最近のトラックバック

« 続:啼鵬PHSの終焉 | トップページ | 季節野菜のカレー汁の蕎麦 »

2018年3月20日 (火)

マイク新調:sE8 Matched Pair

 近年は割りと、宅録をする機会が増えたような気がしまする。Blogにも記事として載せたものもありますが(2015年11月11日参照)、その他にも何曲か録音しました。

Se8pair1 そして今回、

マイクを新調。

前から欲しいとは思っていたのですが、

買うタイミングを逃し、何となく過ごしていました。

 録音の基本中の基本なんですが、マイクはイチバン大事です。良い録音機にショボいマイクよりも、その逆の方が100倍良くて、要は録音は入り口が大切。つまりマイクがショボかったら、いくら良い録音機でもダメってコト。なのでこだわるレコーディング・エンジニアは、自前で1本何十万とするマイクを持ち込んで録音したりするんですわ。

 ま、さすがに録音が本業ではないので、アタシもそこまでマイクにお金はかけられませんが、それでも今回たまたま見た、地元楽器店のサイトで見つけたマイクを購入。メーカー取り寄せ品でしたが、翌日には届き、店舗に取りに行きました。

Se8pair2 良いマイクはケースもそれなりに。

今回のは2本1組のもので、

それらを収納するケースも良さげ。

 使ってみると、やはりイイ。と言うかアタシのニーズに合っている。今回はPianoの他、ViolinからContrabassまでの弦楽アンサンブル、そして歌も。こういった生楽器には、なかなか良いマイクかな。

 もちろん何十万も出せば、もっともっと良いマイクは買えますが、アタシが制作するくらいの音源ではコレで十分。良い買い物をしたわ。

« 続:啼鵬PHSの終焉 | トップページ | 季節野菜のカレー汁の蕎麦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイク新調:sE8 Matched Pair:

« 続:啼鵬PHSの終焉 | トップページ | 季節野菜のカレー汁の蕎麦 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ