« 糖質0麺 | トップページ | 2017年仕事納め »

2018年3月13日 (火)

眠る横浜市電

 神奈川県は横浜市の小学校遠足の定番(!?)、野毛山動物園には、かつて活躍した横浜市電の車両が、余生を過ごしておりまする。

Hamashiden2横浜市も今や人口370万人余。

これは都道府県別人口ランキング10位の、

静岡県よりも多い数(ちなみに茨城は11位)。

尤もこの市電が活躍していた頃は、今よりも全然少なかったのですが、それでも相対的にみれば大都市なワケで、市電の1本や2本、あって当然。

 まぁ、その活躍していた時期ってのは啼鵬の生まれるずっと前。そして生まれる直前に廃線。地下鉄やバスが取って代わりました。ま、そもそも横浜市クラスになると、地上を走る路線もたくさんですし。

Hamashiden1 実は土浦市にも、

大昔、路面電車がありました。

土浦市と今の阿見町を結んでいたのですが、

常南電気鉄道と言って、

主に霞ヶ浦海軍航空隊の人員輸送を。

全線廃止になったのが1938年のこと。さすがに当時を知る土浦市民、少ないだろうなぁ。

« 糖質0麺 | トップページ | 2017年仕事納め »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

昨今、路面電車は環境に優れているのと、鉄道ほど施設が大変でないので、もちはやされていると聞いたことがあります。
そんなスタイルで大成功したのが、旧富山港線だと聞きました。
1時間に1本あるか無いかの鉄道を、15分に1本走らせる路面電車(厳密には路面電車ではないのですが…)にしたところ、利用者がグンと増えたんだとか。発想の転換とは、こういうことを言うのかもしれませんね。

> 語る会さん
 高齢者の運転免許証返上が進めば、其れに代わる足が必要です。もしかすると、今後は路面電車、増えるかも!? しかも自動運転で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眠る横浜市電:

« 糖質0麺 | トップページ | 2017年仕事納め »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ