最近のトラックバック

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

神戸さんの会社

 食べていたパン。ふとラベルを見ると「!!!」。

P_20180219_194611会社名は「神戸屋」。

ま、地名なのか神戸さんなのか。

はたまた読み方がかんべさんなのか。

そこは置いといて。

販売者住所が大阪市。

神戸屋なのに。

製造所は東京工場。

しかも工場住所は埼玉県戸田市。問い合わせ先のお客様センターは神奈川県海老名市。

 やっぱ神戸は人の名前か...ネ。ちなみに戸田市にあるものを「東京~」と言われる事に関しては、戸田市民の皆さんはどう思われるのでしょう。

 そう言えば昔、茨城空港の名称に東京とくっつける事を、真面目に議論したってハナシ。

2018年2月27日 (火)

病欠:Oliver's Music

 放送をご覧になった方はご存じですが、月に1度出演させて頂いておりましたWALLOPのOliver's Music。無念にも病欠。帯状疱疹で...。

20180227221941しかも今日も、

かなりゴイスーな逸品が出品されたとか。

っつーか、選手権じゃなく、探検隊なんですケド...。

 ま、甲殻類アレルギーの啼鵬にはムリな飲み物でしたが。来月はお邪魔出来ますかねぇ。

2018年2月26日 (月)

進学の祝い膳

 今年度は我がたくみスタジオに、久しぶりに受験生。なので受験案内なども買ったものですが(2017年9月28日参照)。

 進路の決定した子と祝宴を。って、お酒を飲むんじゃありませんが。

Mirasetつくばの定番のカレー屋へ。

生徒を紹介してきた友人とも一緒に。

その友人とも語らいました。

 音楽大学へ進学するって、啼鵬の頃と今とでは、少々状況が変わっておりまする。ま、アタシの頃も、年間音楽系の学校を卒業する人が4~5万人と言われ、そんな中どうやって食っていく?という事を、いきなり入学式で先生に言われたもんですが、問題は数ではなくて、音楽大学で得た技術、知識をどう社会に活かしていくか、という点。

 実際に音大を出ても、一般職に就く人は多く、例えば収入はそちらで得て、音楽は音楽で追究していく、でもない。音大を出ると、全く音楽に関わらなくなる人も少なくありませぬ。

 今回の生徒さん、これから大学で音楽を勉強して、その後はどうやって生きていくかネ。陰ながら応援していまする。

2018年2月25日 (日)

憧れの古瀬俊介さん

 今回の第2回ラジオまつりFM-UU うしくクレッシェンド 春がいっぱいコンサートで、何が嬉しかったかって、個人的には古瀬俊介さんとご一緒出来たコト! え?誰かって? 啼鵬が若い頃よく聴いていたラジオ、茨城放送でとぉってもお馴染み。もぅ、夢中になって聴いていた番組のパーソナリティーでしたし、アタシ投稿もした事ありました。「隠れリスナーのタク」というラジオ・ネームで。

 FMうしくうれしく放送では、木曜日担当。なので啼鵬がお会いする事は滅多に無いのですが、それでも同じ局の仕事をしているだけでも嬉しかったです。それがですよ、同じコンサートのステージに立てるなんぞ、これ以上の幸せがありましょうか。

Fmuuradiofes3 コレ、

歌のお姉さん亀田昌代嬢に乗せられて、

オペラの一節を(上手に)歌っているところ。

まさかこんな一面もあるとは!

この後に続くぎゅぎゅっ娘たちもやりにくかっただろうねぇ。

 何しろ憧れの存在なものですから、啼鵬が番組パーソナリティーをするときは、どれだけ古瀬さんに近付けるかってのが課題。彼の「がんばれ!鹿島アントラーズ」の番組コールや、「~でございますねぇ」「~ですよぉ」の口調がいくらやっても、アタシには真似出来ませぬ。このスイッチ入ったときの古瀬さんがたまらんのです。

 あっ、でも其れは生放送の「ぎゅぎゅっとラジオ854!」の話ね。「限りなく啼鵬の音楽全集」の方は、基本解説番組なので、クソ真面目になるべく学者のように、と心がけておりまする。

2018年2月24日 (土)

On Air:第2回ラジオまつり うしくクレッシェンド

 ちょうど先週行われましたFMうしくうれしく放送主催の「第2回ラジオまつり うしくクレッシェンド 春がいっぱいコンサート」の模様が、放送されました。

Fmuuradiofes1簡単に「放送されました」と言っても、

そのためにはクリアしなくてはならない、

技術的な問題があるワケで、

今回はFM-UUの技術系スタッフが総力をあげて取り組みました。そのお陰で、なかなか良い音質でお届けできました。

Fmuuradiofes2 ライブ感とは違った、

放送ならではの空気がありましたねぇ。

今回我々音楽チームが演奏したのは、

PAを通さない音楽だったので、それらをマイクで拾って録音していましたが、当初使う予定だったマイクが使えなかったようです。

 各方面、様々なトラブルを乗り越えての第2回ラジオまつり。スタッフの皆様、お疲れ様でした。

2018年2月23日 (金)

今日のティータイム:いちごパン

 ラジオだとお見せ出来ないので、Blogに載せる事にしました。今日の放送で登場したいちごパン。と、シュークリーム。

Gyugyuttosweets1しかもいつもは独りで食べるところ、

今日はレポーターの山口のまなみ君と一緒。

いやぁ、

前回は佐藤新聞舗の佐藤兵馬さんと一緒に食べましたねぇ(2018年1月26日参照)。そもそも今日は、まなみ君のレポートは無く、先週のラジオまつりの反省会など。

Gyugyuttosweets2 気になる(!?)いちごパンの中身は、

てっきりいちごジャムかと思いきや、

あんことクリーム。

しかし食べ進めていくと、

砂糖煮のいちごも顔を出しました。

 さて、放送の中でも触れましたが、明日2月24日(土)13:00~、先週の第2回ラジオまつりFM-UUうしくクレッシェンド春がいっぱいコンサートの模様が放送されます。お時間がある方は是非。あの感動をもう1度!

2018年2月22日 (木)

追悼:大杉漣さん

 恐らく多くの方が驚かれたかと思います。俳優の大杉漣さんが亡くなられました。啼鵬は直接ご一緒する事は無かったのですが、編曲をさせて頂いた映画「シン・ゴジラ」にも出演されていました。

 実は仕事ではなく、プライベートで偶然ご一緒した事がありました。2008年のこと。海上自衛隊呉音楽隊との共演で、呉市に赴いた折、友人と入っていた屋台に、偶然大杉さんもいらっしゃいました(2008年9月25日参照)。この記事の俳優O氏とは、大杉漣さんの事でした。彼の召し上がったラーメンと同じものを私も食べました(2008年10月2日参照)。今となっては懐かしい思い出です。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2018年2月21日 (水)

再会:North Ohtsuka Noodle

 前回GRECOに出演させて頂いたとき、メンバーみんなで行った店(2017年10月14日参照)。そのときはOutro Laboというユニット。Guitarの越田太郎丸さんがかぶっているので、今回のTANGO OGNATのメンバーでも行ってみました。

Kitaohtsuka4 この日も運良く、

混む直前の入店。

拉麺運があるのかしらね。

太郎丸さんには。

アタシではない事は確か。

だって、行ったらやってないときもあるし。

 そしてこういう店に行くならば、啼鵬の義務がありまする。

Kitaohtsuka3そう、

この方をちゃんと。

SNSは愚か、

Blogやサイトも無し。

その大活躍ぶりとは裏腹に、

このギョーカイで化石とも言われているベーシスト。一本茂樹君。これまでにも一緒に行った食事はなるべく露出(2014年10月17日参照)。

 今回もご満足頂けたようです。

2018年2月20日 (火)

椅子の使い道

 更に話は遡り、1年ぶりとなったTANGO OGNATのライブ(2018年2月15日参照)。恒例の(!?)一本茂樹君ネタです。

Ognat2018c 大抵自前の機材を持ち込む一本君。

今回も色々持ち込みましたが、

ひときわ目を引いたのがコレ。

スピーカーではなく、

其れを乗せている椅子。

こういう使い方をしているのを初めて見ました。この椅子でなかったら、台の上に置いたりで、もっと低い位置にセッティングされます。

 聞けば「こういう使い方があるんだと、夕べ気付いた。長いコト使っているのに」とか。

Ognat2018d この椅子は、

高さが無段階に変えられるもので、

一本君のもはやトレードマーク!

Contrabassは立奏、

座奏の2通りの弾き方があって、

どちらもやる人はあまり見た事がありませぬ。一本君は座奏派。アタシも。

 その座奏派の多くはClassic系。なので椅子はオーケストラで使用するようなものが殆ど。じゃ、そうでない人はどうやっているのかって、アタシは一本君のようにマイ・チェアを持ち歩く人、彼以外に見た事はありませぬ。

 そう言えば西嶋徹君も座奏だったけど、彼の「マイ・チェア」なんて印象に残っていないなぁ。

Ognat2018b 最後にオマケ画像。

いつもの一本アングルです。

ちなみに今回の椅子、

4脚持っているそうな。

2018年2月19日 (月)

第2回ラジオまつり うしくクレッシェンド 春がいっぱいコンサート

 話が前後します。思えばハードな本番が続きました。1年ぶりのTANGO OGNAT(2018年2月15日参照)。も1つTANGOの、A.R.C.小美玉公演(2018年2月18日参照)。その間にあったのが、第2回ラジオまつり「FM-UUうしくクレッシェンド」でした。

 前日の準備がてんてこ舞いだったのは記事の通り(2018年2月16日参照)。迎えた当日、何がしんどかったって、本番会場に入れるのが10:00だった事。

Fmuuradiofes2 公共施設のホールの多くは、

たいてい9:00に開きます。

14:00開演のマチネ公演だったら、

これで何とかセッティングとリハーサル。

しかし今回は、

建物自体が10:00にならないと開かない。更に開場時間が12:30! 後から考えればPianoの調律をしませんでしたが、してたらリハーサル時間なんて全くとれませなんだ。

Fmuuradio2b そんなすったもんだの中、

今回のイチ押しである、

FM-UU Radio Symphonikerのリハーサル。

そう、全国でも珍しいコミュニティ放送のオーケストラ。プロ・アマ混合チームですが、啼鵬の音楽監督下、マエストロ金田誠指揮で始動。

 ヨーロッパだと放送局のオーケストラは多く、取り分けドイツは名門の放送局オケがたくさん。日本だとNHK交響楽団と読売日本交響楽団のみ。ちなみに昔は東京交響楽団がフジテレビのオケでしたが解雇され、その救済番組として始まったのがテレビ朝日の「題名の無い音楽会」というのは、いまや知っている人は少なくなったかネ。

 話を戻しましょう。今回のFMうしくうれしく放送シンフォニカー。Celloの首席には牛久市在住のRicardo Calia氏を迎え、なかなか充実した内容になりました。次のステージはいつになるかしら。

 お忙しい中、そしてフィギュア・スケート男子シングルの結果が気になる中、お越し下さいました客様、有り難うございました。そしてスタッフの皆様も大変お疲れ様でした。

2018年2月18日 (日)

A.R.C.ダンスと共に小美玉に帰る

 昨年の好評を得て、今年もやる事になりました。小美玉市は旧玉里村にある、生涯学習センターコスモス。前回は問い合わせ多数のため、急きょ会場を変えました(2017年2月12日参照)。

Arc2018cosmos1そして今回は、

最初からこのホールで。

A.R.C.史上、

川崎に次いで(2012年10月3日参照)大きなホールでの公演となりました。そしてフタを開けてみれば、来客数は300人越えの315人。前回の約1.5倍!

Arc2018cosmos その要因は、

前回からのリピーターもいらっしゃると思いますが、

やはりダンスが入った事が大きかったと思いまする。

近年Trianguloでも、

ダンサーさんの入る公演がありましたが、

そのときは社交ダンスの踊り手さん。

Tangoで言うとヨーロッパのスタイルでのダンスでした。今回は完全にアルゼンチン・タンゴのスタイルで、見た目も踊り方も、全く異なります。

Arc2018cosmos4 ダンスは4曲でしたが、

いずれも素晴らしいものでした。

演奏していても、

改めて「TangoはDance Musicだ」と感じざるを得ませんでした。

 お忙しい中、そしてピョンチャン五輪の気になる中、お越し頂きましたお客様、有り難うございました。

2018年2月16日 (金)

FM-UU第2回ラジオまつり前日

 関わるようになって随分経ちます。牛久市のコミュニティーFM放送である「FMうしくうれしく放送」。冠番組の他、月に1回、2時間の生放送パーソナリティーもやらせて頂いております。

 その局が総力をあげて(!?)、ラジオまつりを企画。今回が2回目。その音楽監督を任されました。って、もう明日のハナシなんですが、前日ともなると自分も周りもかなりバタバタ。

Ushikuhoken テーホーは朝から局に詰め、

宣伝のための生出演。

更に司会者との打ち合わせのために、

局に留まり、その司会者の体が空くまで仕事。そう、放送をお聴きになられた方はご存じですが、明日の本番で演奏する曲を編曲! あ~ぁ、こんなに直前になってまで作業をしているなんて、滅多に無い事ですわ。いや、ホント。

 その作業をしている間、局は忙しく人が動き、ランチもご一緒しました。作業をしながら「会社勤めってこんな感じかネ」と。何しろ自宅で仕事をしてると、誰かに話しかけられるでもなく、1人で黙々と仕事をするワケです。昼になれば自分でメシを作って食べる。トーゼン1人で。

Fmuuradio2a 打ち合わせをはさみ、

編曲作業を継続。

其れを終えると今度は、

本番の会場へ。今日はここでリハーサル。また公開収録なので、技術系のスタッフも入り、準備を。

 まぁ、リハーサルも無事にと言いたいところなのですが、何故かさっき編曲したばかりの譜面が無い! 印刷をして局に忘れてきた...!?

 ンもぅ、明日のラジオまつりは恙なく終える事が出来るんだろか。

2018年2月15日 (木)

満員御礼:TANGO OGNAT

 昨年はPiazzolla没後25年というアニバーサリーにもかかわらず、動きの無かったTANGO OGNAT。その沈黙を破り(!?)、ようやくライブを敢行。しかも新曲もアリ。
 久しぶりだと、慣れた曲の感覚を取り戻すのに時間がかかりますが、限られた時間の中で、集中力で何とか乗り切りました。
 ピョンチャン・オリンピックの気になる中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。
P_20180215_154815


2018年2月14日 (水)

魔の8時台

 元々1本数が少ないならばともかく、そこそこ本数のある路線で、こんなにも極端な時刻表はあるんですかネ。

Arakawaokiup 通称「魔の8時台」。

と呼んでいるのはアタシだけかも知れませんが、

通勤通学時間帯の7時台には8本もあり、

8時になるといきなり2本。

ま、百歩譲って7:59を入れても3本か。

例えばこれが、ピーク時からだんだん少なくなり、日中は2本だったら、「しゃぁない」で済みますが、8時台と言えば、ちょっと時間をずらして勤務、なんて人だっているでしょうに。

Arakawaokidown ちなみに逆方向、

こんなにあるのに...。

8時台の乗り遅れ、

気をつけなければ。

2018年2月13日 (火)

廃品回収車

 年に何回か、廃品回収の当番が回ってくるのですが、今回は何故か業者さんのトラックがなかなか来ない! この日は次の予定もあるし、早く来てくれないかなぁと気を揉んでいたところ...!?

Haihin2018 来たのはいつものトラックと違う、

ゴミ収集車のような、

いやゴミ収集車そのもの。

いつもはフツーのトラックが来て、積み込むときには、奥からきちんと並べて。でないと積み込める量が減ってしまいますから。

 今回はその、いつものトラックが手配出来なかったと、この専用車で。何しろ放り込むだけでイイし、業者さんもその方が楽だって。

 つまりは面倒な方が空いていなかったから、代わりに楽な方がやってきたってワケか。

2018年2月12日 (月)

啼鵬的名店

 啼鵬が「名店」と言うからには、フツーの店でない事くらいは想像がつくでしょう。探検隊御用達の店? 其れも確かに。マニアック志向の店や、やたら値段が安い店とか。

 今回は近くのショッピングセンター内の専門店。このショッピングセンター自体、正直栄えているとは言い難く、年に1度の自動車ショーが、唯一の集客手段か(2013年4月7日参照)。いや、人が集まりすぎて、アタシなんか諦めたときもありました(2014年4月13日参照)。

 以前あったカレー屋さんも撤退(2014年8月18日参照)。近年、専門店も少なくなりました。

Espoar そんな中、

何故名店の称号をと言うと、

この時期、

何と半袖シャツが買える店!

 あるところにはあるのかも知れませんが、実は古着屋でもこの時期は見つけにくいのです。秋口によく古着屋の経営者と話をするのですが、「半袖はもうこの時期、倉庫にしまっちゃうんですよ」と。

 買うときには「半袖ですけど、いいんですか?」と聞かれましたが、「いやいや、半袖だから買うんです!」。

 この店は以前にも、カバンや財布を買ったり。そうそう、ライブで着る(派手な)シャツも買ったりしました。店主とも顔見知りに。次は何を買うかネ。

2018年2月11日 (日)

プロ仕様洗剤:ピーピースルー

 多くの家庭で経験する、パイプの詰まり。台所や洗面所、風呂場、お手洗いなど、詰まる可能性のある箇所は結構多く、「ウチは全然!」という家庭は少ないかと。

 そして我が家、台所が詰まってしまいました。テレビCMでやっているメジャーな洗剤を使ってみるも、全然解消には至らず。業者さんを呼べば簡単に解決してくれるでしょうけど、そうするには部屋の片付けをしなければなりませぬ! 業者さんであれ、友人であれ、他人が来るとなれば、少しは綺麗にしないと。少なくとも我が家は...。

 そこでネットで調べてみると、業者さん御用達の洗剤が、ホームセンター系の店で売っていると。早速そのお店へ。ちなみにどのホームセンターでも売っているというものでも無さそうで、アタシはD2で買いました。そう、かつては高田万由子さんがイメージキャラクター。

Peepeethrough さすがプロ仕様らしく、

デザインはどーでもいい感じのパッケージ。

ピーピースルーというネーミングも、

決して「売ろう」という気は感じられませぬ。

ま、必要ないんでしょうな、

K林製薬のようなネーミングは。

 果たしてこの説明書き通りに使ってみると...!? 1回では解消されませんでしたが、2回施術してみるとほぼ解消。さすがです。と言うか、それくらい強烈な詰まりだったのでしょう。

 ところでこのピーピースルーのお値段。税抜きで¥1,680。隣にはテレビCMでよく見かけるヤツ、のプライベートブランド版が置いてありましたが、そちらは¥200を切るお値段。しかもピーピースルー、内容量が600g。1回に150g使うので、基本的には4回しか使えませぬ。

 ネットショップではもっと安く買えるようですが、それにしても効き目と値段は比例。無論業者さんに頼むよりは安いですが、後は自分でもちゃんと出来るかどうか...。業者さんには技術料も支払いますからねぇ。

2018年2月10日 (土)

あじまん本番へ【下】

 茨城の店舗には無いのですが、本場ではあじまんと一緒に「たこポン」なるたこ焼きが売っています。

Ajimanjoy4たこ焼きは関西圏では主食。

関東では...!?

う~む、

ご飯として食べる事は無いので、おやつか。そしてココ山形では「冬のおやつ」という触れ込み。

 ではフツーのたこ焼きと何が違うかというと、決め手はコレ。

Ajimanjoy5たこポンのオリジナルソースだそうな。

そりゃ大きな違い。

なるほどね。

2018年2月 9日 (金)

あじまん本場へ【中】

 行ってみるとお昼休み(2018年2月8日参照)。んまぁ、確かにあじまんは「ごはん」ではありませんから、ランチ・タイムに訪れる事はないのかも知れませんが、しかしデザートとして買いに行く、って事はあるでしょ。それで休みだったらガッカリよ。

Ajimanjoy1 気を取り直して、

ホームセンターを物色後に訪れると、

今度は店員のオネーちゃんに、

「なづが来た!」と言われました。「えぇ?山形にもいまんせん?2~3人くらい。冬でも半袖のヒト」と聞いても、「いねぇよ」と。

Ajimanjoy2 そして茨城では食べられない味を。

安納芋チーズだって。

しかも土日祝日限定。

んで、何コレ。茨城のあじまんには無いよ、このプリント。

 ところでこのあじまん。1個税込み¥105。消費税5%から8%に引き上げられたときに、値上げしなかった? でもさすがに10%になったら値上げするんだろうなぁ。

2018年2月 8日 (木)

あじまん本場へ【上】

 冬のおやつ「あじまん」。茨城にも店舗がいくつかあって、Blogでも紹介しました(2018年1月9日参照)。やはり本場は山形。本店(?)は天童市のようです。

Ajimanoosaki 今回は山形市内の、

某ホームセンター系商業施設の駐車場の店舗。

いやはや、ごアイサツだなぁ。

一筋縄ではいかない、そうすんなりと食べさせてくれないかぁ。

2018年2月 7日 (水)

台湾焼きそば

 またです。台湾モノ。例の店の新メニュー。今度は焼きそばでした。

Taiwanyakisobaこれまでもラーメンやカレーなど、

何度かこのBlogで紹介して参りましたが、

こうして新メニューを出すというのは、

お店としての体力がある証拠。でも、本家の名古屋味仙の焼きそば、どんなんだったっけ...。食べたことないかも。

 ま、それはともかく、この焼きそば、なかなか良いです。ピリ辛で美味しい! キャベツがちょっとデカく、少々食べにくかったですが。

2018年2月 6日 (火)

東北本線と陸羽東線

 宮城県というと、やはり仙台での仕事が多いので、鉄道関係も新幹線以外、殆ど乗りませぬ。しかし今回のOut of The Standard、会場は大和田の雅兄の実家、小牛田町。

Kogotaeki今は合併して美里町になりましたが、

駅は「小牛田」のまま。

この小牛田駅は東北本線、

陸羽東線、石巻線(気仙沼線)が交わるターミナル駅。確かに周辺駅に比べればデカいです。

Tohokuhonsen 行きは仙台から東北本線で。

記憶が定かではありませんが、

仙台以北の東北本線、

乗るのは初めてかも知れませぬ。本数は多くありませんが、会場入り時間のタイミングに合った列車があったのでラッキーでした。

Rikuutosen 宿泊は古川だったので、

この陸羽東線で1本。

これまた1時間に1本以下なので、

乗れるかどうか心配でしたが、本番当日のリハーサルを古川駅前のサトー楽器で行い(2018年2月4日参照)、11:57発の小牛田行き陸羽東線に乗車。ほんの10分ほどの旅でしたが、何とタイミングの良い移動。

 小牛田駅から美里町文化会館に向かって歩いていると、雪が降ってきました。

2018年2月 5日 (月)

セリ鍋

 Out of The Standardはグルメ・バンドではないので、行った先で飲み食いはするものの、そこで最高級の味を追求するだの、「オレ達こんなに美味い店、知ってんだぜ」的な事はしません。勿論その逆も。いや、そっちはテーホーだけ。

Serinabe1 ただ今回の場合は、

メンバー2人の故郷なので、

もう定番の店に行く以外、

選択肢はありませぬ。アタシにとってもこのお店は、久しぶり。

 行ってみると「セリ鍋」なるメニューがあって、何やらどこぞで流行っている模様。野菜好きのテーホーにとってみたら、今シーズンの野菜の高騰は耐えられず、こういう場で何とか心と体を満たしたいところ。

Serinabe2 美味かったっす。

4人で2人前は少な過ぎたです。

この倍でも良かったっす。

シメにセリを入れてもいいくらいです。

 あとはほや酢かなぁ。

2018年2月 4日 (日)

大崎地区吹奏楽連盟第13回吹奏楽祭

 大崎地区と言っても、テーホーの持病「OOSAKI病」の集まりではありませぬ。仙台から新幹線で1つ北へ。この地区はアタシにとっては、色々な思い出のある土地です。

 齋藤たかし君と一緒に音楽鑑賞教室に行ったり、初めて吹奏楽コンクールの審査員をしたのもこの地区。更には東北吹奏楽の日では、古川高校、古川女子校、岩出山高校、宮城学院の皆さんとも共演。そうそう、一本茂樹君とDozenというバンドで音楽鑑賞教室をやったのもこの地区。

Ots2018c 昨晩のリハーサルに続いて(2017年2月3日参照)、

当日リハは地元楽器屋さんで。

と言いつつ、

まずは店員さんの煎れて下さったコーヒーを。

 今回はPianoのサポート・メンバーとして、大野真由子さんをお迎えしておりまする。彼女とOut of The Standardは、初顔合わせではなくて、以前にも共演して頂きました。また、大和田の雅兄の伴奏もよくされているので、啼鵬作編曲のスコアを最も弾いて下さっているピアニストとも言えまする。

Ohsaki13th 曲もこれまた久しぶりのチョイス。

「展覧会の絵」抜粋や、

「Adios NONINO」など、

初めてOTSがピアニストと共演したときのレパートリー。

聴いて下さっていた学生さん達が生まれた頃、

いや、中学生だと生まれていないか...。その頃に編曲したものでした。

 Out of The Standardの2018年は、メンバーの故郷での演奏。特に大和田の雅兄の実家は、この会場から徒歩0分! さすが厚い支持基盤ですな。OTSの2018年はどうなる事やら。

2018年2月 3日 (土)

OTS故郷に帰る:小牛田町

 昨年は動きが無かったOut of The Standard。今年の第一弾はなんと、メンバーの故郷での公演。

Ots2018b アタシも何度か出演しているホールなのですが、

明日の本番に備え、

現地リハーサルを敢行。

勝手知ったる何とか~で、ホールの響きを活かした演奏!

 と言いたいところではあるのですが、何しろメンバーそれぞれは演奏した事があっても、3人揃ってのこのホールは初めて。しかも今回、久しぶりにPianoのサポート・メンバーも。

 明日がどうなるやら。

2018年2月 2日 (金)

出店マニュアル:中華料理

 ここ数年、元コンビニの店舗に、中華料理や台湾料理の店が入るのをよく見かけまする。ウチの近くにもあって、Blogでも紹介しました(2011年12月14日参照)。

 しかしそれらの店舗をいくつか巡ってみると、何となく料理のつながりというか、セオリーがあるように思えました。

P_20171101_132315これは昨年、

栃木県は大田原市で入った店。

もちろん「中華料理」

「台湾料理」といった括りで考えれば、当然似たようなものになりましょう。

 しかし付け合わせなどの要素を鑑みると、もしや「日本に於ける中華料理店の出店の仕方」みたいなマニュアルがあって、現地の人達の研修テキストになっていたり!? と思ってしまうのはアタシだけかしらねぇ。

 同じ事がインド・カレー屋さんにも言えるかと。

2018年2月 1日 (木)

有村架純さぁ~ん!

 自称「モノを見つける達人」のテーホーは、よく家族の「アレどこにあるの?」「○○がない!」なんてのを、これまで数え切れない程、解決してきました。しかも大抵は「もっとよく探せばあるのに」と思う事ばかり。アタシの場合は、母の教えである「七度探して人を疑え」で、とにかく同じところを何度も探します。

 そんな達人テーホーが、去年なくしたものがようやく出てきました。

Wakaihiroba前NHK朝ドラ「ひよっこ」のテーマ曲、

「若い広場」の楽譜。

編曲のために購入したのですが、

昨年Sonor Clarinet Ensembleとのリハーサルのため、

長野県は飯田市に持っていったのを最後に、

見かけなくなりました。

 困ったのはその後。新たにこの曲を編曲する事になり、辛うじてSonorに編曲した部分を参照して凌いだ次第。飯田の公民館、ホテルにも問い合わせましたが見つからず。

 それがやはり自宅のカバンから...。まぁ、なくなったものが見つかるなんぞ、極めて個人的な事なんですが、昨年大晦日ライブでのMCで触れたので、この場で見つかった事をご報告申し上げまする。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ