム」のコラボ!?

2018年1月25日 (木)

久々のマジスパ

 最後に食べたのはいつだったか...。恐らく名古屋店にTANGO OGNATの面々と行ったのが最後か(2013年3月3日参照)。...って、それも5年近く前!

Magispa2018b 今回はマジスパの帝王こと、

NAOTO君と一緒。

アタシは定番のチキンを。

辛さも下から2番目の瞑想。も1つ上の悶絶までは食べた事があるので、そっちでも良かったかな。

Magispa2018c NAOTO君はベジマッシュで、

いろいろトッピング。

納豆も。

トーゼン辛さも1番上の虚空。

 平日の夜なのに、お客さんいっぱい。なかなか繁盛しているようで何より。札幌の本店でライブをしたのも、随分昔だな。う~む、土浦とは言わないけど、せめてつくばにあったら、もっと頻繁に行けるのに。

2018年1月24日 (水)

極めて濃い魚介系

 行くタイミングが良いのか悪いのか、先日(2018年1月19日参照)も今回も、食事時なのに混んではいません。1周年を迎えてお店も定着はしているでしょう。出来た当初はいつ見ても混んでいるように思えましたが。

Niboshi_goku んでまぁ、

今回はイチバン濃いヤツを。

サイトで見た写真よりも、

何となく濃く見えますが、

「極濃~」とうたうだけあって、

かなり濃厚です。ちなみに餃子の方は、あの店と全く同じもの(だと思います)。

 前回共々1つ思ったのはメンマ。かなり大きい断片。食べた事ないかも、このサイズは。

2018年1月23日 (火)

続:2018年雪初め

 数年ぶりの大雪に見舞われ、首都圏はパニック状態。ところによっては20cm以上も積もるという、温和な関東地方にしてみたら、大雪ならぬ爆雪!?

20180123a そして一夜明けると、

今度は残っている雪、

溶け始めた雪の凍結。

其れがイチバン怖い。

うちの前の道路など私道なので、

交通量も少ないし、日陰だったりすれば、雪はずっと残る...。

 幸い今日は暑いくらいに日が照り、これらの雪も夕方にはかなり無くなりました。ただチビの通う認定子ども園は自由登園になり、しかも送迎バスはこの雪道は来られないとの事で、仕方無く自宅で。なので出かける仕事もキャンセル。

20180123b お隣の空き地には、

近所の子どもが作った雪だるま。

かなりデカいです。

これだったら小さなかまくら、

作れたかも。

2018年1月22日 (月)

2018年雪初め

 2017年は特に雪騒動はありませなんだ。

20180122しかし2018年はいきなり...。

啼鵬的には、

弦楽合奏団弓組の定期公演(2018年1月21日参照)を終えた翌日。

1日ずれていなくて良かったですが、雪を喜ぶのは子どもだけ。我々大人は、いつこういう状況になっても、頭が痛いものです。

 ちなみに明日の小学校は2時間遅れの登校。子ども園は自由登園...。

2018年1月21日 (日)

弦楽合奏団弓組第8回定期公演

 そもそもこの弦楽合奏団弓組は、プロ・アマ混合チームですが、結成のきっかけは録音仕事(2010年2月11日参照)。録音だけではもったいない、って事で演奏活動もする事になりました。

 組員の大半は、既に何らかのオーケストラに所属しておりまする。ならば「普段では出来ないものを」をモットーに、弓組ならではの演目を、毎回行って参りました。

Yumi8th 今回はその中でも、

イチバン出来なさそうな企画。

フラメンコ舞踏とのコラボレーション。

アタシも土浦交響楽団に所属して、

四半世紀以上経ちますが、

踊りが入った曲なんて、

やった事ありませんでしたし。

 更に言えば、アルゼンチン・タンゴというダンス音楽を専門としていながら、コンサートにダンサーさんが入る事も、稀になりました。

Yumi8th5 んなもんですから、

自分の弾いている目の前で、

情熱的な舞踏を繰り広げる、

北野直子さん。またCastanetが激ウマ! 床を踏みならす足技もスゴッ! そういった、彼女自身の発する音と、我々の弦楽合奏が一体となったステージになりました。

 更に後半のただすけ君。恐らく普段のライブ、コンサートでは聴けない、彼のPianoが聴けたのではないかと思います。RachmaninoffやPiazzolla。そして拙作「along with you」。本当に有り難うございました。

 そしてお忙しい中、お越し下さいましたお客様、一緒に踊って下さったフラメンコ愛好家の皆様、有り難うございました。

2018年1月20日 (土)

氷の舞の稽古

 いよいよ明日に迫った弦楽合奏団弓組第8回定期公演。もう1人のゲスト、ただすけ君を迎えての稽古。

Yumi8th3今回はPiazzollaの、

「ブエノスアイレスの四季」全曲演奏。

今まで弓組では、

夏と秋のみ演奏しました。と言うか、その2曲しか編曲をしていなかったのですが、今回は残りの2シーズンを書き下ろし、四季が完成!

 ただすけ君にはTango Pianoという、これまた独特のフィーリングを要するジャンルに挑んで頂き、弓組とのコラボを。しかし改めて彼のPianoに触れると、その表現力の幅広さに驚かされます。これは共演する喜びですわ。

 そして以前にもご案内しましたが、フラメンコ舞踏とのコラボ。愛好家の皆さんは是非とも、参加して下さい。みんなで踊るコーナー。密かに其れが楽しみでご来場下さるお客様もいらっしゃるというウワサ。

* * * * * * * * * *

   弦楽合奏団弓組第8回公演

       炎の舞、氷の舞

  2018年1月21日(日) 14:00開演

 大田区民ホールアプリコ・小ホール

       当日券¥2,000

* * * * * * * * * *

2018年1月19日 (金)

珍来跡地

 茨城と言えば「犬も歩けば珍来」。でしたが、いつの頃からかこの「珍来」、名前が変わっただけか、中身も変わったか、気が付くとあそこもここもどんどん姿を消してしまいました。

 今回訪れたところもその1つ。出来たときから気になっていたのですが、なかなか行く機会がありませなんだ。今回は思い切ってBlogのために!?

Niboshi_shio スープの出汁が煮干しですか。

そもそも魚介系、

臭くて苦手という方には向きませぬ。

 実はこの店、行く前にあの店との関わりを知り、もしや探検隊のターゲットが増えたか!と喜び勇んで訪れました。

 てっきりあの不味い極太ストレート麺で、スープだけが差し替えられたラーメンが出てくると思いきや、全然違って、こちらはちぢれた細麺。期待は外れましたが、ラーメン屋として見れば、本家よりも全然ちゃんとしております。

 ところで今回のラーメンは、やたらスープが熱く、熱いモノが割と大丈夫なテーホーですら、口内が火傷しそうに。ときどき見かけますけど、こういうラーメンって、正解なんですかい?

2018年1月18日 (木)

テレビデオ

 テレビとビデオが合体した「テレビデオ」。勿論ブラウン管時代の。今の液晶テレビになっても、HDD内蔵で録画機能をもったものが、其れを受け継いでいるか。

Takasagoav1たまたま訪れたリハーサル室で、

お目にかかれました。

テレビ、ビデオ両機能とも現役では無いでしょうけど、

こういう公共施設に据え置かれているという事は、

例えばモニターだけとか、

何らかの形で使われているのかしら。

 テーホー家はあまり「一体型」というジャンルには魅力を感じず、それぞれの高機能専用機を買っていたクチですが、それでも今こうして会うと感慨深いですわい。

 しかもこの色。昔のAV機器は基本、黒とかシルバーとか、いかにもという感じのものが多く、こういうお洒落系色を出していたという事は、この機器が良く売れていた、全盛期を思い起こさせまする。

 そして余生を下町の公共施設で過ごしている。使われているところを観たいなぁ。

2018年1月17日 (水)

けんちんうどん

 けんちん汁で蕎麦を食べるというと、「え!? そうなの?」という反応をされた事が。けんちん蕎麦については、以前にも記事にしました(2014年10月12日参照)。

 ではうどんでは?と言うと、蕎麦よりも一般的ですか。ただ今回はけんちん汁のうどんではありますが、テーマはカテゴリーにある通り。

Kenchinudon このお店のメニュー、

以前にも紹介した事があります。

このカテゴリーで大ヒットでした(2012年11月29日参照)。

今回のけんちんうどんは、正式名称「野菜たっぷりけんちん煮込みうどん」。もっともらしいネーミングで、見た目も「ほぅ」という感じですが、食べ終わってみると、「やっぱし」です。いや、探検隊長くらいなれば、この見た目で味が想像出来なければいけないか...。

 なんなんでしょうねぇ、取り立てて美味しくはありません。いや、アタシより鋭敏な味覚の持ち主だったらハッキリ「不味い」と仰るかも知れませぬ。恐らくフツーに作っているのでしょうけど、具材から出るうま味はともかく、一体何で出汁をとっているのか。

 探検隊長の興味は尽きませぬ。

2018年1月16日 (火)

Electric Piano:Wurlitzer electric piano

 エレクトリック・ピアノは少し説明が必要で、よく間違えられやすいのは、シンセサイザーやサンプラーの仲間である「電子ピアノ」。これは全く構造が違って、「電子ピアノ」は内蔵された音源を鳴らすキーボードです。多くの機種は数種類からたくさんの音色が出せます。

 今回の「エレクトリック・ピアノ」というのは、実際に弦とか鉄板が中に入っていて、それらを叩いたりした音を電気で増幅しているもの。よって音色も「エレクトリック・ピアノ」しか出せません。

 実は啼鵬、このエレクトリック・ピアノ(以下エレピ)は好きで、仕方無く電子ピアノでエレピの音色をチョイスするくらいですが、本当はホンモノが弾きたい! このジャンルは音楽史上、名機もとい、銘器か。そういう楽器がいくつかありまする。

Dcstudio4 その1つがコレ。

WurlitzerというOrganのメーカーが出している、

Wurlitzer electric piano。

カーペンターズで使用されているので、コレの音を聞いた事のある人は結構いるかと。先日お邪魔したスタジオにありました(2018年1月12日参照)。

 やはり独特の音色とVibratoでしょう。いいなぁ、いつかライブでこういう楽器を弾いてみたいものです。

2018年1月15日 (月)

残念メニュー

 知らない土地に行ったときに飲食店を探す場合、多くはスマホで以て簡単に検索。しかし、そういう手軽さに有難味を感じないテーホーは、ひたすら勘に頼り、足で探す。このBlogでも紹介しました(2017年5月1日参照)。

Kirpa2 今回もテキトーに車を走らせていると、

あったあった、

カレー屋さん。

長屋の一角でした。晩飯時でしたが、客はアタシ1人。写真のカレーの他に、セットとしてサラダと飲み物。あとはメニュー内容に無いスープが。

て 「このスープは?」

店 「サービスです」

 いや、美味しかったので、何のスープかを聞きたかったんだけどね。

Kirpa1 ちなみにテーブルには、

おすすめメニューが。

う~む、ちょっと残念だけど。

2018年1月14日 (日)

炎の舞の稽古

 いよいよ来週に定期公演を控えた弦楽合奏団弓組。公演タイトルにある「炎の舞」は、フラメンコ舞踏とのコラボレーション。

Yumi8th2 この日は、

本番での舞踏と条件を同じくするため、

床板を持ち込んでの稽古。

軽快に足音を鳴らすには、床の状態が重要。そう言えばT京G大にもフラメンコ・サークルがあって、彼女らが踊るときには、下に板が敷かれていました。

 そして予告です。もしフラメンコを習っている方。お客さん参加コーナーもありますので、初心者から上級者まで、是非いらして下さい。みんなで楽しく踊りましょう!

* * * * * * * * * *

   弦楽合奏団弓組第8回公演

       炎の舞、氷の舞

  2018年1月21日(日) 14:00開演

 大田区民ホールアプリコ・小ホール

    当日¥2,000/予約¥1,500

* * * * * * * * * *

2018年1月13日 (土)

気軽にクラシック Vol.29 【Triangulo with NAOTO】

 この演奏会は、かなり前に決まっていました。それでもコンサート・タイトルを知ったのは、終わってから!? 「気軽にクラシック」だって。う~む、「クラシック」という単語自体は古いものを表すので、今回演奏した一部のTangoも、其れに該当するかも知れませんが、普通「クラシック」と言ったら、モーツァルトやベートーヴェンといった、西欧の古い音楽を差すので、今回はかなり外れていますなぁ。

Triangulonaoto それにしてもTrianguloにNAOTO君。

まさかここで同級生3人が揃うとは、

思いもしなかったです。

この3人を含む、

多人数の仕事はありましたが。

しかも知り合って今年で30年、

初めて3人のみでの演奏もしましたし。

 今回はTrianguloのみの演奏でも新曲がありましたが、NAOTO君との共演曲は、もちろん全て新曲。Trianguloとしては、かなり新曲率の高い演目となりました。

Naototrianguloこの勢いで、

3月7日(水)のFJ'sも、

新曲に取り組んでみようかしら。

 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2018年1月12日 (金)

遠距離電話録音

 2018年、初めてのスタジオ仕事。それも書く方ではなく、弾く方。しかも場所は千葉市。

 到着すると作家先生はいなくて、なんとSkypeでつながっているって。

Dcstudio1そりゃアタシもSkypeは時折使いますが、

大体は打ち合わせ。

あとはジジババに孫の顔を見せるとか。

それをリアルタイムで、こちらの録音したものを聴いてもらい、コメントを得るなど、文明の利器たぁスゴイもんです。

Dcstudio3今回エンジニアを務めて下さった、

和田貴史さん。

ご自身も作曲家でもあるので、

いろいろ分かっている上での作業はスムーズでした。

 さて、どんな風に仕上がりますかねぇ。

2018年1月11日 (木)

一本茂樹君のファン

 啼鵬がパソコンを自作し始めたのは1990年代。IntelがPentiumを発売し、その互換CPUが華やかなりし頃。アタシも王道のIntelよりは、互換CPUの方が面白そうだし、そもそも安いという事もあって、AMDのK5,K6,Athlonと渡り歩いてきました。

 当時は今に比べて、CPUの放熱量はさほどでもなく、ヒートシンク程度でも十分冷却が出来た時代。しかし世代を経る毎に性能も良くなった反面、熱量はハンパなく、目玉焼きが出来るとまでも言われるように。そうなるとファンを付けて回さないと冷却不可能。中には水冷式で自作するマニアもいましたが。

Rshansei01 先月末のリズム・セクション反省会(2017年12月31日参照)。

Bassの一本茂樹君の機材を見ると、

何とファンが装着されているではないか!

そんなに熱を出す機材なのかい?

 ちなみにパソコンやこういった機材に限らず、熱を出したとしても、冷却する程の事はない、というケースも多々あるので、それを敢えて冷却するという事は、そうしないと不具合が起こりうる、という事か...。

Rshansei02 ただ、

ファンの上に更に機材を重ねているので、

冷却した熱の逃げ道もビミョーではあるのですが。

 一本茂樹君は啼鵬絡みの音楽家の中でも、特に機材マニアで、会う度に新しい機材を使用しておりまする。機材は日々進化しているので、其れについていくのは容易ではありませぬ。

 ちなみに啼鵬が機材マニアだったのは、四半世紀も前の事。そう、PCも自作していた頃。しかし次第にマシーンの進化についていけず(金銭面も)、あっという間に取り残されました。現在音楽製作に使っている機材は、国民機98やRolandの音源モジュールなど、化石と言うに相応しい代物。

 機材の進化についていっている一本茂樹君は、自身が進化している証拠。

2018年1月10日 (水)

第42回高総文祭埼玉代表選考会

 実はお引き受けしたのは今回が2回目。1度目は第39回のときでした(2015年1月14日参照)。ここ数年関わらせて頂いている、全国高等学校総合文化祭への代表を決める会です。埼玉県の。

Saitama42th どの都道府県でも行っているのでしょう、

何しろ器楽管弦楽部門は、

吹奏楽以外の器楽合奏全般。

かなり広範囲に渡っております。オーケストラ、弦楽合奏、ビッグバンド・ジャズ、ハンドベルなど、また昨年のみやぎ総文では、アルプホルンやトーンチャイムなど、なかなか生演奏では聞けない合奏がありました。

 とは言え、各都道府県毎に様々な特徴が出るようで、ここ埼玉ではギター、マンドリン合奏がとても盛ん。出場14団体のうち、10団体がギター、マンドリンの合奏。ちなみに我が茨城県にはギター、マンドリン合奏の部活動、なかなか見当たりませぬ。

 恐らく3年生が引退して、1~2年生が気持ちを新たに始めた合奏でしょう。皆さんの力演を聞かせて頂きました。有り難うございました。

2018年1月 9日 (火)

あじまん in 土浦

 茨城にも店舗展開しているのは知っていたのですが、土浦市内に発見! 冬のおやつ「あじまん」です。以前ひたちなか市の店舗を紹介しました(2017年1月12日参照)。

Ajimanjoyfulここは県南地区最大級の、

ホームセンター系の店。

昔は硬派な専門店という印象がありましたが、

最近は生鮮食品まで扱う、なんでも屋。それでも広い敷地内に、いくつかの専門棟が建ち、かなりの品揃え。ちなみに啼鵬の趣味である、篆刻(ハンコを掘ること)の石も買える、土浦市内の数少ない店。

 駐車場にはこのあじまんの他、写真にあるようなたこ焼き、なんとカレー屋さんもあったり。いつかそちらも取材しましょう。

 ちなみにこのホームセンター、今では有名ポイントが付くなど、時流に乗っていますが、かなり最近まで、バーコードでない、手打ちのレジを使っていました。

2018年1月 8日 (月)

24年ぶりの巨人

 我ら土浦交響楽団で、前回「巨人」を取り上げたのが、1993年の話。アタシはまだ大学生でした。Violaの首席だったので、3楽章のSoloも弾いたっけ。

Tso76a あれから24年。

時折候補曲には挙がりながらも、

なかなか取り上げる機会もなく、

今回ようやく。アタシを含め、前回「巨人」を演奏している団員、意外と少なかったなぁ。いや、この日の練習に参加していなかっただけかしら。

 今期から指揮者も変わり、そのマエストロの指示で弦楽器の配置も変わり(Hornも)、装いも新たに、第76回定期演奏会に向けて始動しました。

 ちなみに「巨人」。Mahlerの「交響曲第1番」の事ですが、啼鵬自身はその24年前、更にその数年後、エキストラで行った東京サロンオーケストラでも演奏。3年前には映画の撮影で、Violoncelloの団員役で演奏。...って、これは1楽章のほんの一部ですが。そして今回。ガチでは3回目。

2018年1月 7日 (日)

振り付け稽古

 年が明けると、いくつか本番を控えている啼鵬。その1つが音楽監督を務めている、弦楽合奏団弓組第8回定期公演。今回は初の試み、舞踏とのコラボ。

Yumi8th1それも啼鵬の専門とする、

アルゼンチン・タンゴではなく、

フラメンコ。

曲もスペインを代表する作曲家、マヌエル・デ・ファリャ作品。

 この日は舞踏との初めての稽古。スペースも狭く、また実際のステージも決して広くは無いのですが、その凝縮された空間での舞踏家、北野直子氏の表現は圧巻。

 また彼女は日本カスタネット協会の会員でもあり(No.883)そのカスタネット技は相当なもの。幼稚園や保育園のお遊戯会でやるカスタネットしか知らないそこのアナタ、この舞台を観たらカスタネットの概念が変わりまする。

2018年1月 6日 (土)

エムスタ新年会

 共演させて頂いたのも2015年の話(2015年10月18日参照)。Mandolin界としては、恐らく世界初の試みだったのではないかと思う、Bandoneonとのコラボレーションを果たした、Music☆Star Mandolin Orchestra(通称:エムスタ)の新年会にお呼ばれしてきました。

Mstar2017a まるで親戚が集まった法事みたいですが、

今後のエムスタの方向性を語り合い、

今年の定期演奏会の構想を皆で練りに練り、

更にはMandolin音楽への理解を深めるために、

様々な資料を持ち寄り勉強会。

という風には見えませんが、アタシもMandolinの世界を知るために、いろいろ教えて頂きました。

 2018年の彼らの活動、大いに期待しております。

2018年1月 5日 (金)

みんなで検証:しょうゆサイダー

 最近はネットTVでも検証をしている、我ら探検隊。地味ぃに活動を続けておりますが、大晦日のライブの後、みんなを巻き込んで検証。

Shoyusider この種の飲料は、

各地で見かけまする。

中には探検隊の格好の標的になるような逸品も。

 で、今回のに関しては、ゲストでご出演頂きました、喋れる歌えるバイオリニスト水谷美月さんの動画に上がっておりまする。興味があり、お時間のある方は是非。

2018年1月 4日 (木)

VHSテープの終焉

 今のビデオの主流は?と問われると、即答しにくいですな。Blu-rayもかなり浸透しているでしょうけど、DVDも健在。録画だけで考えればHDDに。

 啼鵬家には1985年11月19日にビデオカメラがやってくるのですが、父親がタバコをやめて貯めた金で購入。SONYが8mmビデオカメラをAF仕様にして直ぐに買いました。そう、それまではピントは自分で合わせていたんですが、そんな事を今の若い人に言っても、「はん?」って感じでしょうな。

 そのカメラで撮影したものは8mm、Hi8、DVと渡り歩く事になるのですが、テレビ番組の録画等は、当時多数派だったVHSで。このデカいテープは日本のビデオ・デッキ史上、β対VHSという戦争があって、その勝者である事を知る人もだいぶ年をとってきましたな。

Vhstape1 で、年末の大掃除をしていると、

そういうモノも沢山出てくるのは、

何もウチだけでは無いと思うのですが、

今回は新たに家具を組み立てて(2018年1月3日参照)、

そのせいで居場所が無くなったモノ達。

一応再生出来るデッキはあるのですが、もう殆ど観る事もありませぬ。中には貴重な映像もあるのですが。

Vhstape2_2 しかしこうして、

カビが生えたりすると、

もうアタシの力ではどうにもなりませぬ。

調べるとダビングをする業者さんで、こういったカビを除去してくれるのですが、カビの状態によってはダビング代の10倍もの料金がかかる事も。

 そこまでして残したい映像かと言われれば、悩ましいところ。

2018年1月 3日 (水)

2つで1つ

 昔から工作が得意だった啼鵬。もし音楽家になっていなかったら、何らかのモノを作る仕事に就いていた可能性大。

 そしてこの年末は、久しぶりに組み立て家具を。

Img_8133実はコレを購入したのは、

年度初め。

下のチビが幼稚園に上がるので、

それらの必需品を収納しようと、

ラックを買ったのでした。

しかし問題は置き場所。新たにモノが増えるって事は、ウチの場合既にあるモノの身の振り方を考えなくてはなりませぬ。

Img_8138これが意外と面倒で、

どうしよ、ああしよ、

と考えているうちに月日は流れ、

気が付くともう幼稚園に通い出して半年以上。これが購入した家具が、既に組み立て済みのものだったら、何とか急場しのぎで整理するのですが、組み立て式はコンパクトに梱包されているので、家の片隅に...。

Img_8142 ま、やり始めれば、

全然ラクショーで、

2つ1セットのラックですが、

製作時間は1時間半くらいかネ。

仕事の合間の気分転換には丁度イイです。

2018年1月 2日 (火)

年を越せた拉麺

 大晦日にライブをするのは、もう恒例行事。逆に何も無い大晦日はどれくらい前だったか...。2016年もライブを計画していたので、ならば年越し蕎麦はイブに食べようと、出かけたらOOSAKI病(2016年12月30日参照)。何とか別の店で食べましたが...。

 では肝心の大晦日はと言うと、2016年はリハーサルを終えてから、みんなで食べに行ったんですよね(2016年12月31日参照)。一本茂樹君はカレーでしたが。

Rshansei04 リハを終えると、

アタシは用意して頂いたケータリングを。

一本君は外へ。

しかし前回カレーを食べたお店はやっていなかった模様。

...って、其れはリハを終えてから行ったのでは無く、

あの方の到着が遅れていたので、業を煮やして!?

 それでもライブは無事終わり、打ち上げをしました。帰宅してもまだ年は明けず。

Katchanramen2017cなので年越しラーメンに間に合いました。

ここ数年頂いている、

年越しラーメンですが、

今回は尾道ラーメンを。

尾道と言えばNHK朝ドラ「てっぱん」。

何年も広島には通っているものの、未だ尾道の地は踏んでおりませぬ。今年辺り行ってみたいですねぇ。

2018年1月 1日 (月)

平成三十年が明けて

 明けましておめでとう御座います。

 啼鵬の年明けは、FMうしくうれしく放送で流れた、弦楽合奏団弓組の演奏を聴く事から。これは昨年、取手ウェルネスプラザで行われたもので(2017年11月18日参照)、収録したものを特番として放送しました。あまり自分の演奏を聴く事が無いので、何となく新鮮。

Fudoin2018b して、

初詣は去年も訪れた不動院へ。

何だか去年よりも人が多いかネ。

それでも並び始めてから40分ほどで参詣。

駐車場も運良く直ぐに。

 昨年は意外と「書く仕事」が多く、委嘱作品が4つもあったり、オーケストラ編曲が何曲もあったり。こればかりは、その年によって全然変わるので、今年はどうなるやら。

 取り敢えずはNAOTO君と共演するTrianguloや、我ら弦楽合奏団弓組の定期公演を。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ